ジャケット×デニム大人の着こなしポイント

Pocket
LINEで送る

男性雑誌等のメディアでよく見かけるダンディーな大人男性。
男性なら誰しもそんなダンディーでかっこいい男性に憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか?

大人の男性=ジャケットをカッコよく着こなしているイメージがありますね。
ジャケットの着こなしにおいて重要なのはスーツと同様に「サイズ感」ということは、ご存知かと思います。
サイズ感と同様に大切になってくるのは、やはり「組み合わせ」ですね。
ジャケットを何で組み合わせるかで相手に与える印象は大きく変わります。
例えば、ジャケット×スラックスならビジネスシーンを連想しますね。

しかし、ビジネスシーンでは無く休日のお出かけでのコーディネートにもジャケットをうまく取り入れることができれば大人男性のコーディネートになります。

ジャケットを普段着ようと試みるものの実際自分でとなると「しっくり来ないこともしばしば」というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

カッチリしたイメージの強いジャケットもカジュアルダウンしたジャケット×デニムの着こなしで、休日も気楽にジャケットスタイルを楽しんで頂きたい。

そこで今回は、ジャケットに合わせるデニムのポイントやオススメブランドをご紹介していきます。

そもそもジャケットに合うデニムって?

ジャケット×デニムのコーディネートに置いてデニム選びは、コーディネート全体を左右する重要なアイテムなのでデニム選びは注意が必要です。

そもそもジャケットに合うデニムと合わないデニムって何がどのように違うのでしょうか?

デニムパンツと1括りにしても形(シルエット)やデザインなど様々な種類が存在しどれを選べばよいか迷ってしまいがちです。
デニムの生地感も経年変化で自分だけの1本に育てることが楽しいリジットから最近では、履き心地重視のストレッチ性のある生地、個性の光るダメージ、ペイント加工を施したデザインまで多種多様あるデニムの中からジャケットにも自分にもピッタリのデニムを見つけ無ければいけません。

では、ここからはジャケットに合うデニムとそうでないデニムを比較してみます。

そもそもジャケットに合うデニムって?そもそもジャケットに合うデニムって?

こちらの2枚の写真は、デニムだけが異なる全身のコーディネートです。
ジャケットスタイルのコーデを簡単に着こなすには、「シンプル」組み合わせがオススメです。
大人のカジュアルコーディネートにおいてトップスにしろ、パンツにしろ柄×柄の着こなしは、落ち着いた着こなしとは言い難いです。
また、ジャケットスタイルでタイアップの場合は、ジャケット、シャツ、ネクタイを柄:無地=1:2もしくは2:1の割合にするとうまくコーディネートできます。
また、ジャケットに合わせるデニムのシルエットは、細く「美シルエット」で上品な着こなしがおすすめです。

そもそもジャケットに合うデニムって?そもそもジャケットに合うデニムって?

左写真は、イタリアパンツらしい膝下から細くなるテーパードシルエットのデニムを使用しております。
対照的に右写真は、ストレートデニムを使用しております。
ジャケットとデニムの組み合わせのコーディネートでは、太めのシルエットのデニムをチョイスすることは、原則としてNGです。

無難にジャケット×デニムのコーディネートの着こなしをしたいときは、細いタイトなシルエットのデニムをチョイスしましょう。
細めのシルエットは、カジュアルダウンし過ぎることが無く上品な印象を与えジャケットとの相性が抜群です。

そもそもジャケットに合うデニムって?そもそもジャケットに合うデニムって?

ジャケットとの合わせでは、裾はノークッションからハーフクッションほどの裾の長さがオススメです。

ノークッションとは、名前の通り靴の甲に裾が当たらないの丈の長さを指し、ハーフクッションは、靴の甲に裾が触る程度の丈を指します。
短めの裾は、靴下がチラッと少し見え、足元をスッキリとした印象になり、脚長効果も期待出来ますよ。

ポイント

  • シンプルなデザインのデニムを選ぶべし。
  • シルエットはテーパードの効いたスリムなデニムを。
  • 裾は、ノークッションまたは、ワンクッションでロールアップもあり。

オススメデニムブランド

実際にジャケット×デニムスタイルに挑戦する際のデニムを選ぶポイントはお分かり頂けたと思います。

そこで、ここからはジャケット合わせるデニムを得意とするオススメブランドをご紹介していきたいと思います。

オススメのブランドは、「ヤコブコーエン/JACOB COHEN」と「トラマロッサ /tramarossa」です。
どのような特徴があるか深堀してみましょう。

ヤコブコーエン/JACOB COHEN

ヤコブコーエンは、イタリアのスタイリストが中心になって立ち上げた、職人業が光るデニムブランドです。
その実力が認められ世界中にファンが存在し、もちろん日本にも愛用者が多くいます。
そんな世界中のファンを魅了しているヤコブコーエンのデニムにはどのような魅力が詰まっているのでしょうか。

ヤコブコーエン/JACOB COHEN

ヤコブコーエンとは、1985年、イタリアのポンテロンゴ(パドヴァ)に所在しているスタイリスト集団、ディレクターNicola BARDELLE らによって設立されたパンツブランドです。
テーパードシルエットの美脚デニムを得意としており、構築的センスの魅力、足長効果のある美しいライン創りにて他とは異なる独創性を表現しており、日本メイドの生地を用いて作りだされています。

