夏の半袖シャツ選びのポイントは「ジャストサイズを選ぶこと」!!

出典:Styleoholic

Pocket
LINEで送る

何事にも、適正なものを選ぶほうが無難ですよね。ファッションでも同じことが言えて、ジャストサイズのアイテムを選んだ方がベターなのです。過度に大きすぎるサイズ感ですと、だらしなさが際立ってしまいます。また、小さいサイズですと、ボディラインが顕になって場合によってはダサい感じになってしまいます。夏にメインで着たい半袖シャツも、基本的にはジャストサイズのものを選んだほうがおしゃれに見えますし、どんなスタイルにも合わせやすいのです。

そこで今回は、夏のシャツ選びで重要な「ジャストサイズ」な着こなし例を厳選して紹介していきます。

ジャストサイズが良い!半袖シャツの着こなし例を紹介

クリーミーなカラーリングが印象的!

クリーミーなカラーリングが印象的!

出典:でらでら

半袖シャツの着こなしとして、ボタンを留めるかどうかでまずは悩みますよね。ボタンを留めるときちっとしたイメージがありますし、留めなければ多少カジュアルな着こなしになります。ただ、結論から言えば、どちらも着こなしとしてはアリで、各々に適したコーディネートをすれば良いだけです。このコーディネートでは、MAJESTIC HOMME (マジェスティック オム)の明るいカラーリングのシャツをボタンを留めずに着こなしています。クリームと表現しても過言ではないような、イエローカラーが印象的ですよね。
(MAJESTICの詳しい解説はこちら)

このシャツは素材からして特殊で、モダールと呼ばれるものを使用しています。モダールは木などのパルプ、竹、草など、様々な植物から取れた天然素材を混紡して作られています。なんと、素材自体にひんやりさせるような効果を期待でき、着ていても涼しさを実感できるのです。また、シャツ自体も通気性が良いので、常に快適さを実感できます。まるでルームウェアのようなリラックスした着こなしも可能ですよ!

ボタンを留めると若干きつめのサイズ感ですが、ストレッチ素材なので見た目はジャストサイズに見えるのも良いですね。このコーディネートのように、インナーにボーダーカットソーを合わせて上手く柄感を出すテクニックも有効的です。


シャツだけでも存在感抜群なイケてるアイテム!

シャツだけでも存在感抜群なイケてるアイテム!

出典:でらでら

シャツ一枚だけでも、これだけドレッシーな着こなしができるのか!と目からウロコに感じるスタイルがこちらです。シャツは、 Finamore(フィナモレ)のブロードコットンシャツをチョイスしています。若干ミリタリーテイストが入ったカーキカラーですが、着ていることで徐々に色落ちして薄めのカラーリングに変化させることができます。デニムパンツのような楽しみ方ができるのですね!
(Finamoreの詳しい解説はこちら)

襟型には、Finamore(フィナモレ)の定番スタイルであるSERGIOを採用しています。これにより、ドレッシーさを持たせつつ、カジュアルな着こなしにも使えるアイテムに仕上がっています。また、Finamore(フィナモレ)は日本人の体型を十二分に意識して、若干細身に仕立てられています。よって、部分的にサイズが合わないということはなく、ジャストサイズで着こなすことができるのです。

このコーディネートでは、SOLIDO(ソリード)のコットンマナードストレッチスラックスと合わせています。また、スニーカーを履いてスポーティーなスタイルにチャレンジしていますが、Finamore(フィナモレ)のシャツはこのようなスタイルにも合わせやすいのが特徴と言えます。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

タックインでスッキリした着こなしを!

タックインでスッキリした着こなしを!タックインでスッキリした着こなしを!

出典:jedia

主にビジネスシーンでは、タックインして半袖シャツを着こなすのが一般的です。その中で、よりサイズ感を意識しないとダサさが際立ってしまいます。特に、ぶかぶかなサイズのシャツをタックインすると、だらしなさ全開です!多少スリムなサイズ感の方が、タックインでは映えるのです。そんな着こなしを実践しているのが、このコーディネートです。

こちらもFinamore(フィナモレ)のシャツになりますが、上質なコットンとリネン生地を使用していることにより、高い通気性をキープしています。また、独特のうねりのあるデザインが良いアクセントとなっていますね。Finamore(フィナモレ)の中では非常に珍しい、開襟シャツというのも注目すべきポイントですね。実は、タックアウトすることも想定して袖をデザインしているので、シーンに合わせて使い分けるのも有効的です。

このコーディネートでは、重めのカラーリングのシャツに更に重厚なカラーリングのスラックスを合わせています。でも、スタイリッシュさがあり夏でもぜひチャレンジしたい着こなしとなっています。また、タックアウトしてもだらしない印象はなく、きれいな着こなしが可能です。

ギンガムチェックでカジュアルさをアピール!

ギンガムチェックでカジュアルさをアピール!ギンガムチェックでカジュアルさをアピール!

出典:zozo

チェックシャツはカジュアルに見せることができるアイテムとして人気ですが、特にギンガムチェックは過度にチェック柄をアピールするわけではないので、さり気なくカジュアルさを出すことができるのでおすすめです。その中で、こちらのGIANNETTOにBEAMSが別注をかけたシャツは、ドレッシーさも感じさせるスリムな着こなしが可能です。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)

襟先の開きが大きく、美しいロールが目を引く襟型も印象に残ります。ボタンダウンですので、しっかりと襟が立つのも印象的で、ノーネクタイでも様になります。日本人の体型を考慮して設定されているので、スリムでありながらもキツさがなく、可動域もしっかりと確保しています。また、着ているだけでスタイリッシュに見えるので、シャツ1枚でもジャケットスタイルでもおしゃれに見せることができます。

このコーディネートでは、明るめのスラックスと合わせて、爽やかな印象がありますね。


ストライプシャツでよりスリムに着こなすことができる!

ストライプシャツでよりスリムに着こなすことができる!

出典:zozo

目の錯覚とは、実に恐ろしいもので、手に届く位置に見えるのに実は遠くにある…などのトリックアートは見ていても驚くばかりですよね。ファッション界でも、カラーリングの妙により痩せて見せることができたり、柄でも目の錯覚を上手く利用してスリムに見せることができます。痩せて見せることができる柄としてストライプがあります。シャツでも、ストライプ柄のシャツを着ていると痩せて見せることができますよ。

このコーディネートでは、ami alexandre mattiussi (アミ アレクサンドル マテュッシ) の独特なデザインのストライプ柄シャツを着ています。ストライプの幅が広めで、過度にカジュアルになりすぎていません。また、カラーリングは夏っぽいブルーとなっていて、爽やかさをアピールできます。胸元にはハートマークのロゴを入れて、キューティーなイメージも持ち合わせています。

若干ウェスト周りは余裕をもたせたデザインですが、ストライプ柄により程よいサイズのシャツに見せることができています!

最後に

いかがでしたでしょうか?シャツはジャストサイズが良いと力説してまいりましたが、何も身幅がちょうどよいサイズがジャストサイズではありません。シャツの柄であったりカラーリングにより、ジャストサイズは微妙に異なってきます。シャツ個体で考えて、ジャストサイズなシャツ選びをしてほしいものです。

Pocket
LINEで送る