「春デートは柄を取り入れてお洒落に!女子ウケが良い、女子ウケが悪い。OK、NGコーディネート集

Pocket
LINEで送る

ちょーーっと待ったーーー!!
メンズコーデにおける柄ものは女性人気の低いアイテム。皆さんそう思っていませんか?
確かに、シンプルに無地で纏まっているとスッキリ見えますし、失敗も少なく間違いはありませんよね。

ですが私が女子を代表して、声を大にして言いたい。
「本当に女子ウケを狙うなら柄コーデだ!」

女性という生き物は男性が思っている以上に飽き性で、常に変化を求めています。
彼女も、奥さんも、はたまた気になるあの子も、「おっ」と思わせるようなコーディネート。それが柄ものなのです。
「もう飽きた~」「つまんない」そう言われる前に、他のメンズとファッションで差を付けてみませんか?

右も左も分からず取り入れちゃうとなんだかダサく見えたり…。でもコツさえ掴めば、難しいことは実は何もありません。

花柄、チェック柄、水玉柄、ボーダー柄、迷彩柄などなど…。
世の中に溢れる【柄】を、自分のものにしちゃいましょう!

ボーダー

まずは絶対にハズせない!というのがこの柄。
柄ものの中でも主張し過ぎることがないので取り入れやすく、きっと誰もが一枚は持っているのではないでしょうか。シンプルなのでどんなアイテムとも相性が良いです。
もはやボーダーは柄ではない!難しいことなどなにもない!と思われがちなのですが、ここで一回ご自身のコーディネートを確認してみて頂きたいです。

ボーダーNG

ボーダーNG

な、なんだか冴えない…。
悪いわけではないのですが…なんだか絶妙に「少しダサい」。
そこはかとない囚人感が漂っていますね。そして、全体的に色が無いので立体感も出ず、野暮ったくなってしまいます。ボーダーの最大の欠点である「太って見える」「脚が短く見える」をある意味活かしてしまったコーデになっちゃっています。

でも大丈夫!ここで1アイテムだけ、加えてみましょう。

ボーダーOK

ボーダーニットの下に白シャツをIN!
シャツを少し出すことにより、全体的に暗くてどんよりとしていたのが一気に明るくなりました。
更に、首元が開いていると、顔は大きく見えてしまう傾向にあるのですが、シャツの襟により小顔効果も期待出来ますね。
同じボーダーでも、重ね着をすることで他の人より一段階高い「上級者コーデ」を狙っていきましょう!

因みに、トップスだけでなくボトムスに持ってくるのも良いですよ。

ボーダー別コーデ

ボーダーOK

これから来たる夏に向けて、涼しげな雰囲気を出してくれます。
ボーダーは、マリンなテイストを気軽に取り入れることが出来るので、是非夏にこそ着ていただきたい柄です。

チェック

何時の時代も一定数の人気を誇るチェック柄。
女性でも好きな方は多く、1アイテム取り入れるだけで、少し上級者の柄ものコーデが完成しちゃうのですが…。

チェックNG

チェックNG

うーーん。どうでしょう。このなんとも言えないオタク感。
ある意味スゴイのですが、チェックシャツを適当に着てしまうと、一瞬にして清潔感が失われ、だらしなさが顔を出します。
他の柄に比べて色数が多くなるので、ゴチャゴチャした纏まりのないコーデになる可能性が高いです。少し子供っぽい印象を受けますね。
更に、チェックというのはカジュアルに寄ったアイテムである事が多いので、ストレートのジーンズで合わせてしまうとコーディネートの中でメリハリがなく、だらしない雰囲気になってしまうのです。

ではでは、そんなオタクファッションから脱出するための1アイテムマジックをかけていきましょう。

チェックOK

チェックOK

同じデニムパンツ。ですがストレートからスキニーにすることで、全体が引き締まり、チェックが活きたスタイルを作ることが出来ます。
また、濃い色を持ってくることによりドレス要素の比率がUPし、子供っぽさが無くなります。

ここから更に、ジャケットや革靴をプラスしてもっとグッと寄せても良いかもしれませんね。
ただし、やり過ぎると今度はちぐはぐになってしまうので、あくまでも「少し寄せる」というのを意識していきましょう。

迷彩(カモフラージュ)

