冬に向けて恋がしたくなる!?オトナが楽しめる恋愛映画10選

恋愛映画
Pocket
LINEで送る

もうすぐクリスマス。街がカップルで賑わうこの季節、「あ~恋愛したい!」と切ない気持ちになっていませんか?

そんなときは、恋愛映画を観るのがイチバン。映画から恋愛テクニックを学ぶのもアリ!世間の喧騒を忘れて、疑似体験にハマるのもアリ!

今回は、「冬に向けて恋がしたくなる!?オトナが楽しめる恋愛映画10選」をご紹介します。

冬に向けて恋がしたくなる!?オトナが楽しめる恋愛映画10選

1. ワン・デイ 23年のラブストーリー

ワンデイ
男女の23年にわたる恋愛や友情を「7月15日」にスポットをあて、ロマンチックな愛を描く物語。

主演は、『レ・ミゼラブル』で名を馳せたアン・ハサウェイ。彼への気持ちを胸に秘めている“真面目な女性”を演じています。彼女の親友であり、自由奔放な男性を演じるのは、『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが好演。『17歳の肖像』で話題となった女性監督ロネ・シェルフィグがメガホンをとり、観客をロマンチックな世界へといざないます。

23年の間で、変化していく関係性、ファッション、音楽を表現し、最後には感動の結末が!

本作のポイントは、23年間に及ぶ物語が毎年7月15日に限定して描写されているという点。卒業式に飲み明かしたエマとデクスターは、そのまま一夜を共に…親友になることを決めた二人の“関係性”が見どころ。

ロネ・シェルフィグ監督の手に掛かれば、ベタなメロドラマもエモーショナルな物語へと変貌します。

2. ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー
総勢19人の豪華キャストが贈るラブストーリー!秘書への恋心に悩む英国首相や、妻子がいるにも関わらず部下に誘惑される会社社長など、それぞれの恋模様がコンパクトに描かれています。人気ハリウッド俳優ヒュー・グラントが独身イケメン英国俳優を熱演するなど豪華なキャストが大集結したアンサンブル・ラブストーリー。ボリュームある作品になっています。

日本でも、男女問わず支持を集めている恋愛映画。さまざまな愛のかたちを描写し、ロマンチックな気分になれます。一方で、リアルな展開に、思わずハッとさせられる部分も。

恋愛モードになったら、まずはラブ・アクチュアリーでお勉強を♪

3. 恋におちて

恋に落ちて
いくつになっても変わらない愛をデ・ニーロとストリープが熱演。ロマンチックなオトナの純愛が自然体で描かれています。

クリスマス・イブのニューヨークの書店で運命的な再会を果たすフランクとモリー。同じ通勤電車に乗り合わせたことから、二人の距離は一気に縮まることに。しかし、感情が抑えきれなくなったちょうどそのとき、双方の家庭に浮気がばれてしまいます。

世間的にはタブーとされている「不倫」を純愛に書き換えロマンチックに描いている作品。

公開当初、本国アメリカより日本で大きな反響を呼んだ『恋におちて』。年月が経った今でも、人気恋愛映画の常連です。映画界屈指の名俳優が織りなすラブストーリーは必見!恋愛がご無沙汰な方も、これから恋愛モードに入っていく方も、ロマンチックな世界観にはまってみてはいかがでしょう?

4. ゴースト/ニューヨークの幻

ゴースト
温厚誠実な銀行員だったサム・ウィートは陶芸家として軌道にのりつつある最愛の恋人モリー・ジェンセンと幸せな日々を過ごしていました。デートの帰り道、彼女から結婚したいと告げられたサムは、驚きを隠せないまま「愛している」と彼女に伝えます。

ところが、そのときサムは強盗に襲われ、あっけなく命を落としてしまうことに。サムはゴーストとなってしまい、自分を殺した強盗が彼女も狙っていることを知ると、どうにか彼女に危険を知らせようと奮闘します。

彼女にサムが見えていないため切なく感じる場面が多く、観る時はハンカチは欠かせません!ゴーストはアジア版にもリメイクされており、松嶋菜々子と韓国俳優ソン・スンホンの共演で話題を呼びました。切ない気持ちに浸りたいときは、ゴーストで決まり♪

5. タイタニック

タイタニック
恋愛映画の代表作といえば、タイタニック!船首で手を広げているあの名シーンが有名ですよね!1912年、豪華客船タイタニックが処女航海に出発。画家志望の青年ジャックは、上流階級の娘ローズと運命的な出逢いを果たします。若い二人は燃え上がる感情を抑えきれず、強い絆で結ばれることに。しかし、タイタニック号は氷山と接触。二人の運命はいかに…!?

