腕が見える季節だからこそこだわりたい「おっ!」と思わせる腕時計特集

出典:Daniel Wellington(ダニエルウェリントン)

Pocket
LINEで送る

夏は露出が多い季節ですよね。露出というのは極端かも知れませんが、薄着になるので体型も露になるファッションスタイルが主流となります。夏に向けて、今から筋トレをこなしている方も多いのではないでしょうか?また、半袖やハーフパンツもメインとなりますので、男性でもムダ毛の処理をしている方も実に多く見られます。美意識を追求することは、とても良いことだと思います!

そんな中で、腕を出しているのでアクセサリーなどで上手く着飾りたくなりますよね。また、ビジネスシーンでも腕時計をはめてデキる男を連想させたいものです。携帯電話の普及により、年々腕時計のニーズが減っている印象があるのですが、やはりファッションアイテムとしては重要なものとなります。ただ、あまり派手すぎて目立つと、逆にダサいイメージが付いてしまうので、アイテム選びを吟味する必要があります。

そこで今回は、一目置かれること間違いなしなイケてる腕時計を紹介していきます。

腕時計でワンランク上の夏ファッションを実践しよう!

レザー系の腕時計で有名!ZEPPELIN

レザー系の腕時計で有名!ZEPPELIN

出典:WatchShop.com™

ビジネスシーンでも使いやすい腕時計として、レザーベルトのアイテムがあります。レザーは丈夫さもあるので壊れにくく、長持ちさせやすい点も魅力的です。更に、使い込むことで味わいが出てくる点も良いですよね。その中で、ZEPPELINの腕時計には光る個性を感じせてくれます。まだ誕生して30年ほどとまだまだ歴史が浅いブランドですが、既に多くの国で展開されています。この特徴的なネーミングは、硬式飛行船ZEPPELINから取られています。

また、モデル名にも戦艦や航空機がネーミングされています。このHINDENBURGも、飛行船の名前をモチーフとしています。時計自体のデザインも、飛行船の機体をイメージしたデザインとなっているのが特徴的です。カーフレザーベルトですので、独特の光沢があり、頑丈なので長期間使い続けることができます。

日・曜日表示と月の満ち欠けを表示するムーンフェイズを搭載し、1年間を52週とした週表示ポインター表示が可能です。文字盤のシックなカラーリングも印象的で、大人が愛用できる腕時計に仕上がっています。


レザーベルトでも攻めたデザインで印象がガラッと変わる!

レザーベルトでも攻めたデザインで印象がガラッと変わる!

出典:BROGLE

先のシンプルなデザインのレザーベルト腕時計と違って、かなり攻めたデザインが印象的なのが、このHAMILTON(ハミルトン)のジャズマスター VIEWMATIC SKELETON GENT AUTOです。HAMILTON(ハミルトン)は、女性向けのフェミニンなアイテムから、ミリタリー系の腕時計まで、その幅広さには定評があります。

この腕時計も、H-20-S自動巻きムーブメントをアピールするかのように、スケルトンデザインを採用しているのでインパクトが強いですよね。H-20-S自動巻きムーブメントは、見ているだけでもその精巧さが際立ちます!また、単に透けさせるだけでなくデザインとして上手く折り合いを付けてスタイリッシュな印象を与えてくれます。

個々のエレメントにおいて、ブランドロゴであるHをあしらうなど、美しさも際立っています。ビジネスシーンでも全く違和感を与えることなく、コーディネートできる点も評価できます。

スポーティーでもビジネスシーンに溶け込む!

スポーティーでもビジネスシーンに溶け込む!

出典:TBWS

腕時計では、スポーティーなものも多く見られますよね。腕時計ブランドはスポーツ界と密接な関係を持っている場合が多く、各ブランドでスポーティーモデルをラインナップしている印象があります。その中で、ORIENT(オリエント)のスポーツというシリーズは、スポーティーさを持たせつつ、過度にカジュアルになり過ぎていない腕時計となっています。

このWV0051TXというモデルでは、ソーラー充電ですので電池交換やねじ巻きなどを行う必要はありません。また、ステンレススチールをベースとしたデザインですので、錆びにくく軽いというのが良いですね。ラウンドフェイスな形状で、癖が少なく思わせながら、独特な文字盤により強い個性をアピールできます。独特な配置のカレンダーも魅力的です。

このコーディネートでは、チェックシャツとのコンビネーションでオフスタイルをエンジョイしています。もちろん、スーツにもジャストフィットでさり気なくスポーティーさをアピールできます。

日本が世界に誇るセイコーの限定モデル!

日本が世界に誇るセイコーの限定モデル!

出典:Klocksnack

腕時計で世界的に有名なのは、スイスですよね。多くの有名ブランドが軒を連ねていますし、その技術力の高さは他を凌駕しています。そのスイスにも匹敵するほどの技術力を持ち合わせているのが、日本です。その日本が世界に誇る時計ブランドとして、セイコーがあります。セイコーは様々な時計を手がけていて、腕時計も高い人気を誇っています。そして、セイコーの中でもラグジュアリー感が高いアイテムを手がけているのが、グランドセイコーです。

このSBGJ231というモデルは、セイコープレミアムブティックだけで購入可能な特別モデルです。特筆すべきは、自動巻きメカニカルハイビート36000ムーブメントです。毎時36,000振動の高速で振動するメカニカルムーブメントで、より精巧に時を刻むことが可能です。また、岩手山の山肌を表現した「岩手山パターン」が、他にはないゴージャス感を与えてくれます。

デュアルカーブサファイアガラスを採用し、10気圧にも耐えれる頑丈さも魅力的です。スーツスタイルにチラリと覗かせる、ブルーカラーが実にかっこいいですね。


やはり憧れの存在!ロレックスもさり気なく着用したい

腕時計の中でも、特に人気が高いブランドとしてロレックスを挙げる方が多いですよね!憧れの腕時計ブランドであり、その頑丈さから一生モノの腕時計として購入するケースも多いのです。そんなロレックスの腕時計の中でも、GMT-MASTER IIの2018年モデルが特におすすめできます。GMT-MASTER IIと言えばベゼルの独特なカラーリングが印象的ですよね。

2018年モデルでは、セラミックベゼルに変更することにより、経年劣化を最小限に抑えることに成功しています。これにより、更に一生モノの腕時計として愛用することができますね!クロマライト ディスプレイにより、どんなロケーションでもくっきりと見やすいですし、デザイン的にも良いアクセントとなっています。

正直言って、手軽に手を出せるような時計ではありません!それだからこそ、手にはめた瞬間の感動には代えがたいものがあります。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、比較的手の届きやすいアイテムを中心に紹介しましたが、ロレックスはやはり別格ですね!もちろん、他の時計ブランドにも魅力を多く感じることができます。上手くコーディネートに取り入れて、おしゃれを追求してほしいですね。

Pocket
LINEで送る