今春オススメの着てよし、羽織ってよし、巻いてよしのカーディガンコーデ!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

朝晩寒い日がまだまだありますよね。寒暖の差は人間にとって負荷がかかるもので、体調を崩しやすいものです。しっかりケアして寒暖の差にもしっかり対応したいものですが、寒いからと言って厚手のアウターを持ち歩くのは大変ですよね。もう少し持ち運びやすく、それでいて寒さをしのげるアイテムがほしいところです。そこで大活躍するのがカーディガンです。

カーディガンは薄手に出来ているので、ちょっとした寒さしのぎにはもってこいのアイテムです。また、着るだけでなく肩に羽織ったり腰に巻くなど様々な使い方ができるのが良いですね。カバンに入れて持ち歩く以外でも、邪魔になることがないので、常に持ち歩いていざという時に対処できる点も評価できます。

そこで今回は、この時期に大活躍するカーディガンの中でも、オススメのアイテムについて紹介します。たかがカーディガン…と思っている方は、この記事を読めば考え方がガラッと変わることでしょう!

大活躍間違いなし!カーディガンの魅力に迫る

カチッとしたデザインがお好きならジャケット型のカーディガンを!

カチッとしたデザインがお好きならジャケット型のカーディガンを!

出典:jedia

カーディガンは、薄手で羽織りやすいのが魅力的ですが、カチッとした方が好みという方も多いですよね。そんな方にオススメなのが、ジャケット型のカーディガンです。ジャケットのように襟がついていたりしているのですが、もちろんカーディガンの良さである柔らかさをキープしており、ちょっとした寒暖の差に対応できるのが魅力的です。エアリーな着心地も一度着用するともう手放すことができなくなります!

このジャケット型カーディガンは、GRANSASSO(グランサッソ)のアイテムです。薄手のハイゲージコットンを採用しているので、重厚感はまったくなくライトな着こなしが可能です。また、スリムフィットでカーディガンらしく着丈は短めにデザインされています。GRANSASSO(グランサッソ)は、日本人の体型を強く意識してデザインしているケースが多いのが嬉しいですね!

このコーディネートでは、Tシャツの上からさらっと羽織るように着ていますね。ボトムスやスニーカーにはスポーティーなアイテムをチョイスして、アクティブさをアピールしています。


スタンドカラーがかっこいい!

スタンドカラーがかっこいい!

出典:jedia

先はジャケットスタイルでしたが、このZANONE(ザノーネ)のカーディガンはスタンドカラーとなっています。ZANONE(ザノーネ)にとって、このスタンドカラーのカーディガンは代名詞ともなっており、CHIOTOというモデル名が付けられています。非常に凝った編み地のコットンニットを採用している中で、着用していてもしっかりと襟が立つデザインをキープできます。
(ZANONEの詳しい解説はこちら)

クラシカルなボタン使いを採用して、派手さはないながらも強いこだわりをアピールしています。今のトレンドである、クラシカルなスタイルをしっかりと押さえるアイテムでもあります。肩回りから腰にかけてスリムになるデザインは、日本人の体型をしっかりと研究し尽くした上でデザインされていることが伺えます。ただ着用しているだけでも様になるのが良いですね!

しっかりとした防寒性があり、冬のインナーとしても使いまわしが可能です。このコーディネートでは、アウターとして着用していますが、全体的にスッキリとしたフォルムに仕立てているのが印象的です。

ゴージャスさがあるカーディガン!

ゴージャスさがあるカーディガン!ゴージャスさがあるカーディガン!

出典:Octet Nagoya

カーディガンは比較的デイリーユースで使用するイメージのあるアイテムですが、この LARDINI(ラルディーニ)のカーディガンはガウンのようなデザインを採用して、ラグジュアリーな出来栄えとなっています。ジャンルとしてはジャケットになりますが、ラペルやボタンはなく、細幅のへちま襟と腰紐やコードで閉じるスタイルを採用しています。トレンチコートのようなイメージで着用が可能です!
(LARDINIの詳しい解説はこちら)

ワッフルニットの表情は、織り方次第で様々に変化します。大きなハニカム織り模様により、薄い部分は中が透けて見えるのですが、これにより通気性をキープしています。リネンのようなサラリとした質感があり、着心地も抜群です!アイボリー系の優しいホワイトカラーが、春に向けてピッタリ合いますね。

このコーディネートでは、ベルトを付けずに前をはだけるようにして着用しています。さり気なくスカーフを巻くなど、清涼感がより際立つスタイルとなっていますね。爽やかな色合いの中で、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)のブルージーンズも良いアクセントとなっています。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)

とっても不思議!ジレが合体したカーディガン

とっても不思議!ジレが合体したカーディガン

出典:でらでら

カーディガンは羽織るイメージで着用するケースが多いので、レイヤードスタイルもしっかりと意識したいところですよね。その中で、このCruciani(クルチアーニ)のカーディガンは、なんとジレが合体したダブルフロントデザインを採用しています!これは、ありそうでなかったデザインですよね。決して奇抜さはなく、さり気なく融合している点がCruciani(クルチアーニ)のすごい点です。
(Crucianiの詳しい解説はこちら)

ベースとなるのがネイビーカラーのニットです。深みのあるカラーリングは、フォーマルシーンでも使えそうなイメージですね。そこに、柄ニットのジレ部分をインナーに合体させています。これはセパレートすることが出来ないのですが、ボタンを留めれば隠れる仕様となっています。カシミアをベースとして、シルク混紡の薄手で柔らかなニットクロスを使用しているので、真夏以外ならオールシーズン着用可能です。

このコーディネートでは、デニムパンツとレザーシューズにカーディガンを着用しています。一見すると、違和感なく完全にレイヤードしている様に見えますよね。裾からちらりと覗かせるホワイトのTシャツにより、春っぽさを強調することが出来ています。


三種混が斬新!

三種混が斬新!

出典:B.R.ONLINE

このカーディガンは、決して派手さはなくシンプルそのものですが、いざ手にとって見るとその違いがはっきりと分かります。Settefili Cashmere(セッテフィーリ カシミア)というブランドのアイテムなのですが、このブランドの真骨頂としてメランジにコットン76%、シルク12%、カシミヤ12%をミックスさせた三者混があります。大人の色気をアピールできる素材は、着ているだけでもその者を際立たせてくれるのです。

Settefili Cashmere(セッテフィーリ カシミア)では、世界でも珍しい、DUBIED社製のヴィンテージ編立機を使用しており、糸一本においても強いこだわりを持っています。よって、決してリーズナブルなアイテムではないのですが、それ以上の魅力を感じさせます。Vネックの開き具合も絶妙ですよね!

このコーディネートでは、今っぽくカットソーの上から軽く羽織るように着用しています。この他にも、カジュアルシャツの上からやスーツスタイルのインナーとしても活用出来ますよ!

最後に

いかがでしたでしょうか?カーディガンにも様々なスタイルがあるのがご理解いただけたかと思います。シンプルだからこそ、各ブランドで強いこだわりを見せるアイテムでもあります。その心意気を感じながら、これからの季節に活用されてみてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る