誰でも手軽に導入できるボーダー柄で夏の定番マリンスタイルを!

出典:Behance

Pocket
LINEで送る

夏のトレンドの一つとして、如何に海に似合うファッションをできるかどうかがあります。海は人を魅了するもので、見ているだけでもどこか晴れ晴れした気分になれるものです。また、多くの人がいて活気があるというのも、ただいるだけでも楽しいものです。冬の海も幻想的で魅力的ですが、やはり夏のほうが楽しいですよね!

ただ夏の海に出かけるだけでなく、ファッションもマリンテイストを入れたものを着用したいですよね。そこで、ぜひ取り入れたいものとしてボーダー柄があります。ボーダー柄はマリンスタイルには欠かせない柄であり、それを専門的に取り揃えるブランドも数多く見られます。また、どんなファッションにも合わせやすいですし、アクセントとして取り入れるのも有効的です。

そこで今回は、手軽にホワイトを入れることができ、爽やかさをアピールできるボーダー柄のおしゃれなアイテムについて紹介します。今すぐにでも導入したくなるような、イケてるアイテムばかりですよ!

夏はマリンルック!イケてるボーダー柄を紹介

マリンルックの大定番!Fileuse d’Arvor(フィルーズダルボー)

マリンルックの大定番!Fileuse d'Arvor(フィルーズダルボー)

出典:MAGASEEK

マリンルックで映えるアイテムを多く手がけているのが、Fileuse d’Arvor(フィルーズダルボー)です。元々はフランスの漁師さん向けのウェアを手がけていたのですが、それが口コミで広がりフランス海軍の公式ウェアを担当し、爆発的な人気を博しています。そのFileuse d’Arvor(フィルーズダルボー)の中でも高い人気を誇っているのが、ボーダー柄のニットウェアです。
(Fileuse d’Arvorの詳しい解説はこちら)

こちらのボーダーカットソーは、Fileuse d’Arvor(フィルーズダルボー)としては比較的薄手のアイテムです。上質なコットンを贅沢に使用することで、抜群の肌触りの良さがあります。また、とても柔らかいので着ていても圧迫感を感じません。シンプルなデザインなのですが、そこには高い技術力と普遍性が感じられます。

ウェスト周りには、特徴的なブランドロゴも入っています。シンプルにこれ一枚でコーディネートしても良いですし、ジャケットなどのインナーに合わせるなど、一年中愛用できる万能アイテムでもあります。


部分的なボーダーもかっこいい!

部分的なボーダーもかっこいい!

出典:でらでら

先に紹介したボーダー柄は、トップス全体的にボーダーを入れていますが、同じくこちらのFileuse d’Arvor(フィルーズダルボー)のアイテムは、胸元から腰回りだけにボーダーを入れたLAMANEUR(ロマネ)というモデルです。ベースカラーはホワイトを採用していて、2cm間隔で1cmのブランクレッドカラーのボーダーラインが、全体的に明るい印象を与えてくれます。

若干厚手に出来ていますが、夏でもサラッと着こなしが可能です。サイズは若干大きめにできていて、肌に張り付かないようなデザインとなっています。これにより、蒸れにくいという効果も期待できますね。その中で、オーバーサイズには見せないようにボックス型のシルエットを採用している辺りのバランスの良さは、Fileuse d’Arvor(フィルーズダルボー)らしいと言えます。

このコーディネートでは、MONOBI(モノビ)のナイロンパーカーを羽織っています。このスタイルなら、梅雨の急な雨でも凌ぐことができそうですね。
(MONOBIの詳しい解説はこちら)

ジャケットのインナーとしても活用!

ジャケットのインナーとしても活用!

出典:でらでら

ボーダー柄は、インナーとしてアクセントを付ける事ができるのも魅力的ですよね。また、ボーダーの幅によっても見せ方を微妙に変化させることができるのですが、幅が狭いとより大人っぽい着こなしが可能です。こちらのMAJESTIC HOMME (マジェスティック オム)のボーダーカットソーは、細いボーダーが印象的です。また、夏向きのブルーグレーとホワイトのカラーリングも印象に残ります。
(MAJESTICの詳しい解説はこちら)

素材を見ても、リネンクロスですので通気性の良さが抜群です。更に、湿気を吸収してすぐに放出してくれるので、梅雨時期のジメジメとした気候でも快適に過ごすことが可能です。残念ながら伸縮性はありませんが、全体的にゆとりを持たせたデザインなので、着用していてもさほど苦しさを感じませんし、ウィークポイントを上回る魅力を感じさせるアイテムとなっています。

こちらのコーディネートのように爽やかなホワイトのジャケットに色味をもたせるアクセントを加えることができます。また、Selective(セレクティブ)の同じく夏らしいカラーリングのパンツとの相性も抜群ですね!

ボーダーは何もトップスだけでない!

ボーダーは何もトップスだけでない!ボーダーは何もトップスだけでない!

出典:zozo

ボーダーアイテムを取り入れたい場合に、ボトムスで上手く表現するという方法も有効的です。また、ボーダーパンツは基本的にハーフパンツが中心となります。よりリゾート感が溢れる、カジュアルなボーダーパンツがおすすめですが、その点でREMI RELIEF (レミレリーフ)のこのハーフパンツは独特な加工感があるパンツとなっています。

古着をリメイクしてデザインしたような雰囲気が実にかっこいいですよね。よく見ると、ポケット部分には太いストライプ柄を入れるなど、遊び心にも溢れています!イージーパンツの側面もあり、ウェストは紐で調整できるので、履いていてストレスを感じさせません。ボーダーの太さもちょうどよい点も魅力的ですよね。

このコーディネートでは、シンプルなホワイトTシャツとレザーシューズと合わせています。足元にはエスパドリーユをコーデすれば、更にリゾート感を出すことができそうです。


ちょっと羽織れるパーカーもgood!

ちょっと羽織れるパーカーもgood!ちょっと羽織れるパーカーもgood!ちょっと羽織れるパーカーもgood!

出典:でらでら

最後に紹介するのは、肌寒い時や雨などで軽く羽織ることができるパーカーです。パーカーでボーダー柄は比較的珍しいですが、このSCOTCH & SODA(スコッチ&ソーダ)のパーカーはハイクオリティなアイテムに仕上げています。パーカーとカテゴライズされていますが、ベースの型がしっかりしているので、軽いながらもしっかりとした着心地を得ることができます。
(SCOTCH&SODAの詳しい解説はこちら)

柔らかなリブニット裾や袖としているので、適度にシェイプアップしてスタイリッシュに見せることが可能です。実は、このパーカーをよく見ると二重フードになっています。これにより、雨の侵入を完全シャットアウトしていると共に、デザイン的にも良いアクセントとなっていますね。マテリアルにはスポーティーさも際立つナイロンを採用している点にも注目です。

このコーディネートでは、パンツにもボーダーを入れて柄物同時のセットとなっていますが、ボーダー柄の幅が違うのでかち合うことなく上品にコーディネートできていますね。

最後に

いかがでしたでしょうか?ボーダー柄のポイントとしては、ボーダーの幅とカラーリングです。この点を十分に考慮して、大人スタイルでもさり気なくカジュアルさを出すことができる柄として、ぜひとも活用してほしいものです。

Pocket
LINEで送る