特徴

アイロンワーク
ヤコブコーエン/JACOB COHEN

先ほどのポイントで説明した通りジャケットに合わせるデニムで最も重要と言っても過言でない美しいテーパードのシルエット。
このシルエットを作り出す為にヤコブコーエンのデニムの工程には、「くせとり」という技術が施されております。

「くせとり」とは、型紙だけでは構築出来ない複雑な人間の体形に、アイロンで生地を変形させることによって身体に沿った美しいラインを作り出す為の工程です。
この「くせとり」という工程は、オーダーメイドのスーツなどで施されることが多く、体型にピッタリとフィットさせる為の技術です。

そのためカジュアルなアイテムであるデニムではほとんど見られません。
「くせとり」を施すことでたるみの無いシームを実現し膝の部分などに余計なシワが生じにくく美しいシルエットが実現されております。

ベルトピンフック
ヤコブコーエン/JACOB COHEN

お仕事に使うスーツのパンツやスラックスのフロント部分に小さな輪っかが付いていることにお気付きでしょうか?

この小さな輪っかは、「ベルトピンフック」と言い、名前の通りベルトのピンを通しパンツとベルトのずれを防いでくれる役割があります。

このベルトピンフックは、スラックス等でよく見る仕様で、デニムには珍しい仕様になります。
この仕様によりカジュアルなアイテムであるデニムですがより「テーラード感」が強まりますね。

ハラコパッチ
ヤコブコーエン/JACOB COHEN

ヤコブコーエンの代名詞とも言える「ハラコ」を用いたロゴパッチです。

ハラコとは、仔牛の皮を使用した素材を指し、財布や靴、バッグ等にも使用される素材です。
非常に柔らかくやさしい肌触りが特徴で、ハラコ特有の風合いも楽しむことができます。
希少価値が高く市場の出回ることが少ない素材で超高級素材とされております。

そんなハラコを、デニムの「顔」と言えるバックパッチに使用しております。
一般的に紙パッチやレザーパッチ仕様のデニムと差が付く1本となります。

ブランドのロゴ部分も刺繍やレザー、メタルなど様々な種類があり、1本1本に愛着が湧きます。

トラマロッサ/TRAMAROSSA

ジャケット×デニムスタイルに、欠かせない「テーパードシルエット」は、ヤコブコーエンだけではありません。

次にご紹介するブランドは、トラマロッサです。
ヤコブコーエンと比較すると日本での認知度は劣るものの本場イタリアでは絶大な支持を受けております。
そんなトラマロッサも多くの魅力を持ち合わせております。

トラマロッサ/TRAMAROSSA

トラマロッサとは、1967年イタリアはヴェネトにて誕生し、イタリア産のデニム生地をイタリア国内で、裁断・縫製、仕上げに至るすべての工程でMade in ITALYに拘っているブランドです。
本格的なサルトリア手法を取り入れ、トレンドでもある、ほど良いヴィンテージ加工を取り入れ、その美脚さはドレスジーンズの先駆け的存在となっております。

特徴

美シルエット
トラマロッサ/TRAMAROSSA

先程ご紹介させて頂いたヤコブコーエンと同様のテーパードシルエットが特徴のデニムブランドです。
また、ヤコブコーエンと比較すると裾巾が細くよりヒップから足に掛けてシルエットが出やすい印象です。
タイト目なジャストサイズが好みの方には、オススメの一本ですよ。

マーベルト
トラマロッサ/TRAMAROSSA

マーベルトとは、パンツの内側のウエスト周りにつく滑り止めパーツを指します。
ワイシャツがパンツからはみ出るのを防ぐ効果があります。

一般的には、シリコンやゴムを使用しておりますが、コットンスレーキを使用したものも存在します。
この仕様もタックインするスラックスに多く見られます。
この仕様を取り入れたデニムは珍しくジャケット×シャツ×デニムスタイルにピッタリの1本です。

イニシャルピン
トラマロッサ/TRAMAROSSA

オーダーメイドではなく既製品で自分のオリジナル感を演出出来ればいいなと思ったことはないでしょうか?
そんな思いを実現してくれるデニムこそトラマロッサなのです。

トラマロッサのデニムは着用時、右ポケットのコインポケットにイニシャルプレートを付けることが可能です。
例えば、「TARO HAYASHI」だと「T H」のように自分の名前のイニシャルを付けることがオリジナル感が増し特別な一本になること間違い無しです。

赤耳
トラマロッサ/TRAMAROSSA

ブランドネームである「トラマロッサ」とは、イタリア語でTRAMA(トラマ)は「耳」、ROSSA(ロッサ)は「赤色」と言う意味に由来があります。
裾をロールアップした際に見える赤耳も特徴の1つでもあります。

最後に

今回は、ジャケットに合わせるデニムのポイントやオススメブランドをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ジャケットに合わせるデニムのポイントは、

  • シンプルなデザインのデニムを選ぶ
  • シルエットはテーパードの効いたスリムなデニムを
  • 裾は、ノークッションまたは、ワンクッションでロールアップ

この3点のポイントを抑えて頂くと簡単にジャケット×デニムスタイルを楽しんで頂けるはずです。
是非、チャレンジしてみて下さい。

Pocket
LINEで送る