すっきりとしたデザインで春先まで使えるチェスターコートコーデ5選!

出典:The Idle Man

Pocket
LINEで送る

もう雪を見るのはうんざり!と嘆いている方が多いですよね。特に、北陸地方の方は大きな被害も発生しており、精神的にも経済的にも大きなダメージを負っているのです。そんな中でも都心では早くも花粉が飛んでいるので、春ももうすぐそこまで近づいています。

ただ、外はまだまだ寒いですのでコートなどのアウターは欠かすことができません。冬向けのアウターは、その季節だけしか着用することができませんので、購入してもなかなか着る機会が少ないのが実情です。そこにお金をかけても良いのですが、可能であれば春でもコーディネートに加えることができるアウターの方が重宝しますよね!特に、今シーズンはチェスターコートが流行しているのですが、チェスターコートは割合薄手なので春でも着用できるのが魅力的です。

そこで今回は、春にも大活躍間違い無しのチェスターコートをメインとしたコーディネートテクニックを紹介します。もう冬も終わるしアウターは・・・とお考えの方でも、チェスターコートなら今から選んでも遅くありませんよ!

今からでも間に合う!チェスターコートで春も快適に過ごそう

モダンクラシックを実践できるチェスターコート!

モダンクラシックを実践できるチェスターコート!

出典:B.R.ONLINE

今シーズンは、スーツではネオクラシックとも呼ばれる、古き良きイギリスのスーツスタイルに、モダンなテイストを入れたスタイルが流行しました。また、コートについても改めてイギリスの紳士が愛用するアイテムに注目が集まっています。そんなスタイルを上手くミックスさせたコートとして、このDe petrillo(デ ペトリロ)のチェスターコートです。

De petrillo(デ ペトリロ)の特徴として、クラシックでありながらモダンなアイテムが多くあります。このチェスターコートは、大柄ヘリンボーンを強調する生地を採用して、目付け450グラムのカシミア100%素材を使用しています。カシミアの持つ優しさが引き立っていて、見た目も上品に仕上がっています。また、しなやかで柔らか、かつ極上のタッチが魅力的で、保温性の高さもキープしています。

襟腰と襟幅のバランスが良く、襟の立ち方がシャープですので、ボタンを留めて着用しても良いですし、このコーディネートのように前を開けて着用しても映えます。今シーズンっぽいタートルネックとも抜群の相性を示していますね。


イタリアとイギリスの融合!

イタリアとイギリスの融合!

出典:B.R.ONLINE

イタリアというと情熱の国というイメージで、ラテン系民族の血を引くだけあって鮮やかなスタイルを好んています。一方でイギリスは保守的で手堅い印象があります。この両者は相反するイメージがありますが、ファッション界ではしっかりとお互いの良さを尊重して魅力的なアイテムを提供しています。このPALTÒ(パルト)のチェスターコートも、ベースはイギリスの伝統的なアイテムなのですが、イタリアのテイストも存分に味わえます。

セットインスリーブのシングルチェスターであり、至って正統派というイメージですが、実は裏地は中綿入りのキルティング仕様となっているのがユニークですね。これにより、抜群の防寒性をキープすることに成功しています。着丈が長く重厚な雰囲気になりがちなロングコートですが、軽快に見せるしなやかなファブリックを採用してコーディネートしやすくしているのも良いですね。

ヘリンボーン柄によりカジュアルなイメージも持ち合わせているのも特徴的です。このコーディネートでは、ベージュのニットで大人の男性をアピールしていますね。春先のちょっとしたデートシーンでも使用することができそうですね。

スポーティーな着こなしが可能なチェスターコート!

スポーティーな着こなしが可能なチェスターコート!スポーティーな着こなしが可能なチェスターコート!

出典:HUMIDiT

春ともなればアクティブに活動したくなるので、よりスポーティーなアイテムの需要が高くなります。近年はスポーツミックススタイルが流行していますが、その流れを汲んだチェスターコートとしてKHONOROGICA(コノロジカ)のこのアイテムがあります。KHONOROGICA(コノロジカ)は、シャツをメインに取り扱うKICS DOCUMENT.(キクスドキュメント)から派生したブランドです。

KHONOROGICA(コノロジカ)のアイテムらしい、エッジの効いたコートに仕上がっている印象です。直線的なエッジーなカッティングが見られ、モード感あふれるデザインを採用しています。裏地にはひょうたん型のミリタリーキルトを採用して、保温性を高めるために中綿も入れています。一見するとルーズに見えるのですが、よく見ると気品さすら感じさせるハイセンスな逸品です。

ボタンを留めずに羽織るコーデをすれば、ドレープ感が強調されセクシーなスタイルを実践できます。このコーデのように、来シーズンも注目間違い無しのデニムシャツとも相性抜群です!

ビッグサイズな着こなしもあり!!

ビッグサイズな着こなしもあり!

出典:HUMIDiT

ビッグサイズシルエットのアイテムが流行する中で、なかなか自分では取り入れるのが大変・・・と考えている人も多いのではないでしょうか?そんな時に、このAURALEE(オーラリー)のチェスターコートのようなアイテムをチョイスすると、意外と簡単にビッグサイズシルエットをコーデに加えることができます。

第一印象として、とても存在感がある!と感じますね、それはサイズ感だけでなく、グレンチェックを採用していることにも起因しています。このグレンチェックは、光の当たり具合で違った表情を見せる特徴があります。よって、春先に太陽が降り注ぐシーンでは、まるでオーラを放つかのような独特な表情を見せてくれます。

イギリスのミッドランズ地方に生息する、希少なブルーフェイス種の原毛を使用しており、独特な風味を醸し出しています。このコーディネートのように、ニットやデニムといったカジュアルスタイルでも良いですし、ジャケットやウールスラックスなどキレイ目スタイルにもピッタリ合いますよ。


ビジネスシーンではこれ一択で!

ビジネスシーンではこれ一択で!

出典:でらでら

チェスターコートはカジュアルシーンでも着用できるアイテムですが、あえてビジネス一本に的を絞ったアイテムとして、 HUGO BOSS(ヒューゴボス)のこのNYE-1モデルがおすすめできます。基本はスーツの上から羽織ることを意識したサイズ感となっていますが、羽織っても着膨れすることなくスリムさをキープすることができます。
(HUGO BOSSの詳しい解説はこちら)

メルトンウール素材を使用することで軽くて暖かさにも優れています。胸元Vゾーンが浅め3つボタンフロントのフォルムとなっていますので、実際にはカジュアルなスタイルにも使用できるのですが、やはりスーツなどにコーデするのが正統派と言えます。この辺りの紳士が好んで着用したがるアイテムを作らせたら、HUGO BOSS(ヒューゴボス)に一日の長がありますね。

このコーディネートでは、ブラックのスーツとレザーシューズ、ホワイトのシャツでモノトーンコーデを実践しています。これぞ王道スタイル!と言わんばかりのコーデは、ありきたり感がなく逆に斬新さがあって良いですね。春のビジネススタイルとしてもおすすめできます。

最後に

いかがでしたでしょうか?チェスターコートは重厚で冬しか着用できない!というわけではなく、春先でもコーデの中心として活用することができます。まだまだ寒い日が続きますので、早めに春でもコーデできるチェスターコートをゲットしておきましょうね。

Pocket
LINEで送る