大人なら覚えておきたい綺麗に見せる「着崩し」テクニック特集

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

ハズシのテクニックは、どんな世界でも有効的ですよね!例えば、アメリカでは、一流の経営者に必須とされる条件として、ユーモアさが求められています。どんな怖い方でも、プレゼンなどの場ではユニークさを取り入れて、ぐっと人の心を惹きつけるのが有効的です。代表例として、Appleのスティーブ・ジョブズ氏のユニークなプレゼンは、惹きつけられるものがありましたよね!最近では、トランプ大統領が破天荒さと裏腹に真面目な一面も見せるなど、ギャップ感がユニークですよね。

ファッションでも少し似たような傾向があり、着崩すというのは実は多くの人の目を引きつけるテクニックとして知られています。適度に着崩すポイントを作ることで、よりおしゃれさが引き立つのです。ただ、着崩しすぎると単にだらしないというイメージでしか見られません。そのバランス感覚が難しいのですが、このテクニックを使いこなせればファッショニスタにより近づきます!

そこで今回は、大人の男性こそ是非覚えておきたい、着崩しのテクニックを厳選して紹介します。

こんな着崩しならおしゃれ!イケてる着崩しテクニック5選

フォーマルジャケットにデニムパンツ!

フォーマルジャケットにデニムパンツ!

出典:でらでら

最初に紹介したいのは、一見するとさほど着崩しているイメージがないものの、実は着崩している!そんなスタイルです。トップスにはSOLIDO(ソリード)の定番人気シリーズ”度詰め天竺を使用したジャケットを着用しています。杢調フェイスであり、ネイビーの色の深さが和らいでいるのが印象的です。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

一見するとフォーマルなジャケットですが、実はスウェット素材でできています。そう言われてもなかなか信じられないほどの素晴らしい仕上がりになっています。カットソー感覚で軽く羽織れるジャケットながら、ジャケットとしても活躍するためにディティールにこだわって作られたジャケットです。それにより、カチッとした見た目とは裏腹に、楽ちんスタイルという崩しができています。汗をかきやすい夏のジャケットスタイルにもおすすめです。

そこに、ALAN SMITHEE(アラン・スミシー)の遊び心溢れるシルクネクタイをチョイスして、適度なハズシ効果も発揮しています。ジャケットを中心として、さり気ない着こなしによって着崩している印象です。


スウェットパンツもジャケットに合わせることができる!

スウェットパンツもジャケットに合わせることができる!

出典:でらでら

ジャケットスタイルには正反対なイメージのあるスウェットパンツですが、コーディネート次第では着崩しに最適なアイテムに変化します!このコーディネートが代表例で、GIANNETTO(ジャンネット)の黒でガツンとスリムフィットのビジュアルを醸し出しているジャケットが目を引きます。GIANNETTO(ジャンネット)にしては珍しい、モード系のテイストも魅力的です!
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)

シアサッカー生地によるアンコンジャケットなので、フォーマルすぎるアイテムではありませんが、どちらかと言えばフォーマルよりなアイテムですよね。そこに、PT01(ピーティーゼロウーノ)のTRAVEL & RELAX(トラベル&リラックス)と呼ばれているスウェットパンツをコーディネートしています。コットンにポリエステル混紡を施していることで、柔らかさと、皺が付き難いのが特徴です。また、スポーツテイストが強いのが良いですね。
(PT01の詳しい解説はこちら)

この2つのアイテムは、全く違和感なくコーディネートできているのは少し不思議ですよね。そこに、diadora(ディアドラ)の EQUIPE STONE WASH(エキップ)をチョイスして、スポーティーな中にも落ち着いた大人をアピールできています。
(diadoraの詳しい解説はこちら)

肩の力を抜いたリラックススタイル!

肩の力を抜いたリラックススタイル!

出典:wear

着崩しは、何もアイテムの組み合わせだけでなく単純に着用方法だけでも表現することができます。このコーディネートでは、ジャケットスタイルではありますが、ネクタイとベルトを外して楽チンスタイルを実践しています。メインとなるのはTRANS CONTINENTSのセットアップスーツです。人気の高いアウトラスト素材のスーツは、実は様々な工夫を施したアイテムなのです。

そこに、FAIRFAXのチェックシャツをコーディネートしています。これで、フォーマルさから開放されてカジュアル寄りに引き寄せています。更に、シャツをタックアウトするというスタイルは、一見するとだらしなさがでてしまいますが、ジャケットとの相乗効果で大人っぽさを残していますね。

また、スラックスは9分丈レベルに短めで、更にノーソックスでスリッポンを履いています。所々にハズシのテクニックを入れつつも、バランスよくコーディネートしている上級テクニックはぜひ見習いたいですね。

ジャケット×ボーダーで抜け間を演出!

ジャケット×ボーダーで抜け間を演出!

出典:wear

こちらもジャケットスタイルをベースとしているのですが、TAKEO KIKUCHIのセットアップはブルー系で明るい印象があります。また、ジャケットの襟を立てて、ラフさをアピールしていますね。サイズ感を小さめなものをチョイスして、綺麗なフォルムを出すことにも成功しています。足元を見ると、ロールアップした足元には、ホワイトのスニーカーを合わせています。更に、ノーソックスで履いているのが特徴です。着崩しテクニックとして、ノーソックスは欠かすことができませんね!

そこに、ジャケットのインナーとしてボーダーカットソーをチョイスしています。ボーダーは、手軽に色味を持たせることができますし、若々しさをアピールできます。あえてジャケットのボタンを止めず、ボーダーをアピールすることでよりアクティブさを強調しています。適度なやんちゃさをアピールしつつ、要所を押さえてラフになり過ぎていないバランスの良いコーディネートとなっています。


シャンブレーシャツとコットンパンツとのコーディネートで着崩し!

シャンブレーシャツとスラックスとのコーディネートで着崩し!

出典:jedia

BARBA(バルバ)のこのシャツは、DANDY LIFE(ダンディライフ)というラインのシャンブレーモデルとなります。このモデルの持ち味はカジュアルコーデにも使える抜け感が演出できることです。アイテム単体でも着崩し可能とあって、ジャケットのインナーに着用しても、決まり過ぎないのが良いですね。襟羽開きがほぼ水平のカッタウェイモデルで、ネクタイを締めたときの収まりも良く、首元を開いた時のバランスも絶妙です。
(BARBAの詳しい解説はこちら)

そんなシャツに、Entre Amis(アントレ・アミ)のリネンコットンストレッチ グルカパンツをチョイスしています。こちらも、こなれ感を演出できるアイテムとなっています。グルカパンツはシルエットがゆったりしたラインという印象ですが、Entre Amis(アントレ・アミ)らしくバランスが良いパンツに仕上がっています。

そこに、濃いめのネクタイをチョイスしてカラーバランスも絶妙です。オフスタイルだけでなく、クールビズでも使えるアイテムです!

最後に

いかがでしたでしょうか?着崩しは非常にニュアンス的に難しいものですが、アイテム単体でも良いですし着用方法でも表現できます。バランスを強く意識して、まずはオフスタイルで崩しのテクニックを磨いてみてくださいね。

Pocket
LINEで送る