チラ見えするベルトにこそ気を抜かずにこだわりを!

出典:The Idle Man

Pocket
LINEで送る

目立つポイントに力を入れるのは、どの世界でも同じですよね。例えば、観光スポットでも注目のスポットにはライトアップなどをしてより綺麗に見せるようになっています。確かに、それを目当てに人が集まるという側面があるので、これは理に適ったことではあります。ただ、それ以外の場所で例えばゴミが散らかっていたりすると、せっかくの良い思い出が台無しになってしまいます。よって、トータルとして良い印象を与えるようにするべきですよね。

その点で、ファッションも同様でどうしても目に付きやすい場所は気合を入れてアイテム選びしますよね。ただ、普段は見えない靴下やベルトなどは、手を抜いてしまいますよね。それでも、ジャケットを着ていたら脱いだ瞬間や、ちらっと見えた時にベルトが見えて、ダサいとせっかくのコーディネートも台無しです。よって、見えないからと言っても手を抜かず、しっかりとベルト選びをしたいものです。

そこで今回は、あまり力を入れない人が多いベルトについて、おすすめのアイテムを中心に紹介していきます。

気を抜くな!ベルトこそしっかり選ぼう

使うシーンを問わないクロコベルト!

使うシーンを問わないクロコベルト!使うシーンを問わないクロコベルト!

出典:でらでら

クロコダイル柄のベルトと言うと、どちらかと言えばカジュアル寄りなアイテムですよね。また、カラーリング的にレッド系が入ると、尚更オフスタイルで着用するイメージがあるのですが、このPREDIBINO(プレディビーノ)のベルトはとてもクオリティが高いアイテムであり、ビジネスシーンで使用しても違和感がないアイテムとなっています。
(PREDIBINOの詳しい解説はこちら)

スタンパードクロコパターンをより際立つように、型押しの溝に色付けを施しているのが特徴です。これにより、エッジが際立ってより迫力があるのが良いですね。芯は高圧縮のフェルト素材をしようしていることで、型崩れ防止効果が高く、耐久性が高いので長い間愛用できます。それでいて、弾力もあってボリューミーさをキープできます。高級感溢れるのに、リーズナブルな価格設定となっているのも嬉しいですね!

このコーディネートでは、シンプルにストライプシャツとデニムパンツとコーディネートしていますが、ベルトの存在感が際立っています。また、PARABOOT(パラブーツ)のコインローファーと上手くマッチしているのが良いですね。
(PARABOOTの詳しい解説はこちら)


シンプルだけどトレンドを押さえたデザインが魅力的!

シンプルだけどトレンドを押さえたデザインが魅力的!シンプルだけどトレンドを押さえたデザインが魅力的!

出典:Octet Nagoya

派手なベルトは、見た目は鮮やかかも知れませんが、コーディネートに困るのは間違いありません。また、オンオフを使い分ける必要もあるので、なるべくシンプルでさり気なくおしゃれをアピールできるベルトの方がおすすめです。その点で、このPREDIBINO(プレディビーノ)のベルトは派手さを徹底的に排除して、シンプルに仕上げているのが印象的です。

青色の深みがセクシーなネイビーブルーをチョイスして、より大人っぽさをアピールすることができます。レザーベルトは、見た目からして重厚感があるものが多い中で、カラーリングだけで軽さを演出しているのがすごいですね。そんな中でも、シンプルすぎるデザイン性を採用しつつ、人気が高いバックルを採用したりと、トレンドもしっかり押さえているのが印象的です。

しなやかなワルピエ社製のブッテロレザーを採用して、使うごとに体に馴染んでいきます。このコーディネートではスーツスタイルに合わせていますが、常に身につけて良き相棒としてベビーローテーションしたくなる魅力を感じるアイテムです。

遊び心に溢れているベルト!

遊び心に溢れているベルト!遊び心に溢れているベルト!

出典:GUCCI(グッチ)

ちらりと見せるように着用するのであれば、あえてユニークさを強調するようなベルトをチョイスするのもおすすめです。その点で、このGUCCI(グッチ)のベルトはシンプルなデザイン性なのですが、バックルに蜂をあしらったとてもユニークなモデルとなっています。これにより、フォーマルなアイテムでありながらも一気にカジュアルなイメージも強調することができますね。

GUCCI(グッチ)の2018年クルーズコレクションの一つですが、クラシカルなスクエアバックルが印象的ですよね。そこにあえて蜂をあしらっているわけですが、これには意味があって1970年代にグッチが初めて取り入れた歴史的なシンボルが蜂なのです!エングレービングされたGUCCIロゴの両サイドを飾ることで、歴史を大切にするGUCCI(グッチ)らしいアイテムに仕上がっています。

このコーディネートでは、ヘビを所々に散りばめたシャツとシンプルなスラックスに着用しています。蜂のバックはさほど目立つものではないので、このスタイルでも違和感なくコーディネートできていますよね。

全面ブラックで存在感を上手く消す!

全面ブラックで存在感を上手く消す!

出典:PRADA(プラダ)

ベルトで上手く存在感をアピールするのもかっこいいですが、あえて存在感を消してまるで忍者のように暗躍するという方法も有効的です。ダサいものは隠すというイメージではなく、更にさり気なさをアピールすることが重要なのです。その点で、全体的にブラックを採用して、一見するとベルトをしているかどうかもわからないようなベルトです。

ただ、ベルトをよく見ると、ホワイトでPRADA(プラダ)のロゴが見えますよね!それだけ、よく見ないと見分けることができないほどのアイテムとなっています。ベルト部分だけでなく、バックル部分もレザーを採用しているのですが、頑丈さがあるのが魅力的です。このようなバックルはカジュアル寄りになってしまいがちですが、セクシーさも感じさせる仕上がりにするのがPRADA(プラダ)の真骨頂ですね。

このコーディネートを見ても、ブラックのスラックスに完全に溶け込んで、ベルトをしているかどうかがわからないような感じですね。その中で、PRADA(プラダ)のホワイトのロゴがさり気なくアピールしているのがかっこいいですね。


オフスタイルではこんなベルトがおすすめ!

オフスタイル限定でイケてるベルトをお探しなら、これが良い!というベルトがこちらです。HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)のこのベルトは、ローリングストーンズのフロントマンやミック・ジャガー、マドンナもファンを公言しているオールドスタッズとのコラボレーションにより生まれたベルトです。

オールドレザーをベースとしつつ、ヴィンテージストーンをあしらうことでロックテイストを強調することに成功しています。実は、このベルトの加工はすべてハンドメイドで行われているので、同じテイストのアイテムはありません!更に、メタル部分には本当に使い古されたような加工をあえて施すことで、更にヴィンテージ感を助長しています。

ただ、その中でメタル部分がくすんだカラーリングとなっているので派手さが無いのが良いですね。このコーディネートのように、ロングコートスタイルにさり気なくちら見させておしゃれを楽しむのも良いですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?ベルトはレザー素材が多いわけですが、チープなレザーですとすぐにボロボロになってなおさらダサい感じが助長されてしまいます。より長持ちして、さり気ないおしゃれをアピールできるベルトがあると、よりファッショニスタに近づく事ができますよ!

Pocket
LINEで送る