インナーによし!一枚で着てもよし!夏に大活躍のカットソーコーディネート

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

暑い中でも、インナーって着ておかないと困りますよね!インナーが担う役割は大きく、例えば汗をかいても吸収して快適さをキープするというミッションが与えられています。これがないと、シャツがびしょびしょになって汗ジミができてしまいますし、それを放置しておくと黄色く変色してしまいます。白シャツならば、尚更インナーを着てこれを回避したいですよね。

また、カットソーはアクセントを付ける意味でも着用することがあります。トップスにジャケットを着ている場合、インナーで少し変化を付けたくなるものですが、そんな時に大活躍するのがカットソーです。柄物も多いので、少し個性的でも上手くコーディネートできれば、オシャレ度がぐっとアップします。ただ、どんなカットソーを着てもおしゃれというわけではなく、きちんとサイズ感を意識してアイテム選びをしたいものです。

そこで今回は、カットソーを上手くコーディネートに取り入れたスタイルを紹介します。既にカットソーが活躍する季節に突入しましたので、この記事を読んで早めに対応しましょうね!

カットソーを攻略せよ!おすすめのコーディネート術を紹介

カットソー単体でレイヤードスタイルを実践!!

カットソー単体でレイヤードスタイルを実践!カットソー単体でレイヤードスタイルを実践!

出典:でらでら

カットソーは、レイヤードを前提としたアイテムも多く見られます。また、アイテム単体でレイヤードスタイルを実践できるものもありますよね。このMAJESTIC HOMME(マジェスティック オム)のカットソーは、ガーゼタッチのコットンクロス仕上げにより、夏場でもサラッと着こなすことができるのが魅力的なアイテムです。

MAJESTIC HOMME(マジェスティック オム)は、カットソー界ではトップランナーを務める存在で、日本でも注目度がアップしています。このカットソーのように、同じテキストを重ねてレイヤード風に見せるような遊び心も見られます。マリンブルーとホワイトを重ねている点も魅力的で、バランスの良さが際立っています。
(MAJESTICの詳しい解説はこちら)

ヘンリーネックスタイルですが、広さがありますがVは浅めで強く自己主張はしていません。このコーディネートのように、GIANNETTO(ジャンネット)のシャンブレーシャツのインナーに着ても、全く違和感がありませんね!
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)


ブラックでシンプルかつ目立たない工夫を!

ブラックでシンプルかつ目立たない工夫を!

出典:CINQUE un ALTRO

カットソーには2つの側面があって、全く自己主張のなくファッションの邪魔にならないアイテムと、逆に個性的でカットソーが良いアクセントとなるケースがあります。このスタイルでは、トップスとボトムスをモノトーンで揃える中で自己主張せず、さり気なく着ている印象がありますね。このアイテムは、meystory(マイストーリー)というブランドのカットソーになります。

meystory(マイストーリー)は、1928年創業のドイツの老舗ボディウエアメーカーであるMeyが手掛けるカットソーブランドです。カットソーに特化していることもあり、ハイクオリティなカットソーが多いのが特徴です。ピマコットン 100%であり、シルキーで暖かみがあるデザインが魅力的です。また、着心地も抜群ですし、何よりもVネックの深さが絶妙で、どんなシャツに合わせやすいのが特徴的です。

また、Vネックは上手く見せない事もできますし、このスタイルのように見せてもシャープな印象を与えます。このコーディネートでは、モノトーンで統一しているように見せつつも、イエローのサスペンダーで上手く差し色を入れて明るさをもたらすことに成功しています。

今年のトレンドはオーバーサイズシルエット!

今年のトレンドはオーバーサイズシルエット!今年のトレンドはオーバーサイズシルエット!

出典:farfetch

昨年あたりに完全に定着したトレンドとして、オーバーサイズやビッグサイズシルエットです。若干だらしなさを感じさせるものがありましたが、使い方次第でよりスタイリッシュに見えるという不思議なスタイルです。非常に使い方が難しいのですが、今シーズンらしい着こなしとしておすすめなのが、裾がちらっと見える程度の着こなしを行う点です。

このスタイルでは、Rick Owens(リック・オウエンス)のテクスチャード ボンバージャケットをアウターに着込んでいます。これだけ見ると、とても暑くて今の季節でも着ていられない!と思ってしまいますが、実はインナーにもRick Owens(リック・オウエンス)のノースリーブカットソーをチョイスしています。よって、暑苦しさを感じません。

ノコカットソーは、若干着丈を長くしているので、この着こなしでもアウターからはみ出しています。このサイズ感が実におしゃれで、今のトレンドを押さえています。更に、このスタイルではブーツをチョイスしますので、梅雨時期にもちょうど良いですね!

半袖のシャツと長袖のカットソーを上手くコーディネート!

半袖のシャツと長袖のカットソーを上手くコーディネート!

出典:farfetch

レイヤードスタイルでよく見かけるのが、半袖のシャツに長袖のカットソーというスタイルがあります。それを上手く実践しているのが、このコーディネートです。インナーには、A.P.C.(アー・ペー・セー)のボーダーカットソーをチョイスしています。注目したのはタートルネックという点でしょう。まるでシャツの襟のように、ピシッとしたデザインが印象に残ります。

そして、ボーダーも細めでスタイリッシュな印象を与えることに成功しています。フォルムはスリムデザインとなっていて、ボーダー柄のウィークポイントである太って見えるという点も解消しています。ブルー系のカラーリングが、よりマリンテイストを取り込んで夏向きのアイテムという印象を与えています。

そこに、A.P.C.(アー・ペー・セー)の深いカラーリングが印象的なシャツを合わせています。更に、パンツも重厚なカラーリングとしていますが、このカットソーとスニーカーで上手く軽さも演出しています。外でアクティブに活動したい方にもおすすめなスタイルですね!


一枚でおしゃれに見せることができるカットソー!

ここまではインナーとしてカットソーを使用する方法を紹介してきましたが、最後に紹介するのはカットソーをアウターとして活用するスタイルです。このカットソーはMAISON HONORE(メゾンオノレ)というブランドのアイテムです。MAISON HONORE(メゾンオノレ)はパリ発のブランドで、まだ誕生したばかりなのですが日本でも既に高い注目を集めています。

このカットソーは、一見すると前面にロゴがあるので子供っぽく見えるのですが、シュッとしたデザイン性があり、大人の男性でもコーディネートに取り入れやすいのが特徴です。また、まるで振袖のように幅が広く長さがあり、ドルマン種にも分類できるデザイン性が良いですね。マテリアルを見ても、コットンと速乾性と型崩れ防止にもなるポリエステルを混紡したものを使用して、夏場でも快適に着ることができます。

このコーディネートのように、H.I.P(エイチアイピー)のブラックパンツと合わせて、モノトーンで仕立てています。そんな中でも、若々しさを上手く取り入れてエネルギッシュなイメージを出すことに成功しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?カットソーはインナーに着ても良し、アウターとしても活躍する便利なアイテムです。一枚のカットソーを着続けるのではなく、多くのカットソーを確保しておき、スタイルに応じて着回すと良いでしょう!

Pocket
LINEで送る