夏のシャツスタイルにはシャツのエキスパートのFinamore(フィナモレ)にキマリ!

出典:Rakuten Global Market

Pocket
LINEで送る

最近はクールビズが定着したこともあり、ビジネスシーンでも様々なスタイルが登場していますよね。一昔前まではシャツにスラックス、ジャケットが当たり前であったのですが、シャツはポロシャツもOKになりつつありますし、シャツのデザインとしてもチェックシャツなども用いられるようになりました。堅苦しさが抜けて良い面もありますが、やはりピシッとしたシャツが好み!という方が多いのも事実です。

ファッション界には、シャツを専門的にデザインしているブランドもありますが、その中でもFinamore(フィナモレ)が特に注目すべき存在です。1925年にカロリーナ・フィナモレが小さなアトリエで顧客のために100%ハンドメイドのシャツを作り始めたのが、Finamore(フィナモレ)の始まりです。その高い技術は息子に引き継がれ、現在は孫にあたるシモーネ・パオロ・アンドレアがナポリの熟練したクラフツマンシップを今に伝えています。

イタリアの技術力と自由な発想が随所に見えるFinamore(フィナモレ)のおしゃれシャツを、今回は余すところなく紹介したいと思います!

夏でもシャツ!Finamore(フィナモレ)のシャツでファッションを楽しもう

大定番!ホワイトシャツもスタイリッシュに!

大定番!ホワイトシャツもスタイリッシュに!

出典:でらでら

何だかんだ言って、最終的にはホワイトのシャツに行き着く!それが人間の性です。ホワイトのシャツはどんなアイテムにもコーディネートしやすいアイテムですし、フォーマルでもカジュアルでも手軽にコーディネートできる点が最高ですよね。そんなホワイトシャツでも、Finamore(フィナモレ)の手にかかればスタイリッシュさが際立つのです。

クオリティの高い、ALUMO社製のコットンを100%使用しています。こちらは、エコテックス規格認証を取得している事もあり、安定した品質を確保することに成功しています。高温多湿な気候の日本の夏にうまく対応した、軽くて皺になりにくい2ply(ツープライ)強撚糸織り地を使用していることで、汗をかきやすい季節で頻繁に洗濯してもアイロンがけも簡単にできます!

このコーディネートでは、L.B.M.1911(エルビーエム)のイケてるジャケットとコーディネートしています。重さを感じるカラーリングでありつつも、ホワイトのシャツで軽やかさをアピールできていますね。
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)


ワッフル調のソフト織りが優しい印象!

ワッフル調のソフト織りが優しい印象!ワッフル調のソフト織りが優しい印象!

出典:でらでら

こちらも、Finamore(フィナモレ)の2018年春夏の最新モデルとなります。同じくカッタウェイのデザインであり、ノーネクタイでも綺麗に着こなすことができるのが良いですね。また、良質なコットン素材を原料にした細番手糸を使用しているのですがまるでワッフルの様に若干の凹凸と細かな織り柄を表現しています。

実は、このワッフルの様な織りはデザインが良いだけでなく、吸収性をアップさせることができるので、汗をかいてもフワッと柔らかく、ベとっと感じる事がありません。よって、真夏に汗をかきやすいシーンでも快適に着用することができます。更に、凸部については空気を含み、保湿性を高める効果もある事もできるので、オールシーズン愛用することができます!

このコーディネートでは、L.B.M.1911(エルビーエム)の2つボタン・シングルブレストによるアンコンジャケットを合わせています。これなら、夏でも爽やかさをキープしたコーディネートを実践できそうです!
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)

こちらもワッフル織りを使用!

こちらもワッフル織りを使用!

出典:でらでら

Finamore(フィナモレ)の独特なスタイルであるワッフル織りは、他のアイテムでも多く見られます。このホワイトシャツでも、所々にワッフル織りを入れて快適さをキープすることができます。ベーシックなホワイトカラーのシャツなのですが、光のあたり方や角度で、表情を変えるドビー柄であり、スクエア調の模様が縦にバランスよくデザインされています。

極細番手の上質生地を使用しているのですが、ガーメントウォッシュという、洗いを施すことで綺麗なアイテムであり、かつこなれ感が表現されています。襟については、襟芯も入っていないのに崩れたり潰れることもありません。柔らかく、カット地などのアンコンジャケットの抜け感とマッチさせる事も可能です!

このコーディネートでは、シックなスーツと合わせていますが、しっかりと襟が立っていて存在感抜群ですね!このように、全面が見えなくてもアピールできるシャツがあるととても便利ですね。

カジュアルシャツもお手の物!

カジュアルシャツもお手の物!カジュアルシャツもお手の物!

出典:guji

ここまではフォーマル系のシャツを紹介してまいりましたが、Finamore(フィナモレ)ではカジュアルシャツも魅力的なアイテムが多くラインナップしています。このウインドーペーンシャツは、優雅なリネン100%生地を使用したカジュアルな仕上がりとなっています。ただ、シンプルなウインドーペーンを差すことでよりクラシカルでエレガントな雰囲気をアップさせているのが印象的です。

一般論として、爽やかさを意識するにはホワイトのペーンを入れるのが常套手段ですが、このアイテムではベージュを採用することで、ほんのりアーシーでコロニアルなイメージを出しています。この独特な感覚が、Finamore(フィナモレ)の真骨頂と言っても過言ではありません!コットンには無い、独特の皺の寄り方やドライなタッチも、このシャツの魅力となっています。

このコーディネートでは、ホワイトのチノパンにタックインしています。もう少しリラックスしたイメージを出すために、タックアウトして着用するのもおすすめですね。


チェックシャツも上品に!

Finamore(フィナモレ)の手にかかれば、カジュアルなチェックシャツも上品に仕上げる!そんなイメージを持ち合わせるのが、このカジュアルシャツです大柄のチェックが印象的ですが、バランスよく配置することで奇抜さは皆無です。どんなスタイルに合わせやすいですし、クールビズのシャツとしても活用できるでしょう!

素材に目を向けると、肌ざわりのよい軽やかな薄手のコットン素材を採用しています。夏にサラッと着こなすことを意識しているのは間違いないですし、ジャケットのインナーとしても1枚でも着回しが効く高い汎用性も持たせています。裾のデザインも秀逸ですので、タックアウトさせて軽い着こなしを実践するのが良いでしょう。

このコーディネートでは、シンプルなチノパンとさらっと合わせています。ボタンも全て止めて、きちっとして着こなしてもかっこいいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?Finamore(フィナモレ)のシャツは、それぞれに個性があって着る者を引き立てるのが特徴です。また、肌触りが抜群で一度着るともう他のアイテムでは満足できなくなります!ぜひFinamore(フィナモレ)のシャツをコーデして、いつもと違う夏を迎えてみませんか?

Pocket
LINEで送る