身分の違う二人が惹かれあい、お互いの気持ちを抑えられない場面は必見。感動のラストは涙なしでは見られません!究極のラブストーリーで疑似体験を味わってみては?

6. (500)日のサマー

(500)日のサマー
運命の恋を信じる男と信じない女が織りなすちょっとユニークなラブ・コメディー。

愛する人と異なる恋愛観に翻弄される20代の男をジョセフ・ゴードン=レビットが好演。愛らしい相手役をゾーイ・デシャネルが演じています。ミュージックビデオ出身のマーク・ウェブ監督が手掛け、ハイセンスな作品に仕上がっています。反発と屈折に負けずお互い惹かれあい、最後はハッピーエンドに!?

笑いあり!涙あり!作品を観終わる頃には、切ない気持ちも消えているかも♪

7. バレンタインデー

バレンタインデー
『プリティ・ウーマン』『カーラの結婚宣言』のゲイリー・マーシャルがメガホンをとり、ハリウッドスターの豪華共演でも話題を呼んだ人気恋愛映画。バレンタインデーで色めきたつロサンゼルスが舞台で、男女15人それぞれの愛を描いています。

バレンタインだからといって、必ずしもロマンチックな愛だけじゃない!?恋愛モードになり始めた人にとっては、良きバイブルとなりそう。短編恋愛小説集を読むような感覚で楽しめる作品です。

8. きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日
異なる次元に引き裂かれてなお愛し合う恋人たち。

アメリカで大ベストセラーとなった純愛小説を映画化し、日本でも話題を呼んだ恋愛映画です。脚本は、『ゴースト/ニューヨークの幻』を手掛けたブルース・ジョエル・ルービン。主人公となる“恋人たち”をレイチェル・マクアダムスとエリック・バナが演じています。製作総指揮には、ビッグスター、ブラッド・ピットも参加。

時空を超える究極のラブストーリーは、恋愛にお疲れ気味のあなたの心を癒してくれるはず。二人は「運命」に打ち勝ち、結ばれることができるのでしょうか?必見です♪

9. 抱きたいカンケイ

抱きたいカンケイ
『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンが主演・制作総指揮を務めた渾身のラブストーリー。

自由なセックスフレンドの関係から始まる男女の恋愛模様を描いています。監督は『Gガール 破壊的な彼女』のアイヴァン・ライトマン。ヒロインを演じるのは、『ベガスの恋に勝つルール』で人気を集めたアシュトン・カッチャー。刺激的かつ予測不可能な展開から、終始目が離せません。

抱きたいカンケイ』を観ているうちに、恋愛モードもスイッチオン!?

10. きみに読む物語

きみに読む物語
『メッセージ・イン・ア・ボトル』などで知られるニコラス・パークスの人気小説を映画化。『シーズ・ソー・ラヴリー』のニック・カサヴェテスがメガホンをとり、恋人たちを若手トップスターのライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムスが演じます。

身分違いの純愛を貫き通そうとする若者二人の情熱的な愛の行く末が見どころとなっており、感動のラストスパートは必見!涙なしでは見られない珠玉のラブストーリー。恋愛がうまくいかない方も『きみに読む物語』を観てデトックスしましょう♪

まとめ

どれも名作ばかりで見ているだけで恋愛がしたくなってきますね!ちなみにでらマガ編集部としてのオススメは、1番の「ワン・デイ」です。

恋愛したい!と思っても、すぐに相手は見つからないもの。良縁を引き寄せるためにも、まずは恋愛映画をみて、テクニックや男女の心理について学んでおきましょう!

あなたの「心」もきっと癒してくれるはず♪

(でらマガ編集部)

Pocket
LINEで送る