夏デニム!夏に季節を問わない定番のデニムならストレッチタイプがオススメ!

出典:でらでら

Pocket
LINEで送る

デニムは、どんな時代でも変わることのない普遍性が魅力的ですよね。ただ、時代に応じて微妙にテイストを変えつつ進化をしているので、これだけ長い間皆に愛されているアイテムとなっているのです。老若男女がデニムを好み、それが後世にまで引き継がれて今に至っていると言っても過言ではありません。そんなデニムアイテムのトレンドとしては、ストレッチ素材を用いたものが挙げられます。

昔のジーンズは、非常に固く頑丈である一方で、伸び縮みしないので堅苦しさがあったのは事実です。一方で昔からストレッチ素材のデニムもありましたが、ファッションアイテムと言うよりはチープで履きやすさだけを重視したものが中心でした。それが、今は見た目はスタイリッシュなデニムパンツでありながら、実はストレッチ素材なので履きやすいというものが増加中です!これは、技術の進化により実現しているのは間違いありません。

今回は、ストレッチが効いていて履きやすいデニムパンツを中心として、夏デニムスタイルを紹介していきます。

デニムのトレンドはストレッチ!イケてるデニムスタイルを紹介

造形美学の粋を結集!EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)のデニムパンツ

造形美学の粋を結集!EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)のデニムパンツ

出典:でらでら

ストレッチ素材のデニムパンツの中でも、まるで芸術品を思わせるようなハイクオリティな出来栄えとなっているのが、EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)のデニムパンツです。18初夏コレクションにおいては、爽快感や清涼感をテーマとして、色も抑え、揺れるドレープを作り出し、リラックスした着こなしができるスタイルを提唱しています。
(ARMANIの詳しい解説はこちら)

このデニムパンツにも、そのエッセンスが随所に感じられます。J10というEMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)の定番ラインをベースとして、微妙にストレッチを入れたアイテムとなっています。ローライズで、腰回りからキュッと絞ったデザインが造形美を感じさせますよね。また、インディゴカラーに手作業で色落ちさせていて、自然な色落ちを実現しています。実によく作り込まれたジーンズという印象です!

こちらのコーディネートでは、ホッケーのユニフォームを思わせるスポーティーなカットソーに合わせていますが、スポーティーさも上手く演出していますね。


スキニースタイルでも履きやすいDIESEL(ディーゼル)のデニムパンツ!

スキニースタイルでも履きやすいDIESEL(ディーゼル)のデニムパンツ!

出典:Octet Nagoya

スキニーデニムと言えば、脚のラインがはっきりと分かるほどピタッとした履きこなしが可能です。ただ、これが硬い素材ですと身動きもできないほど動きに制約がかかってしまいます。そんな時こそ、ストレッチ素材が活きてくるのです!特に、このDIESEL(ディーゼル)のJOGG Jeansシリーズがおすすめできます。
(DIESELの詳しい解説はこちら)

このモデルは、コットンをベースとして、ポリウレタンと天然繊維であるリヨセルを混紡させています。これにより、抜群のストレッチを楽しむことができます。イメージとしてはバイカーパンツのようなデザインが印象的です。それでいて、立体筒で動きやすさをキープしていますし、そもそもストレッチ素材なのできつさを感じさせません。

このコーディネートでは、同じくDIESEL(ディーゼル)のカジュアルなTシャツとさらっとコーディネートしています。そこにスリッポンシューズを合わせて、大人のリラックススタイルを上手く実践できています。

リラックスデニムの代名詞!REPLAY(リプレイ)

リラックスデニムの代名詞!REPLAY(リプレイ)

出典:でらでら

REPLAY(リプレイ)は、あの世界的なサッカーチームであるFCバルセロナが認めたブランドして有名ですよね。リラックスできるデニムを得意として、多くの方に愛されています。特にハイパーフレックスと呼ばれるモデルは、ストレッチ性が高く型くずれしないと好評です。このデニムパンツはスリムフィットジーンズのタイバーモデルとなります。ダブルや裾の折り曲げロールアップに適している、爽快なパンツスタイルを実践できるのが魅力的です。
(REPLAYの詳しい解説はこちら)

ローライズスタイルですが、腰回りや太腿辺りまでは余裕のあるデザインに仕立てています。そこから、徐々に足首にかけてスリムになるテーパードシルエットを採用していますが、ストレッチがしっかりと効いていますので履きやすいアイテムとなってます。ハンドメイドで仕立てたナチュラルな色落ちが印象的です。更に、パッチワークのリペア加工デザインを採用していて、良いアクセントとなっています。

こちらのコーディネートでは、同じくREPLAY(リプレイ)のシンプルすぎるホワイトTシャツと、ド派手なガンメタリックが印象的なサングラスと、ちょいワル感全開なスタイルにチャレンジしています。でも、清潔感があってとてもかっこいいですよね。

独特なカラーリングが印象的な9分丈デニムパンツ!

独特なカラーリングが印象的な9分丈デニムパンツ!

出典:jedia

こちらのデニムパンツは、Entre Amis(アントレ・アミ)の独特なカラーリングのアイテムとなります。ブラック系ですが、適度に色落ちさせて重さを感じさせないのが印象的です。また、Entre Amis(アントレ・アミ)は非常にシルエットがきれいなパンツを手がけることでも有名で、このデニムパンツからもその一端が垣間見えます。

ジャンルとしてはスキニーデニムパンツなのですが、過剰にぴったり感がなくむしろリラックスした履きこなしをしていますよね。これも、腰回りや太もも回りにおいて適度なゆとりが出るように、緻密な計算の上でデザインしているからこそ成り立っているのです。過剰にダメージ加工などを入れず、ナチュラルに色落ちさせてこのカラーリングを作り出している点もすごいですね。

9分丈ですので、そのまま履いて足元を軽く見せるのも有効的ですし、ロールアップしても様になります。このコーディネートのように、トップスにダークトーンなアイテムを合わせても、デニム自体がさほど重くないのでバランスを取ってコーディネートすることができています。


定番のインディゴブルーが夏にも映える!

定番のインディゴブルーが夏にも映える!

出典:zozo

最後に紹介するのは、SIVIGLIA(シビリア)のインディゴブルーデニムパンツです。ノンウォッシュのように濃いカラーリングが印象的ですが、夏でも重さを感じさせず、コーディネートに加えやすいのが特徴です。こちらはDENIM HEROというシリーズのアイテムなのですが、特徴としてキャロットフィットと呼ばれる独特のシルエットです。
(SIVIGLIAの詳しい解説はこちら)

基本的にはスキニーシルエットを踏襲しつつも、腰回りに適度なゆとりを与えて、膝下からはキツめのテーパードシルエットとしています。これにより、スキニーパンツよりも履きやすく、シルエットも多少ゆったり目でありながら、おしゃれに見せることができます。大人のスキニーパンツとしても活用できますね!

このコーディネートでは、シンプルなgiannetto(ジャンネット)のストライプシャツとコーディネートしていますが、タックインしてもすっきり収まっていますね。ジャケパンスタイルのパンツとしても是非活用したいデニムパンツとなっています。
(giannettoの詳しい解説はこちら)

最後に

いかがでしたでしょうか?デニムは様々なところで使われていますが、ストレッチ素材を選ぶだけで着こなしが大きく変化します。ストレッチはあれば絶対に助かるものですので、上手く取り入れてリラックスしてファッションを楽しめると良いですね。

Pocket
LINEで送る