着回しやすいシャツ×セーターで冬と春を乗り切れ!

出典:Neiman Marcus

Pocket
LINEで送る

今シーズンは異例の寒さが襲来して、ファッションコーディネートで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?都心でも冬日となる日が多く、雪国で着用したいような重厚なアウターやインナーを揃えたくなります。ただ、この気候は一時的なものと考えてしまうと、改めて購入するのにも躊躇してしまうのではないでしょうか?

そこで、今持っているアイテムを組みわせて冬を乗り切ろうと考えている方も多いことでしょう。冬に大活躍するアイテムとしてセーターがありますが、タートルネックならまだしも何をインナーに着用しようか悩むところです。大定番ではシャツがありますが、そこでどのようなコンセプトでコーデすれば良いのか実は難しい問題なのです。ここでおしゃれに着こなすことができれば、よりファッショニスタに近づくことができるでしょう!

そこで今回は、数多く所有しているであろうシャツとセーターの組み合わせ方法を紹介します。冬だけでなく、春に向けての軽やかなスタイルも合わせて紹介しますので、これからの時期に向けてぜひ勉強しておきましょう。

ありきたり感を排除したい!シャツ×セーターの組み合わせを意識しよう

ガッツリ見せずにチラ見せが良い!

ガッツリ見せずにチラ見せが良い!

出典:HUMIDiT

シャツとセーターのコーディネートで悩んでいる方にとっては、手軽にコーデできる方法として、インナーのシャツをほとんど見せないスタイルがおすすめです。ただ、全く見せないのも意味がありませんので、首元や裾から少しだけシャツを覗かせるスタイルを実践していると、よく考えたコーディネートをしているな!と違った見方をされるでしょう。

今風のトレンドセーターとしては、ざっくりとした着心地があるアイテムがおすすめです。その点で、HAND ROOM(ハンドルーム)のこのセーターは最適なアイテムであるといえます。本場英国の上質な羊毛を用いており、更に日本国内の工場で紡績し、国内のニッターで5ゲージで丁寧に編まれているので、保温性の高さが魅了的です。

裾と袖口にかけて徐々に天竺編み切り替えるなど、デザイン的にも魅力が満載に詰まっています。このコーディネートのように、ざっくりしたセーターに裾と首からホワイトシャツをチラ見せして着こなすと、シャツ×セーターの手軽なコーデが完成します。


流行アイテム!デニムシャツとのコーデが似合うセーター

流行アイテム!デニムシャツとのコーデが似合うセーター

出典:jedia

今年に入っても流行が続いているのがデニムシャツです。次シーズンもその傾向が続く見込みであり、既に何着かデニムシャツを所有している方が多いのではないでしょうか?そのデニムシャツを、アウターとして着用しているだけではもったいないので、ぜひセーターのインナーとして活用してほしいものです。そこでオススメなスタイルとして、このコーディネートがあります。

セーターにはGRAN SASSO(グランサッソ)の極上ニットをチョイスしています。イタリアでは確固たる地位を確保しているブランドですが、日本ではまだまだ知名度は低いのが実情です。ただ、このセーターの極上のフィッティングとサイジングバランスを見ると、すぐにでも着たくなりますよね!12ゲージで仕立てているので、より目の細かさを確保していますし、更に微妙に伸縮性もあるのでボディラインを強調することも可能です。

そこに、首元から濃いインディゴカラーが印象的なデニムシャツをチョイスしています。ネイビーカラーとのマッチングもよく、フォーマルスタイルに華を添えています。

チェックシャツを大胆に見せてカジュアルに!

チェックシャツを大胆に見せてカジュアルに!

出典:wear

シャツはなるべく隠すというのも悪くありませんが、大胆に見せてアクセントを付けるというテクニックもぜひ実践してほしいのです。その中でカジュアルさを強調することができる柄物のシャツとの組み合わせがおすすめです。このコーディネートでは、若干オーバーサイズなケーブルニットをチョイスしていますが、首元からギンガムチェックのシャツが映えていますね。

グリーン系のカラーリングで大人の印象を与えているセーターですが、ホワイト系のギンガムチェックにコーデするだけでも、一気に若さをアピールすることができていますね。サイズ的に過度にインナーが露出することなく、首元や腕から少しだけ顔を覗かせているというのが良いですね。基本的な着こなし方法としては、やはりインナーのシャツは若干タイト目で、そしてアウターのセーターは身幅に合ったジャストサイズのもの、もしくは若干大きめなものを選ぶようにしてください。

このコーディネートでは、ボトムスにはデニムパンツをチョイスして、更にロールアップしています。大人っぽさを残しつつ、リラックスした休日スタイルにぴったりなスタイルですね。

ワイドカラー風に着こなしもかっこいい!

ワイドカラー風に着こなしもかっこいい!

出典:wear

セーターの首元から見える襟についてこだわることも、シャツ選びでは重要になります。スタンドカラーでしっかりとセーターの中から存在感を主張するという方法も良いのですが、さり気なく襟を出してアピールするのがかっこいいですね!また、襟の種類の中でもワイドカラー系のシャツをチョイスすると、さりげないアピールができて良いですよ。

このコーディネートでは、MORGAN HOMMEの一見するとボーダー柄に見えるセーターをチョイスしています。非常に珍しいテープヤーン素材を使用して、更にローゲージで仕上げているので、かなり快適に着こなしが可能です。よって、このコーデのようにジャケットのインナーとしてもコーディネートし易いのです。

そこに、HIDEAWAYS NICOLEの無地シャツをコーデしています。ボタンダウンシャツなのですが、ボタンを外してワイドカラーに見せているあたりが、実に心憎いですね!


襟をだらけさせてあえてラフなイメージを出す!

襟をだらけさせてあえてラフなイメージを出す!

出典:zozo

シャツを着こなす際には、首元までしっかりとボタンを留めて着るケースと、首元のボタンを外してラフに着こなす方法がありますよね。セーターとのコーディネートでは、基本的に前者を選択してきちっと着こなすのがおすすめですが、あえてボタンを外してラフに着こなすと、春っぽい颯爽としたイメージを与えることができます。

このコーディネートでは、POLO RALPH LAURENのケーブルニットをチョイスしています。極上の柔らかなイタリア製のカシミヤを使用しており、ヘリテージ風でラグジュアリー感溢れる逸品に仕上げています。そこに、ハズシのテクニックとしてストライプ柄のシャツをインナーとして合わせて、カジュアルさを強調しています。

また、首元をラフにだらけさせているのが印象的です。カラーリング的にも春っぽい颯爽としたスタイルを実践できていますよね。腕まくりして、そこからもストライプ柄が見えているのも、よりカジュアルさを引き立てるためのポイントとなっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?セーターとシャツは鉄板の組み合わせでありますが、こだわるポイントは実に多いのがご理解いただけたかと思います。これが正解!というものはありませんし、ご自身でこのスタイルを追求したいというものがあれば、是非試してほしいですね。サイズとカラーバランスだけには注意して、オリジナルの着こなし術を編み出してみるのも面白いですね。

Pocket
LINEで送る