ダサいオヤジにならないために!セカンドバッグの選び方・持ち方特集

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

ファッションアイテムの中には、使い方次第でおしゃれにもダサくも見えるアイテムってありますよね。単純に派手目でコーディネートが難しいものであったり、そのアイテムが持つイメージがあってコーディネートを難しくしている側面があります。最近では、セカンドバッグがそれに該当しますよね。セカンドバッグと言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

やはり、おじさんが持ち歩くバッグという印象がありますよね。集金のおじさんが持ち歩くアレという印象があり、若い人から敬遠されている時代がありました。その中で、最近のトレンドとして「クラッチバッグ」と名称を変えて人気をキープしています。確かにかっこいいアイテムに変化しているイメージがありますが、いざコーディネートしてみるとどうもシックリ来ないという事が多いのではないでしょうか?セカンドバッグでポイントとなるのは、アイテム自体のデザイン性と持ち方によって決まると言っても過言ではありません。

そこで今回は、是非とも覚えておきたいセカンドバッグのコーディネート方法と、おすすめのアイテムを紹介します!

これならセカンドバッグもおしゃれにコーデできる!

小脇に抱えるスタイルはダサい!

セカンドバッグは、先に集金のおじさんが持つバッグというイメージがあるとお話しましたが、確かに昔は今のように口座引落が一般的ではなかったので、集金人が厚めのバッグを手に持って集金していました。また、持ち方として手にとってというイメージではなく、小脇に抱えて持つというスタイルが一般的でした。確かに、小脇に抱えると両手がふさがれないというメリットがありますが、どうしてもおじさん臭いイメージが助長されてしまいます。

そこで、若者っぽい持ち方として、手でしっかり持つというのがおしゃれです。可能であれば、腰に添えて持つと脇に抱えて持つと同様に安定して持ち運ぶことができます。このコーディネートでは、レザー素材のシックなセカンドバッグを持っていますが、手馴染みがよく持っていても心地よさを感じさせるアイテムとなっています。

ジャケパンスタイルに合わせていますが、全く違和感がないのも、レザー素材である点が大きいのです。オンスタイルでもぜひ活用したいバッグとなっています。


他に持ち方としてどのようなスタイルがあるの?

他に持ち方としてどのようなスタイルがあるの?

出典:wear

小脇に抱えるスタイルがダサいという事がわかりましたが、他にはどのような持ち方があるのでしょうか?正統派は、先に紹介した手と腰の間にしっかりと抱えるスタイルです。他では、セカンドバッグのエッジを手で掴んで持つスタイル、角を持つ、ストラップを持つ、肩で背負うスタイルがあります。それぞれに、見え方が違いますし、持った時の感覚も異なります。

セカンドバッグのエッジや角を持つスタイルの場合、どこかラフなイメージがあります。決してダサいという感じではないものの、少しだらしないイメージが出る可能性もありますので、持つ際のスタイルを考える必要があります。このコーディネート例のように、角を持つ時にはカジュアル系スタイルで実践する方が良いですね。

ストラップ部分を持つ場合は、持ち易さが魅力的ですが同じくラフに見えてしまうので注意しましょう。最後に、肩で背負うスタイルを実践している人は非常に稀ですが、こちらもかっこいいとは言えないので、辞めたほうが無難です。

今のトレンドは薄めのセカンドバッグ!

今のトレンドは薄めのセカンドバッグ!

出典:B.R.ONLINE

ここまでは、持ち方について言及してまいりましたが、ここからはおすすめのアイテムを紹介します。まずはじめに、今のクラッチバッグと呼ばれているスタイルのアイテムは、どれも薄めのデザインを採用しているという点に注目しましょう。セカンドバッグのイメージは、収納力を意識して厚めのデザインとなっていますが、ダサい感じが出てしまいますのでできれば避けたいものです。

ただ、収納力もしっかりとキープしたいというニーズもありますよね。この両方を兼ね備えたアイテムとして、PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)のこのセカンドバッグをおすすめします。物を出し入れしやすいL字ジップのデザインを採用していて、中にはレザーポケットがあるので、スマートフォンなど小物の整理もしやすいのが特徴です。正面についたベルトハンドルは、手を差し込んで使用でき、安定して持つことができるので、持ち運びやすいのが良いですね。引き手をベルトで留めることにより、より上品な雰囲気も出すことができます!

波をイメージしてデザインしたオリジナル型押しの革を贅沢に使用しているので、ビジネスシーンでも使えるのが良いですね。このコーディネートでも、スーツスタイルに合わせていますが違和感がありませんよね!

ちょっと攻めたカラーリングでもOK!

ちょっと攻めたカラーリングでもOK!

出典:B.R.ONLINE

フォーマルなスタイルだけでなく、オフスタイルでも使用できるセカンドバッグがほしいですよね。このZANELLATO(ザネラート)のセカンドバッグは、同ブランドの定番スタイルとして認知されています。開け閉めしやすい大きめなジップの引き手とZANELLATO(ザネラート)のアイコン金具パーツが随所に散りばめられています。

ポケットが2つ付いた手触りの良い高級感ある内装となっているので、収納したものを取り出す際にもスムーズに行えます。マテリアルとして、ZANELLATO(ザネラート)としてお馴染みのBLANDINE(ブランディーン)を使用しています。コットンキャンバスにモダンな波型モチーフの模様をPU加工しているのが特徴です。BLANDINE(ブランディーン)は汚れや雨に強く、デザイン性の高さ魅力的です。

このコーディネートでは、ジャケパンスタイルに色鮮やかにホワイトが映えていますね。薄いカラーリングのデニムパンツとも相性の良さを示しているのが印象的です。A4よりも少し小さいサイズ感で収納力が高いのもGoodです!


収納力が高くスタイリッシュ!

収納力が高くスタイリッシュ!

出典:でらでら

最後に紹介したいのが、レザーの素材に徹底的に拘ったDaniel&Bob(ダニエル&ボブ)のセカンドバッグです。レコード盤の様にスクエアデザインで、二つ折りにして使うスタイルを採用しています。これにより、中に収納しているものを絶対に落とす恐れはありませんね。また、Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)特有のマテリアルであるALCE(アルチェ)を使用しているのも特徴です。
(Daniel&Bobの詳しい解説はこちら)

フワッとしていて弾力もある、傷が付きにくく感触が良いものとなっています。これにより、中に収納しているものを保護するという効果も発揮します。流石にサングラスや眼鏡などのレンズ系アイテムはハードカバーに収納することをおすすめしますが、それ以外であればある程度ラフに詰め込んでも安心です。ベースのネイビーカラーも落ち着いたイメージを持たせてくれます。

このコーディネートでは、ブラックパンツとレザーシューズにさり気なくコーディネートしています。上品な光沢は、レザーシューズにも負けず劣らずの存在感を示しています!

最後に

いかがでしたでしょうか?セカンドバッグは、持ち方次第で大きくイメージが異なってくることがご理解いただけたかと思います。また、アイテム選びをする上でも、まずは厚手のものは避けて、あとはお好みのアイテムをチョイスすると良いでしょう。レザーアイテムが多いので、長く愛用できる逸品を探してくださいね!

Pocket
LINEで送る