シンプルになりがちな夏ファッションを彩るアクセサリー着用テクニック5選

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

夏はシンプルなファッションが中心となりますよね。特に、トップスはTシャツやポロシャツ1枚でサラッとした着こなしが多く見られます。その中で、カラフルなカラーリングも見られますが、スタイル自体は至ってシンプルなものが多く、ちょっと彩りが欲しくなります。そんな時に、手軽に彩りを与えるファッションアイテムとして、アクセサリーがあります。

アクセサリーは、ネックレスもあれば指輪、アンクレットまで多種多様なアイテムが存在しています。ただ、総じて言えるのが、さり気なくファッションを際立たせてくれる、とても便利なアイテムです!ビジネスシーンでは流石に取り入れにくいのですが、カジュアルなスタイルではワンポイントでも良いのでアクセサリーをコーディネートしたいものです。

そこで今回は、シンプルになりがちな夏ファッションを手軽におしゃれに変化することができる、アクセサリーの着用テクニックを厳選して紹介していきます。

彩りを与える!アクセサリーのコーディネート術

大人気のストーンブレスレットにドクロをミックス!

大人気のストーンブレスレットにドクロをミックス!大人気のストーンブレスレットにドクロをミックス!

出典:でらでら

一時期、爆発的に流行したのがストーンブレスレットです。老若男女が身につけていて、ビジネスシーンでも着用されている方を見かけることもあります。そんなストーンブレスレットは、ピンからキリまであって、安いものはそれなりのものでしかありません。よりインパクトがあって、かつコーディネートしやすいものがあると、とても便利です。価格帯もリーズナブルですし、色違いを揃えてコーディネートすると、尚更ファッションの幅が広がります。

そこでおすすめしたいのが、このAndrea D’AMICO(アンドレア・ダミコ)のブレスレットです。ハウライトとガラス玉がメインでデザインされていますが、その中にヤギの骨とスカルビーズを散りばめています。スカル柄は、かなり派手でやんちゃな印象を与えるものですが、こちらのアイテムはダークトーンで仕立てているので、さり気ないおしゃれを演出することが可能です。このあたりのバランスの良さがあって、Andrea D’AMICO(アンドレア・ダミコ)はセレブからも愛されているのです!
(D’AMICOの詳しい解説はこちら)

このコーディネートでは、Cruciani(クルチアーニ)のシックなポロシャツと、SOLIDO(ソリード)のボトスムでフォーマルさもあるファッションスタイルですが、そこにブレスレットを入れてカジュアルさを出しているのです。こんなさりげないコーディネートが、ブレスレットではおすすめです。
(Crucianiの詳しい解説はこちら)
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)


ネックレスはカラーリングも重視!

ネックレスはカラーリングも重視!

出典:zozo

ネックレスはアクセサリーの中でも高い人気を誇っているジャンルです。ただ、チャラさも与えかねないので着用するアイテムは最大限考える必要があります。前提として、大人っぽさをアピールするのであればゴールドのカラーリングは避けましょう。どうしても成金っぽさが出てしまい、おじさん臭い印象があります。また、重厚でゴツいものではなく、シンプルなものをチョイスしたほうが無難です。

こちらのアイテムは、日本が誇るアクセサリーブランドであるJAM HOME MADE(ジャム ホーム メイド)のネックレスです。異業種とのコラボレーションも見せるJAM HOME MADE(ジャム ホーム メイド)ですが、こちらは定番のペアネックレスです。トップの内側にさりげなくブラックダイヤモンドをあしらっており、ゴージャスさもある逸品です。

このコーディネートのように、流行りのデニムシャツとホワイトのインナーの胸元に、嫌味なくコーディネートしており、イケてる感じがアップしていますね!シンプルなデザインのためさりげなくペアにすることも可能ですよ。

リングはちょっとぐらい無骨な方が良い!

リングはちょっとぐらい無骨な方が良い!リングはちょっとぐらい無骨な方が良い!

