暖かいけど暑すぎない!これから便利なスプリングニット特集

出典:the fashionisto

Pocket
LINEで送る

やっと暖かい気候の日が続いていますよね!今年の冬は異例の寒さであり、大雪にも見舞われたこともあり、例年以上に春が待ち遠しく感じている人が多いことでしょう。ただ、今の季節は要注意すべきことがあります。それが、寒暖の差です。朝はとても暖かな気候であり、ついつい薄手で出かけると夜の冷え込みに対応できず風邪を引いてしまう…なんてことも多々ありますよね。

そんな時に、とても便利なアイテムとしてスプリングニットがあります。スプリングニットの最大の特徴は、暖かいけど暑すぎないという点です。寒さを見越して厚手のアイテムをチョイスすると、日中暑すぎて汗ばんで結局風邪を引くということも考えられますが、スプリングニットならば多少の気温の変化にも柔軟に対応できるのが魅力的です。ニットと言うと、どうしても秋冬のイメージがありますが、スプリングニットなら夏まで快適に過ごすことができます。正しく、今の時期に持って来いのアイテムなのです。

そこで今回は、あると大活躍間違いない、スプリングニットについて紹介します。

絶対に便利!スプリングニットで快適に過ごそう

ニット界のキング!ZANONE(ザノーネ)が自身を持って提供するニット

ニット界のキング!ZANONE(ザノーネ)が自身を持って提供するニット

出典:jedia

ニット業界にも、キング的な存在のブランドが存在しています。それが、ZANONE(ザノーネ)です。フレックスウール、アイスコットン、カシミアシェードと言った、ブランド創設期から蓄積されているノウハウを活かした独自の糸を使うことで、他のブランドを凌駕するものがあります。そのZANONE(ザノーネ)が自身を持って提供しているのがこのスプリングニットです。
(ZANONEの詳しい解説はこちら)

7Gクルーネックロングスリーブラグランニットであるこのアイテムは、ラグランデザインを採用しています。ただ、アームホールをタイトにすることで、だらしなさは皆無でピシッとした着こなしが可能です。素材にはザックリとした編み込みのリネンコットンニットを使用していますので、爽やかさや軽やかさをアピールすることができます。趣旨の異なる素材をミックスすることによるメランジカラーも最高ですね!

このコーディネートでは、ダークトーンのパンツに、インナーにブルー系のシャツをコーデして適度に抜け感があるスタイルを実践しています。このニットは、太陽光に当たると色合いが若干変化するので、是非日本晴の日に堂々とアピールするかのように着てほしいですね。


着ていることを忘れるようなエアリーさ!

着ていることを忘れるようなエアリーさ!

出典:jedia

技術が進歩した昨今、ファッションアイテムにもハイテクなものが続々と誕生しています。ヒートテックなどが代表的ですよね。ニット界にも同様にトレンドの波が押し寄せられているのですが、その流れに乗ったアイテムが、このSCAGLIONE(スカリオーネ)のエアジャンパーです。名前にエアとジャンパーが付いていて、名前を見ただけでも爽快さを感じさせるのですが、いざ着てみるとそれが手に取るように分かります。

エアジャンパーの最大の魅力は、独自の製法を採用することにより、ふわふわした着心地を手に入れることができる点です。まるで、空気を纏うかのようなエアリーな着心地が病みつきになりますよ!素材にはシルクを使用しており、病みつきになる肌触りと共に、見た目の高級感も味わうことができます。エアリー加工をしつつも、スリムフィットなフォルムなのでこれからの季節にさらっと着こなすことができます。

また、首元や袖、裾にはしっかりとリブが入っているので、長期間着続けることによるたるみが発生しにくいのも良いですね。このコーディネートのように、下手に細工せずエアジャンパーだけでさらっと着こなすのが正解ですね。

今年もストリートを席巻!バスクシャツ

今年もストリートを席巻!バスクシャツ

出典:でらでら

かつて流行したマリンルックの流れを汲むアイテムとして、バスクシャツがあります。シャツと名前がついていますが、ルーツを辿ればスペインのバスク地方で昔から見られる、手編みニットセーターに繋がりますので、素材はニットとなります。バスクシャツの中でも、FILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)の存在感が抜群ですよね。
(FILEUSE D’ARVORの詳しい解説はこちら)

そのFILEUSE D’ARVOR(フィールズダルボー)の別注モデルがこちらです。製法として、横編み機械を使うことにより、糸を使う量が多くなることでニットでありながらもストレッチ性が高いのが特徴です。着ていると徐々に体に馴染み、洗濯するとまた縮むというサイクルを繰り返すことで、常に体にフィットしたフォルムをキープできます。

細かなデザインに目を向けると、クルーネックに近い丸みを帯びている形状が印象に残ります。このコーディネートでは、ブルージーンズとさらっとコーデして休日にリラックスできるスタイルを実践していますね。

まるでTシャツのように着こなせるニット!

まるでTシャツのように着こなせるニット!

出典:B.R.ONLINE

ニットカットソーというジャンルがありますが、このZANONE(ザノーネ)のニットはまるでTシャツのように着こなすことができます。それは、癖がなくどんなスタイルにも適合できる点があるからです。その中で、コットンピケの編み地を採用することで、1枚で着ても存在感を示すことも可能です。スポーティーな趣がありつつ、どことなく上品に映るのも実に不思議です。

生地はとても肌触りがよく、ついつい手が伸びてしまいます!若干緩めな編み地となっているために、ふんわりとした着心地という点も魅力的です。薄手で若干インナーに着ているアイテムが透けて見えるのですが、逆にそれを逆手にとってレイヤードスタイルで大活躍すること間違いなしですね。このコーディネートのように、腕まくりしてラフに着こなすスタイルもおすすめです。

また、着用するだけでなく腰に巻いたりカーディガンのように肩にかけてアクセントを付けるために使用しても良いですよ。


カーディガンもオススメ!

カーディガンもオススメ!

出典:B.R.ONLINE

セーターでは調整しにくい…という方の場合は、ニットカーディガンもおすすめしたいです。ニットカーディガンであれば、暑ければ脱いで腰に巻くスタイルにすれば、腕に持ったりカバンに入れて持ち歩く必要はありません。また、寒い時はボタンをしっかり留めることで、立派なアウターとして大活躍間違いありません!

その中で、991(ナインナインティワン)のこのニットカーディガンがおすすめです。北ヨーロッパで栽培されている亜麻を余すところなく使用しているので、時代を超えてクオリティの高さを実感できます。スタンドカラーとクルーネックのいいとこ取りのデザインとなっており、レトロな趣もありますね。

このコーディネートでは、味わい深い落ち着いたブラウンカラーのニットカーディガンにカーキカラーのパンツをチョイスして、大人っぽいイメージを強調しています。そこに、ホワイトのインナーでカラーバランスを上手くとっていてこれからの季節でも重すぎないカラーバランスを保っています。

最後に

いかがでしたでしょうか?ニットは過度に着飾ることなく、スマートな着こなしを実践できるのが良いですね。春夏に向けたスプリングニットは秋冬のインナーとしても活用できますので、通年を通じて使えるものなら、尚便利ですね!

Pocket
LINEで送る