元々は軍人服で、敵から身を隠すために作られたデザイン。ですが、ファッションに加えることによって普段とは違うミリタリーちっくなコーデを楽しむことが出来ちゃいます。
体型もカモフラージュできちゃいますし良いですよね(こっそり)

ですがこの迷彩柄、ガッツリ1カラーで纏めないことが重要になってきます。

迷彩(カモフラージュ)NG

迷彩(カモフラージュ)NG

いかがでしょうか。
今から訓練ですか!?と言われんばかりの軍人ファッション…。これはこれでアリ、と思う方も居るかもしれませんが、女性からのウケは確実に良くないですね。
こちらもパンツを変えてみましょう。

迷彩(カモフラージュ)OK

トップスとの色の区別を付けたので、求めているミリタリー感はそのままに、ですがあくまでオシャレの域で取り入れられています。デニムパンツで合わせるとまた少しワイルドな雰囲気がプラスされるのではないでしょうか。
更に前を開けることで、柄の面積が少なくなり、一気にとっつきやすいコーデになりました。
中のTシャツが可愛いプリントだと、女子ウケもぐーんと上がっちゃうかもしれませんね☆ただしやりすぎには要注意!

花柄

出ました一度はチャレンジしてみて頂きたい柄ナンバーワン!
花柄、と一緒くたに纏めるのが申し訳ないくらいの柄の豊富さ。使われている花の種類、柄の大きさ、色などで本当に雰囲気が全く違ってきます。
ですがフェミニン寄りのアイテムになってきますので、女性視点で見るとどうしても「女々しい」という印象を受けがちです。
いきなりトップスやボトムスに持ってくるのは至難の技ですので、ここはまず小物から取り入れていきましょう。

花柄ストールプレッツェル

ストールを巻くことにより、花柄、そして他の柄も同時にコーデに加えちゃうことが出来ます。
更に、ボーダー柄でもお話した「小顔効果」が十分に発揮出来ちゃいますよ。顔の周りに大きいアイテムを置くことで、対比の効果により小さく見えるのです。あとは良い具合に輪郭が隠れて、純粋に面積が減るのもポイントです。(笑)
他のアイテムが無地でも、暗めの色でも、ストールを巻くことでパッと華やかなコーデに大変身しちゃいますよ。

花柄ストールかけてるだけ

花柄ストールかけてるだけ

同じアイテムでも巻き方・かけ方で雰囲気がだいぶと違ってきます。
首にかけて垂らすだけですので、時間が無い!というそんな朝でもしっかりとしたコーデに見せてくれるのが本当に有難いです。
先ほどのプレッツェル巻きより、スタイリッシュで、縦に伸びるラインのおかげでスタイルアップの効果も得られますよ。

水玉(ドット)

紹介した中で一番ポップな雰囲気を持つドット柄。どちらかというとレディースファッション向けのイメージがありますね。
ですが、堅苦しかったり、少し男っぽすぎる(ワイルド)コーデが、水玉により中和されてバランスの良いコーデになる万能柄です。積極的にメンズファッションでも活躍させていきましょう。
これも少し難易度高めな柄なので、まずは小物から取り入れていきましょう。

水玉ネクタイ

水玉ネクタイ

先ほども挙げた、堅苦しい代表を張るのが「ビジネススタイル」です。スーツやYシャツといった、カッチリとしたドレス寄りのアイテムには、是非お仕事終わりのデートの際には少し遊び心を加えてあげてください。
取っ付き辛さが無くなり、「お仕事終わり素敵…!」と、女性をスーツマジックにかけることが出来ます。

水玉靴下

水玉靴下

ワンポイントで取り入れるなら、是非靴下も。
パンツの裾からチラッと覗く水玉がとってもキュートで可愛いです。
ちょっとカッチリしたシューズやパンツと合わせると、「この人案外可愛いじゃん…」とギャップ萌えに繋がります。

最後に

いかがでしたか?「柄ものアイテム」への苦手意識も少しは変わったのではないでしょうか。
今回ご紹介した以外にも、世の中には沢山の柄があり、本当にファッションは終わりが見えなくて楽しいですね。
女子ウケを狙っているうちに、段々と自分自身もオシャレが楽しくなって来ること間違いなしです!
ふとした時に思い出してみて、是非取り入れてみて下さいね。

でらマガ編集部 岩谷

Pocket
LINEで送る