出典:jedia

リングは、デザインだけでなくはめる指にも気を使うアイテムですよね。指によって、デザインを工夫すると、よりファッショニスタに近づけることができます!仕事でもプライベートでも、集中して物事を進めたいという時に、昔からの言い伝えによれば、右手の人差指には行動力を高めたり指導する力を向上する願いを込めた指輪をチョイスすると、何事にも充実すると言われています。女性の場合はネイルで指先をきれいに見せるテクニックがありますが、男性の場合はリングで指を着飾るというのが有効的なのです。その中でも、少し存在感が強めのものを選ぶと、男性らしさをアピールすることができます。

こちらのコーディネートでは、右手の人差指にAndrea D’AMICO(アンドレア・ダミコ)のナバホモチーフのリングをはめています。ナバホとはインディアンジュエリーではおなじみのデザインが印象的です。リングの印象としてデザイン的にごつさがありますが、実はスマートで付けていてもさほど強い存在感は示さず、シンプルなコーディネートが可能です。

このコーディネートでは、カジュアルなシャツとハーフパンツに、よりアクティブさを強調するようにリングをしています。また、こちらのスタイルのようにジャケット系のトップスに合わせても知性を感じさせることが可能です。ジャケットなどの堅めのファッションにもよくマッチしますので、ぜひリングをコーディネートに活用するテクニックはみがいておきたいですね。

今年はアンクレットにもチャレンジ!

今年はアンクレットにもチャレンジ!今年はアンクレットにもチャレンジ!今年はアンクレットにもチャレンジ!

出典:zozo

足元のファッションこそ、夏場はよりシンプルになりがちです。特に、サンダルとハーフパンツのセットでは、脚の露出も多くなりそこにアクセサリーなどを入れることで、一段とおしゃれに見せることができるのです。そこでおすすめなのが、アンクレットです。指輪やネックレスを愛用している方は多いのですが、それと比較してアンクレットをしている人の数は少なく、マイナーな存在となっています。

そんなアンクレットですが、このamp japanのアイテムは珍しいホワイトをメインとしたアイテムです。10セントコインをくり抜いて、ブランドのアイコンである「amp」が刻まれています。この逆側には、クリスマスビーズを配していて、身につける位置を変えることで印象を変えることが可能です。また、ブレスレットとしても使用できる、汎用性の高さが魅力的です。

このコーディネートでは、トップスにボーダー系のアイテムをチョイスし、更にハーフパンツを履いてマリンルックスタイルを実践しています。足元もサンダルを選び、そこにさり気なくアンクレットを付けていて、大人でも実践しやすい休日スタイルとなっています。アンクレットでは、このようにリゾート系ファッションで活用すると、よりカジュアルさを引き立てることが可能です。


大人が愛用するウォレットチェーンも良い!

大人が愛用するウォレットチェーンも良い!

出典:jedia

最後に紹介するのが、ウォレットチェーンです。ウォレットチェーンはどちらかと言えば若者がするものというイメージが強い中で、大人向けのシックなデザインなものも多数あります。ボトムスの印象をよりより良いものにアップデートできるのが魅力的で、ボトムスとなるべくイメージを合わせたアイテムが尚更望まれます。

そこでおすすめなのが、D’D’amico(ディーダミーコ)の定番ウォレットチェーンです。全体をブラックで統一しているので、どんなボトムスにも合わせやすいのが特徴です。新品状態であえて劣化加工を施していて、使い込んだような味わいをうまく演出しています。

このコーディネートでは、SOLIDO(ソリード)のスポーティーなボトムスにシックさを強調するこのウォレットチェーンで、より味わいのあるスタイルに変化させていますね。

最後に

いかがでしたでしょうか?アクセサリーにも種類があって、それぞれにつけ方やコーディネート術があり、適切なものをチョイスしないと逆にダサくなったり野暮ったさもでてしまいます。今回紹介したコーディネート術を参考にしていただき、今のファッションをワンランクアップできると良いですね!

Pocket
LINEで送る