この春、インナーを選ぶならFILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)でキマリ!

出典:FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー) Facebook

Pocket
LINEで送る

厚いアウターを脱いで、颯爽と外出したくなる季節になりましたね!まだまだ朝晩は寒いわけですが、それでも桜の開花も間近になり、気分的にも高揚するものです。流石にシャツなど一枚で出歩くのは気がひけるので、ジャケットなどを羽織るシーンが想定できますが、その中でこだわりたいのがインナーです。ジャケットで隠れるから何でも良い!という安易な考えは、ファッショニスタとしては見逃せません。

インナーは、あくまでもアウターを邪魔しないで、更に暑くなく寒くもないように上手く調整をとってくれるものが良いですよね。その点で、FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)のインナーは、ファッション性と機能性を高いレベルで兼ね備えたブランドとして、高い知名度を誇っています。特に、ここ数年で爆発的な人気となっていて、各ショップでも別注モデルをオーダーするなど、その勢いは全く衰えていません。

そこで今回は、FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)というブランドについて紹介します。また、イケてるインナーも余すところなく解説していきます!

おしゃれで機能的!FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)のインナーに注目

FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)ってどんなブランド?

まずはじめに、FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)とはどんなブランドであるかについて紹介します。FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)が誕生したのは1927年のことです。フランス北西部にあるブルターニュの港町カンペールで創業しています。カンペール地方で漁師が着用するためのアイテムを多く手がけていて、徐々にノウハウを蓄積していきます。単に機能性だけを追求するのではなく、ファッション性の高さは特筆すべきものがありました。

注目度が俄然増す中で、なんとフランス海軍もオフシャルサプライヤーとしてFILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)を指名しました!裾に付くワッペンは、ユニフォームを支給していたフランス海軍の空母”JEANNE`DARC”の旗章として有名です。オフィシャルサプライヤーの証として、利用を承諾された気高きマークとして、どのアイテムにもさり気なく付けられています。

有名になった今でも地元に根付いた活動を続け、頑なに”MADE IN FRANCE”に強いこだわりを持っています。特別な縫製については、オリジナルとしてフランスで商標登録されています。他のメーカーでは再現することが出来ない 普遍的な縫製仕様によって作られているアイテムには、一度着るともう手放したくない魅力を感じます!


個性的だけど融和性が高い!

個性的だけど融和性が高い!

出典:でらでら

FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー) としては珍しい、襟付きのニットがこちらです。リブのワイドさやイージーな着心地などで、まるで見た目はトレーナーを思わせるものとなっていますが、襟があることで重厚なイメージも持ち合わせています。若干厚めの生地を使用しているので、薄手のアウターをチョイスすると春夏でも快適に着こなしができます!

ウール100%となっていますが、触り心地はとても柔らかいのが特徴です。着ていると更に柔らかさが加速して、より着用しやすくなること間違いありません!袖や裾のリブが幅広となっていて、ミニマルフィットを楽しむことができます。ホワイト系のカラーリングも、春を連想させる軽さがある物となっているのが良いですね。

このコーディネートでは、TATRAS(タトラス)のビッグサイズシャツのインナーとして着用しています。スポーティーさもあり、これからの季節ならこのニットだけで出かけるのもアリですね!
(TATRASの詳しい解説はこちら)

夏に向けて半袖をインナーに!

夏に向けて半袖をインナーに!

出典:Octet Nagoya

FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー) の得意なジャンルとして、ニットソーがあります。カットソーとはまた違う、厚い生地を採用することによる保温性の高さが魅力的です。今の季節から、半袖をチョイスしても全く違和感なくコーディネートできます。そんな半袖のニットソーの中でも、LAMANEUR(ロマネ)の半袖バージョンがおすすめです。

ベースのマリンネイビーカラーに、1cm幅のホワイトカラーのボーダーライン柄が印象的です。カラーリング的に重めに感じますが、ホワイトが入っているのでリゾートテイストも強いのが良いですね。特徴のあるボートネックにより、全体的にスリムに見えるようにデザインされています。また、肌に纏わり付きすぎず、縛り付けすぎない素材を使用しており、スリムフィットながら快適さもキープしています。

このコーディネートでは、CRUNA(クルーナ)のアンコンジャケットのインナーとしてチョイスしています。腕まくりしてきちっとした中にもラフさを演出して、リラックススタイルを楽しんでいます。
(CRUNAの詳しい解説はこちら)

人気ショップの別注モデル!

人気ショップの別注モデル!

出典:BEAMS

FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー) が人気なのは言うまでもなく、多くのショップからも引き合いが高いブランドです。こちらのアイテムは、人気セレクトショップであるBEAMSが別注したLAMANEUR(ロマネ)となります。ランダム配色のボーダーがアクセントとなっていて、個性的なアイテムに仕上がっていますね。

肌触りがとても良い、天竺編みオーガニックコットンニットを使用しているので、着続けていても快適さを失うことはありません。やや細身でスッキリとしたシルエットにより、これ一枚で着ても様になります!ボートネックを採用している点も見逃せませんね。もちろん、インナーとしてもさりげないレッドのボーダーなどで個性派をアピールできます。

このコーディネートでは、パッチワークを施した個性的なシャツと合わせていますが、決して存在感は負けていませんよね!首元のヨーロッパバンダナともよくマッチしています。


春らしいカラーリングでモックネックも特徴的!

春らしいカラーリングでモックネックも特徴的!

出典:wear

ボートネックで全体的なフォルムをきれいに見せるのが特徴であるFILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー) のアイテムの中で、モックネックのこのアイテムにも注目です。首元にボリュームをもたせるこのアイテムは、タートルネックが復活した昨今のトレンドを取り入れたものとなっていますね。昔ながらのセンスある編みたてで仕立て、しっかりとした風合いが良いですね!

オーセンティックなデザインで、裾に施したのエンブレムやアームのブランドタグが特に目を引きます。FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー) の特徴として、カラーバリエーションの多さも魅力的です。この例では、まろやかなイエローカラーを採用しており、春っぽいスタイルにコーディネートすることができますよ。

適度にゆるさがあり、リラックスした着心地を実現できます。ジャケットのインナーとしても活用できそうです。

最後に

いかがでしたでしょうか?これからの季節、レジャーに出かけることも多くなります。その中で、特に海ではFILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー) のアイテムが更に魅力的に見えます!マリンルックだけでなく、普段のファッションにもFILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー) のアイテムをチョイスしてほしいものですね。

Pocket
LINEで送る