爽やかさ満点!!ホワイトを取り入れた夏らしい涼し気ファッション5選

出典:DRESS FOR SUCCESS BLOG

Pocket
LINEで送る

夏は、より清涼感のあるファッションを実践したいですよね。秋冬はダークトーンで落ち着いた感じなのに対し、夏はホワイトなどの爽やかさ全開のコーディネートで、見た目だけでも涼しい感じを出したいものです。ホワイトは、「純白」という言葉があるように、誠実や清涼などのイメージがあるので、カラーリング的に上手く取り入れたいですよね。

ただ、ホワイトを入れればよいというわけではなく、どこかワンポイントで入れたり、他のカラーリングとマッチさせて使用すると、より高い効果を発揮します。例えば、モノトーンコーデではホワイトだけでなくブラックも入れて構築しますよね。このように、単にホワイトを入れるだけでなく、様々なテクニックを駆使して、ファッショニスタを目指したいものです。

そこで今回は、夏ファッションでぜひ取り入れたいホワイトを用いた清涼感溢れるコーディネートを紹介します。何かとコーディネートする上で便利なホワイトですので、この記事で使い方をしっかりと学びましょう。

ホワイトを活用せよ!清涼感溢れるコーディネート

春夏パンツの代名詞!?ホワイトパンツで爽やかさアップ

春夏パンツの代名詞!?ホワイトパンツで爽やかさアップ

出典:でらでら

カラーパンツと言えば、コーディネートが結構難しいイメージがありますよね。また、履くこと自体も結構勇気がいるので、手が伸びにくいアイテムであります。でも、さほどコーディネートは難しくなく、一度履けばその魅力に取りつかれること間違いありません。また、汚れやすさも気になるのですが、デニムパンツなら洗いやすいので過度に気にする必要はありません。

このJACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)の622というモデルは、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)の中でも特に人気の高いモデルです。ホワイトではありますが、純白ではなく若干色身がかっているのが特徴です。テーパードシルエットで、とてもきれいなフォルムを出すことができます。スキニーパンツにジャンル分けされますが、脚のラインが露呈しにくい絶妙なサイズ感となっているのも印象的です。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)

このコーディネートでは、LARDINI(ラルディーニ) のアイボリーカラーのジャケットと合わせ、より上品なイメージを際立たせています。ジャケット自体も、涼し気な素材ですので更に涼し気な印象をアップさせています。
(LARDINIの詳しい解説はこちら)


単なるホワイトシャツにも一癖入れる!

単なるホワイトシャツにも一癖入れる!

出典:farfetch

ホワイトのシャツは、老若男女が愛用するアイテムですよね。特に、学生やサラリーマンの方は、ホワイトシャツが中心で、コーディネートをあまり考える必要がないのですが、それをストリートでも実践するとありきたり感が出てしまいます。そこで、ホワイトシャツでも一癖あるものをコーディネートに入れると、ぐっとオシャレ感が際立ちます。

こちらは、 Joseph(ジョセフ)というブランドのシャツです。 Joseph(ジョセフ)は、チェルシー地区のキングスロードでヘアサロンに併設した店舗からスタートしたブランドですが、今では世界的にも名の通ったブランドに成長しました。独特の世界観があり、このシャツでも胸元にイエローの帯を入れています。これにより、よりホワイトが際立っていますし、デザイン的にも良いアクセントとなっています。

このスタイルでは、パンツにはブラックを入れていますが、ホワイトのスニーカーでトップスとカラーリング的にリンクさせています。シャツのイエローがなければ、味気なさが出るところですが、ワンポイントだけで解消しているのがすごいですね!

何気ないホワイトのシャツでも強いこだわりがある!

何気ないホワイトのシャツでも強いこだわりがある!何気ないホワイトのシャツでも強いこだわりがある!

出典:Octet Nagoya

先のホワイトシャツはかなり攻めたデザインですが、こちらのGIANNETTO(ジャンネット)のシャツはパッと見た感じはシンプルなデザインに見えます。ただ、よく見るとワッフルのようなデコボコなデザインとなっているので、ハイセンスなコットンシャツに仕上がっています。このワッフル地は、単にデザインが良いだけでなく、他にも様々な効果を発揮しています。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)

例えば、凹凸があるので肌に設置する面積が狭くなります。これにより、肌に纏わりつくような不快感が少ないのが良いですね。また、素材自体も吸収性に優れているので、汗をかいても快適に過ごすことができます。肩からウェストにかけてキュッとシェイプアップしたデザインですので、ただ着用しているだけでもスタイリッシュさを際だたせることが可能です。

このコーディネートでは、スタンダードなスラックスとコーディネートしていますが、シャツの持つ魅力によってドレッシーなイメージがありますね。また、サンダルをチョイスして軽さも上手く演出できています。

この夏はシャツジャケットにもチャレンジ!

この夏はシャツジャケットにもチャレンジ!

出典:farfetch

周りが軽装でいる中で、夏にジャケットを着るといい意味で目立つことができるのですが、やはり堅苦しさがあるので敬遠する…という方も多いのではないでしょうか。そんな時に、まるでシャツのように気軽に着用できるシャツジャケットを選ぶと、また違ったスタイルを楽しむことができます。このArmor Lux (アルモー・リュックス)のシャツジャケットは、シャツをよりきちっと仕立て、着丈も短めにしてよりジャケットのような趣があるアイテムに仕上げています。

Armor Lux (アルモー・リュックス)と言えば、ボーダーカットソーで有名なブランドですよね。実はこのシャツジャケットのようなアイテムも手がけているのですが、生地選びの確かさとメイドインフランスにこだわった結果として、このような上品なアイテムが生まれるのです。夏向きで快適な着心地であり、常に着続けたい!と思わせるアイテムとなっています。

このコーディネートでは、ブラックのハーフパンツにスニーカーを合わせて、スポーティーなスタイルを実践しています。また、インナーにボーダーカットソーをチョイスしている点にも注目です。


足元もホワイトで固める!楽ちんサンダル

足元もホワイトで固める!楽ちんサンダル

出典:でらでら

ホワイトは足元だけでも上手くコーディネートに入れると、印象としてぐっと爽やかさをアピールできます。その意味で、このPREDIBINO(プレディビーノ)のホワイトサンダルが目立つスタイルが特におすすめです。イメージとしてはサンダルというよりはスリッパに近いのですが、履きやすいだけでなく歩きやすさも考えたアイテムとなっています。
(PREDIBINOの詳しい解説はこちら)

まるで足元に吸い付くかのように、足にジャストフィットするソールは、スリッパでありながらもクッション性がよく歩いていても疲れにくいのです。また、2本の幅広ストラップ革がクロスするデザインとなっているので、足が前に出過ぎないという点も評価できます。このレザーも、イタリア北部サンタクローチェ地方のベジタブルタンニンなめしを使用し、ハンドメイドで仕立てられていてハイセンスさが際立っています。

ちょっとしたお出かけに履くのも良いですし、このコーディネートのようにリラックスしたスタイルでもぜひ活用したいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?ホワイトの使い方はまだまだありますが、総じて言えるのはワンポイントだけ入れても清涼感が出るのです。夏はもうすぐそこですが、早めにホワイト系のアイテムを揃えておき、夏を爽やかに乗り切りましょう。

Pocket
LINEで送る