フランスのシャツブランド【KIDUR – キドゥー -】とは?伝統あるシャツ作りを徹底解剖

Pocket
LINEで送る

キドゥーというブランドをご存知でしょうか?
まだ日本での取り扱いは少なく、お洒落上級者でもまだ馴染みのないブランドかと思います。ただ、ここのシャツを知ってしまったら、最後。
きっとここのシャツに袖を通したくなること間違いなしです。
このキドゥーの歴史は実は深く、このブランドを作ったA MOYNATON ROY社はフランス南西に位置するブレシュイールの町で1925年に機織りメーカーとして産声を上げました。90年以上の歴史を持つシャツ工房になります。
この工房はKIDURキドゥーだけではなく、メイドトゥメジャーというオーダーシャツも展開しており、創業からメイドインフランスに拘り続けているシャツ専業の工房となります。
このキドゥーというブランドですが、これらの起源は作業服にあります。今残っているアイテムやブランドって生きる為に、作られた作業着や戦闘服を起源に持つものってかなり多いかと思いますが、ここもそのブランドの一つです。
ここのシャツは、機織りメーカーであることもあり、非常に打ち込みが強く、ヘビーウェイトの生地であるため、耐久力の強いタフな生地を作ることができ、その生地を使いワークウェアを作ろうとなったのが、1935年であり、キドゥー誕生の年でもあります。

生地に対する絶対的自信はブランド名にも表れており、KIDURはフランス語の“QUI DURE” の音から取ったフランスの言葉にはない単語なんです。この “QUI DURE”という言葉には「永続する」という意味を持つことからこの名前となりました。ブランド名こそが信念、理念を表したものとなっております。

そんな彼らの製品は、画像のようなトラックに詰め込み、各地の工場や農家など作業服を欲している場所に赴き、その場で即席のショップをスタートし、販売しておりました。
当時はもちろんインターネットもなかったので、時間のなかった作業服を欲しているワーカーにとって、非常に嬉しいサービスであり、その品質の高さから、作業服として採用されるようになりました。そこから、さらにサービスを展開させ、イージーオーダーのサービスもスタート。生地ブックを常に持ち歩き、オリジナルの制服などを作れることから、他にはない試みに更に大きな反響を呼びました。

そんな長きに渡り、技術が後世に伝えられてきた歴史あるキドゥーのシャツ。
耐久性やバックボーンは伝わったかと思いますが、そもそものフランスのシャツについて少しお話をさせていただこうかと思います。

イタリアシャツ と フランスシャツの違いは?

よくシャツで聞くのがイタリアのシャツブランド。ではイタリアのシャツとフランスのシャツはどう違うのかですが、
イタリアのシャツは、一言で言ってしまえば、色気がある。
基本的にノータイで計算されたそれらのシャツは、ホリゾンタルカラーと呼ばれる襟が外側に開いているものが多いです。
ノータイでシャツ一枚の時も、上からジャケットを羽織った時も、ワイルドに襟が開くことで、大人の色気を演出することができるのです。
後は、着心地、体のラインを重視する観点から、縫いつけなどは、同じ商品でも個体差があります。丸みのあるカッティング、ギャザーが各所に寄せられており、これのお陰で、体のラインがキレイにでて、かつ柔らかくストレスフリーの着心地を実現しているのです。

一方でフランスのシャツは、
基本的には上品なものが多いです。襟型は、シンプルなタイプが多く、カッティングの丸さなど、縫いつけなどに個体差はなく、キレイにまとめているモノが多いです。
ウエストのシェイプ位置がやや高いシャツの多いイタリアシャツに比べて、シェイプは非常に緩やか。そのため、第一ボタンまできちんと閉めて品よく決めるスタイルに合っているシャツかと思います。

さて、続いては、キドゥーの製造を見ていきたいと思います。
シャツ工房では、ハイテクとハンドメイドが織り交ぜられており、基本的にはフィニッシュには長年培ってきた職人の目、肌感に勝るものはないことを実感させられます。

シャツ作りの最初はハイテク技術を駆使しております。
最新のカッティングマシーンにより、生地をカット。そこから数多くある襟型の中から、1つを選び、オーダーシートをセット。そして、そこから職人が縫製していくという形となります。

基本的には、ラインで役割に分けて、それぞれの職人が丁寧にシャツを縫製していく形が多いのですが、1つの商品につき1人がすべて行うというプレミアラインもあり、ユーザーからも信頼、実績があることをうかがうことができます。
縫製と一言で言ってしまうと簡単に聞こえますが、生地も違えば、シルエットも異なったりなかなか骨の折れる仕事なんです。特に柄物の場合は、柄合わせなど長年培ってきたアイデアで寸分の狂いなく縫い付けることが可能です。
沢山の技術、人の手が関わって、生まれたKIDURのシャツ。
キドゥーのシャツの歴史、想いなどはすでに伝わったかと思いますので、キドゥーの代表作、商品の特徴などをご紹介していきます。


