若者だけじゃない!上品さでアピールする大人のダメージデニム5選!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

立派な大人になったんだからもっとファッションにも気を使いなさい!と言われている人って多いのではないでしょうか?本人は決して子供っぽい振る舞いをしているわけではないのに、このようなことを言われてしまうのはどこか心外な気がしますよね。ただ、実際に本人は全く意識していないことでも、実は若く見えるアイテムというものも存在しています。

その代表格として、ダメージデニムがあります。ダメージデニムは、通常のデニムパンツにわざとダメージを入れて、カジュアルダウンしたアイテムのことを言います。ダメージの入り方は多種多様ですが、アイテムによっては派手に膝が露出して脱落しかかっているものもありますよね。ただ、流石にそのようなアイテムは大人スタイルを目指す方にとっては避けたいものです。それでも、適度なダメージであれば、逆に大人の男性をアピールすることができるのです。

今回は、大人の男性でもコーディネートしやすいダメージデニムを5つに厳選して紹介します。今まで、ダメージデニムを敬遠していた方も、この記事を読めば新しい発見をすること間違いなしですよ!

大人の男性も魅了する!ダメージデニムを極めよう

シルエットが抜群に良い!

シルエットが抜群に良い!

出典:B.R.ONLINE

ダメージデニムの中でも、様々なシルエットのアイテムが存在しています。その中で、大人っぽいイメージのあるデニムパンツを選ぶなら、テーパードシルエットで見た目が美しいアイテムをチョイスすると良いでしょう。その中で、このRED CARD(レッドカード)のデニムパンツは、日本人の体型をしっかり研究したアイテムをラインナップしています。それもそのはず、RED CARD(レッドカード)は日本発祥のブランドなので日本人にピッタリ合うのです。

このデニムパンツはRhythm(リズム)というモデル名で、職人による手作業で施される繊細かつ大胆なダメージ加工を施しています。これにより、リアルヴィンテージを体現しているのです。鮮やかなインディゴブルーに適度にアタリ(色落ち)を付けて、更に職人さんの手作業によるダメージ&リペア加工を施すことで、上品なダメージとなっているのが良いですね。

このコーディネートでは、シックなジャケットとコーディネートしていますが、違和感なく上品さをアピールすることに成功しています。さり気なくロールアップして、レザーシューズとコーデしているのもかっこいいですね。


ワインポイントのさりげないダメージを!

ワインポイントのさりげないダメージを!

出典:B.R.ONLINE

先のアイテムは膝がぱっくり破れている大胆なデニムパンツでしたが、このアイテムはさり気ないダメージが印象的です。デニムパンツを数多く手がけるJACOB COHEN(ヤコブ コーエン)のアイテムらしく、ちょっとクセが強い英国紳士をイメージしたデニムパンツに仕上げています。また、バックル部についているユニオンジャックモチーフのパッチが、イギリスを連想させますよね。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)

ヴィンテージウォッシュデニムとジャンル付けされていますが、ヒップポケットのステッチ色まぜ完全に統一したカラーリングとなっており、ぶれないスタンスが見てとれます。ハードなウォッシュに対して、ステッチの見え方がより際立って見えるので、統一した世界観の中でも上手くアクセントを付けることに成功しています。

デニムパンツでありながら、このコーディネートのようにレザーシューズとの相性も抜群です。色気を出したい大人の男性なら、このようなデニムパンツをチョイスすると良いでしょう。

デザイン性に富んだダメージデニム!

デザイン性に富んだダメージデニム!

出典:jedia

少し若いイメージを出したい方にとって、オススメなダメージデニムとしてEntre Amis(アントレ・アミ)のアイテムがおすすめです。Entre Amis(アントレ・アミ)は、イタリアらしいスタイリッシュでセクシーなスタイルを追求したアイテムが得意なブランドです。特に、極細のスキニーシルエットを採用して、更に9分丈でフォルムの綺麗なデニムスタイルを追求できます。

このデニムパンツは濃淡の激しいハードウォッシュの美しい色落ちをミックスさせるスタイルとなっていて、個性を演出することができます。更に、そこにクラッシュ加工とパッチワークをミックスさせて、バランスよくカジュアルに見せることができます。更に、バックポケットのコインモチーフを入れるなど、遊び心を忘れていません!こんないたずらっ子のようなスタイルは、Entre Amis(アントレ・アミ)らしいともいえます。

そのデニムパンツを中心として、存在感のあるレザーシューズやミリタリー感があるアウターをチョイスして、今風のスタイルを追求しています。ストレッチ素材で出来ているので、長時間履いていても疲れにくい点も評価できます。

独特な深みのあるカラーリングが良い!

独特な深みのあるカラーリングが良い!

出典:Octet Nagoya

デニムと言えばインディゴカラーを真っ先に思い浮かべることでしょう。確かに定番のカラーリングをチョイスするのも悪くありませんが、個性的なディープなカラーリングのデニムパンツも大人っぽくてかっこいいですよ!その中で、このDIESEL(ディーゼル)のデニムパンツは、深海を思わせるような濃いインディゴカラーがインパクトに残りますね。
(DIESELの詳しい解説はこちら)

正確に言えば、このアイテムはデニムではなくスウェットデニムパンツにジャンル分けされます。それでいて、デニムと全く遜色ないカラーリングを出すことが出来ているのには驚きです。更には、ダメージを股下と膝にさり気なく入れることで、良いアクセントとなっています。スウェットデニムパンツにありがちな、ダラッとした印象はなく、形状をキープすることが出来ていますね。

このコーディネートでは、キルティングダウンと爽やかなシャツ、そしてDIADORAのイケてるスニーカーと合わして、リラックスした休日スタイルを実践しています。ちょっとしたお出かけに最適なコーデですよね!
(DIADORAの詳しい解説はこちら)


落ち着いた印象を与えることができる!ブラックデニム

落ち着いた印象を与えることができる!ブラックデニム

出典:zozo

ダークトーンのアイテムは、落ち着いた大人を印象付けることができます。デニムパンツでも同様で、ブラックデニムはジャケパンスタイルでも頻繁に用いられています。ただ、ありきたりなデニムパンツは面白くない!とお考えの方がいれば、正しくここでダメージ加工が入ったデニムパンツをチョイスするのがおすすめです。

こちらは、CRIMIEというブランドのデニムパンツなのですが、コンセプトは大人が集まるガレージでも履けるジーンズです。例えば、バイク仲間がこぞって集結するガレージをイメージして、なるべく履きやすくほつれや汚れも気にしなくても良いアイテムに仕上げています。その点でも、ブラックというカラーリングを選んでいる意義があるのです。

日本だけでなく、世界的に見てもデニム生産で有名な岡山で特別に編み上げたストレッチデニム生地を使用しており、履きやすく様々な動きにもフィットしてくれます。ヒップポケットについた菱形パッチについては、洗濯可能なウォッシャブルレザーを採用しているので、メンテナンスにもあまり気を使わなくても良い点も魅力的です。

最後に

いかがでしたでしょうか?ダメージデニムにも様々なスタイルがあることを改めて理解いただけたことと思います。ダメージが入っているから履けない・・・と考えている方でも、少し勇気を持ってダメージデニムを履けば、新しいスタイルを追求することができますよ!

Pocket
LINEで送る