もうダサいとは言わせない!ビッグシルエットのNG&OK比較特集

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

ファッション界では、一歩間違うとダサくしか見えないスタイルというものがあります。それは、トレンドのスタイルであっても関係なく、ポイントを押さえたスタイルでなければ、単に着用しているだけというイメージとなってしまいます。しっかりとしたポリシーを持って、ファッションアイテムを組み合わせてコーディネートすることが重要です。

最近のトレンドスタイルでは、ビッグシルエットというスタイルがあります。ビッグシルエットはオーバーサイズシルエットと混同しがちですが、アイテム自体をワンサイズ大きくしたのがビッグシルエットです。一方で、着丈を長く取ったアイテムの事をオーバーサイズシルエットと呼んでいます。この使い分けも重要ですし、単にビッグシルエットのアイテムだけを着用していても、ただだらしない印象しか与えません。

そこで今回は、トレンドスタイルであるビッグシルエットのコーディネートについて、OKコーデとNGコーデを比較して紹介して参ります。難しいイメージのあるビッグシルエットですが、この記事を読めば上手く取り入れること間違いなしですよ。

スタイルの違いを把握しよう!ビッグシルエットのNG&OKコーデ集

B系ファッションはあまり好まれない!

B系ファッションはあまり好まれない!

出典:wear

ビッグシルエットは、以前よりあったスタイルですが、いわゆるキレイ目なスタイルでも上手くビッグシルエットのテイストを入れるのが今風なスタイルです。以前は、B系ファッションで主流であったのですが、今でも根強い人気こそありますが、清潔感がない事も多く、あまり女性受けが良いスタイルとは言えません。

このスタイルでは、B系ファッションで定番な若干大きめなTシャツにビッグシルエットのデニムパンツをコーディネートしています。過度に大きすぎないように工夫されていますが、キレイ目なファッションとは少し言い難いスタイルです。また、ベースボールキャップと大きめなネックレスを合わせることで、よりB系ファッションを強調されています。

これもシンプルでおしゃれではありますが、女性受けという点ではあまり良くありません。ネックレスをとったりキャップもシンプルなものをコーですれば、より今風なスタイルを実践できるイメージがあります。


ビッグシルエットはワンポイントで!

ビッグシルエットはワンポイントで!

出典:wear

ビッグシルエットの大原則として、ワンポイントのみ使用するというものがあります。例えば、トップスにビッグシルエットのアイテムをチョイスしたのであれば、ボトムスはレギュラーシルエットもしくは逆にスリムシルエットなアイテムを選ぶのが常識的です。両方にチョイスしていしまうと、だらしない印象がでてしまい、逆効果となってしまうのです。

このコーディネートでは、シャツと言うよりは女性的なブラウスのようなトップスをチョイスしています。腕にはリボン状の帯などが入っていて、中性的なファッションを展開しているようですね。ボトムスも、ロングスカートを連想させるビッグシルエットなパンツを選んでいますが、どこか締まりのないファッションに見えてしまいます。

モノトーンスタイルにレッドのソックスで上手く差し色を入れるなど、おしゃれさも兼ね備えていますが、ボトムスをもう少しスリムなアイテムでコーデすると、バランスが取れてよりかっこよく見えますね。

バランスよくビッグシルエットとオーバーサイズシルエットを取り入れている!

バランスよくビッグシルエットとオーバーサイズシルエットを取り入れている!

出典:wear

では、ここからは真似したくなるようなOKコーディネートを紹介しています。最初に紹介するのは、いきなりハイレベルなビッグシルエットとオーバーサイズシルエットを融合したスタイルです。若干大きめにデザインされていて、着るというよりは羽織るイメージで着用しているのがMONKEY TIMEのシャツです。まるでちゃんちゃんこのような、どこか懐かしいデザインが良いですよね。

そこに、インナーにHAREのオーバーサイズシルエットなカットソーを合わせています。ちょうどお尻が隠れるかどうか程度の適度な着丈が、実にかっこいいですね。また、シャツとの相性の良さも抜群であり、是非真似したくなりますね。ボトムスには若干太めのシルエットのデニムパンツを履いていますが、8分丈にすることでバランスが取れていますね。

カラーバランス的にも、モノトーンを基調としてさり気なくブルーのデニムパンツを選ぶことで、重くなりすぎていないのが印象的です。

大定番!ビッグシルエット×スリムシルエットのコーデを真似したい!

大定番!ビッグシルエット×スリムシルエットのコーデを真似したい!

出典:wear

このコーディネートでは、大鉄板であるビッグシルエットとスリムシルエットの合わせ技を実践しています。シャツにはLIDNMのアイテムをチョイスしていますが、さり気なく大きなシルエットに見せることができるアイテムですね。また、カラーリングがシックでとてもかっこいいですし、ストライプ柄で痩せて見えるので、品の良いビッグサイズを実践できるのです。

そのインナーには、LIDNMのカットソーをチョイスしています。若干シャツよりも着丈が長めにデザインされていますね。ミニマルにスッキリとしたシームレスデザインは、このシャツ以外でも様々なスタイルに合わせることができます。このカットソー一枚でコーディネートしても良いのですが、よりドレッシーさを持たせるために上手くシャツと合わせています。

ボトムスには、LIDNMのスリムデニムパンツをコーデしています。スキニーまでは行かないものの、相当なスリムさで美脚効果も発揮しています。更に、そこにDr.Martensのドレスシューズを合わせることで、ラグジュアリー感も強調しています。


上級者向け!ルーズシルエットにもチャレンジしたい

上級者向け!ルーズシルエットにもチャレンジしたい

出典:wear

このコーディネートは、上級者向けのスタイルとなっています。全身をルーズなシルエットのアイテムで固めていて、だらしなさを出てしまう所を上手くコーディネートでカバーしておしゃれに見せています。トップスには、CAMBIOのライトオンスデニムシャツをチョイスしています。今シーズンも、デニム系のシャツは大人気となっていますが、過度にピシッとしすぎていないので、カジュアルなスタイルにコーデしやすくなっています。

そこに、レイヤードするようにカットソーを着ていますが、注目したいのがボトムスです。GRAMICCIとアーバンリサーチドアーズのコラボパンツですが、180度の自然開脚を可能にするガゼットクロッチなど、機能面でも見どころ十分なアイテムです。また、トレンドであるベイカーパンツのテイストも入れて、気品があるのも良いですね。

このルーズなシルエット同士のアイテムをおしゃれに見せるために、シャツの上ボタンのみを止めて上品なシルエットを出しています。ファッショニスタなら、こんな難しいスタイルにもぜひチャレンジしましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?一歩間違うとダサさしか感じないビッグシルエットですが、使い方次第で最新トレンドに乗っかることができます。ポイントは、ワンポイントで使うことと男性らしいアイテムを選ぶことです。この点をキープして、よりおしゃれなコーディネートを編み出してくださいね。

Pocket
LINEで送る