キドゥーを代表するシャツ「グランパシャツ」

ヨーロッパでグランドファーザーが着用するシャツとして、愛用されたのがこちら。
部屋着や作業着として着用した歴史があり、スウェーデンでは、スウェーデン軍が着用していた実績もあります。
製品の特長としては、激しい作業でもタックインしたシャツが外に抜け出ないように丈は長めに設定され、腰を冷やさないようにプルオーバーシャツとなっております。
現代では、この緩さと着丈の長さを生かしたスタイリングで、いつものシャツとは少し違う着こなしをすることができます。

ご紹介はバンドカラー、スタンドカラーと呼ばれる襟のないタイプをご紹介。
シャツ一枚でも雰囲気よく少しリラックスな雰囲気に仕上がることができるのですが、いつものシャツの代わりにジャケットスタイルのインナーにいかがでしょうか?
シャツをあえてタックアウトして、その着丈の長さをうまく活用するのもありですよね。
こちらの白シャツですと、一枚でも今回のようにインナーとして取り入れやすいです。
いつものジャケットスタイルがカジュアルな着こなしになり決めすぎない大人の雰囲気を醸し出すことができますよ。

お次はシャンブレーのネイビー系カラー。
ダメージ系のジーンズとカジュアルなコーディネートで仕上げました。
形は、シャツなので、カジュアルでもドレスなスタイルでも比較的にコーディネートしやすいのは嬉しいところです。

こちらはブルーにネイビーのストライプが走るパターン。
スラックスと合わせて、ラフなリラックススタイルを演出しました。
身幅の絞りが少ないので、一枚でもアンダーウェア感はすくなく、タックアウト時でも着丈の作りとしては違和感がないのがいいですよね。

バンドカラーは昨今のシャツの流れとしてはトレンドではありますが、まだまだ抵抗のある方も多いかと思います。
こちらですと、襟も比較的自由度が高く、生地自体は、柔らかく仕上げてありますので、着用時に首が詰まることもありません。
もう少しラフに着こなしたい方は、前ボタンを二つ程開けて、インナーを見せる着こなしもおすすめです。

このキドゥーですが、生地、シルエット、縫製など以外にも少し見てもらいたいディティールがございます。

左側の画像ですが、前ポケットの横にブランドのタグがあるのです。
こちらよく見てください。 K が実はつなぎになっていて、人がつなぎの作業服を着ているように見せているのです。だからなに?というディティールですが、ワークウェアが起源であるキドゥーらしいタグとなっております。丁寧な作りの中に見えるこのロゴの砕けた感じはアクセントになります。
そして右の画像はコミック風のタッチになっているのですが、商品に付属しているモノになります。「その作業服カッコイイね!」「一緒の買っちゃったよ」という風な絵になりますが、こういう遊び心も面白いですよね。

アイテム:長袖カプリシャツ

こちらは、先ほどバンドカラータイプではない、襟付きのタイプ。
ワークウェアっぽさがなくなり、襟も高く、ネクタイの着用も可能にしたフォーマル感がさすがフランスといったところでしょうか。
シャツ好きな方には、まず一着目としてこちらの生地感も楽しむことができる一着をおすすめいたします。

アイテム:長袖カプリシャツ

こちらは、かなり希少なシャツとなります。上記と同じ商品になりますが、染色の仕方が非常に独特な一着です。
「ホソバタイセイ」という世界最古と呼ばれているブルーを使用しております。
インド藍ができるまでは、唯一の青色としてこちらのホソバタイセイが使われておりました。かの有名なナポレオンが軍隊の制服に選ぶ程、中世のフランスでは、希少で価値のあるものとして認識されておりました。
安価なインド藍によって、どんどんホソバタイセイのブルーが衰退されていきますが、ここ数年、この伝統技術を継承すべきであるとこのブルーの復活を試み、成功しております。
数少ない職人でしか、まだ取り扱うことのできない特別な青がパステルブルーとなっております。

開襟シャツとなっているこちら。
第一ボタンと第二ボタンまでの幅が広く、少し開き目に胸を開けてあげれば着丈の長さ、ウエストのレギュラーなシルエットから、リゾートな雰囲気で着こなすことが可能です。
ボタンをすべて閉めてしまえば、タイドアップも可能となっております。

最後に

いかがでしたでしょうか?
キドゥー、初めて聞いた方ばかりのブランドかと思いますが、ぜひ知っていて損はないブランドです。
イタリアの色気のあるワイルドなシャツもいいですが、キドゥーのようにワークウェアがバックボーンである場合、タフさ、リラックスさを兼ね揃えて一枚でも雰囲気よく羽織ることが可能です。

でらマガ編集部 武田

Pocket
LINEで送る