実は夏より紫外線が強い冬!アイウェア(サングラス)で紫外線対策&オシャレを!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

今年の冬の天気は異常な事が多いですよね。特に、都心でも雪が積もるほどの大寒波が襲来し、交通機関の乱れが相次ぎました。また、普段雪に慣れている雪国でも、電車に立ち往生するという事故が発生して、ニュースになりましたよね。それほどすごい雪ですが、ウィンタースポーツをされる方にとってはとてもありがたい出来事であるとも言えます。

実は、紫外線は夏よりも冬のほうが強いと言われており、しっかりケアしないと冬でも日焼けしてしまいます。また、日焼け以外にも意外と眩しくて目がくらんでしまうことがあります。紫外線対策としてTPOに応じてアイウェアをしっかり装着してを冬のファッションも楽しんでほしいですね。

そこで今回は、冬のコーディネートに取り入れたい、アイウェア(サングラス)について紹介します。

冬こそ重視したい!おすすめのアイウェアを紹介

アメカジにちょい足しサングラス!

アメカジにちょい足しサングラス!

出典:wear

まずはじめに紹介するのは、ライトな着こなしが可能で、ちょっとしたお出かけにもぴったりなアメカジスタイルを紹介します。冬のちょっとしたお買い物などで困るのが、アウターですよね。重厚なコートを着るまでもないにしても、寒さをしのぐスタイルを取り入れたいところですが、この例ではフルジップパーカーにブルゾンをレイヤードして、軽さをキープしつつも保温性を確保しています。どうしても着膨れしてしまう冬のファッションシーンで、これだけすっきりした着こなしができるのは良いですね。

そこに、ラインパンツをコーディネートして、スポーティーな印象を強調しています。更に、ベースボールキャップとサングラスの組み合わせにより、更にリラックスしたスタイルを実践していますね。このサングラスはMELLERのサングラスですが、癖がなく様々なファッションスタイルにも適合させやすいのが特徴です。

大人の男性が少しラフに休日を楽しむ、そんなスタイルとしてこのサングラススタイルをおすすめします。


寂しくなりがちな冬のファッションに彩りを!

寂しくなりがちな冬のファッションに彩りを!

出典:zozo

冬ファッションは、カラーリング的にどうしても落ち着いたものが多くなりますよね。逆に、明るめのカラーリングのアイテムを着ていると浮いてしまうのも事実ですが、全身を重めのカラーリングで統一するよりは、どこかでハズしの要素で色合いがほしいところです。ただ、過度に派手なものは避けたい・・・そんな時におすすめなのが、ミラー系のサングラスです。

このサングラスは、日本が世界に誇るサングラスブランドである金子眼鏡のアイテムです。ボストン型メタルサングラスとなっていて、反射率が高いのでブラックカラーながらも光沢があり色味を持たせてくれます。JIS T8147の光学的性能の要求事項を満足したレンズですので、あらゆる紫外線から保護してくれるのです!どこか文豪的な雰囲気を味わえ、ブリッジ模様は落ち着いた印象を与えることができますね。

このコーディネートでは、明るめのカラーリングのアウターとコーディネートしていますが、サングラスによって逆にシックなイメージを強調することに成功しています!

顔立ちをシャープに見せるサングラス!

顔立ちをシャープに見せるサングラス!

出典:zozo

サングラスは、単に目を保護するだけのアイテムではなく、顔立ちの印象を変えることができるアイテムでもあります!どうしても日本人は彫りが浅い顔立ちなので、サングラスが似合わないケースも多いのですが、自分にぴったりなアイテムを見つけることができれば小顔効果も発揮するのです!冬のファッションは厚着になる分、余計に顔立ちをシャープに見せたいところです。

その点で、このWjkのサングラススタイルがおすすめです。ベーシックなボストン型をチョイスすることで、癖がなく着用しやすいのが特徴です。日本人にもピッタリ合いやすいサイズ感も魅力ですね。その中で、正面から見える飾り鋲とテンプルに見える鋲を配置し、個性的なアイテムでもあります。日本鯖江産の素材を使用しているので、耐久性も高くヘビーローテーションにも耐えてくれますよ。

このコーディネートでは、サングラス×ニットキャップという鉄板コーディネートを採用しています。これにより、より顔立ちがシャープに見えてかっこいいですね。

ジャケパンスタイルに映えるサングラス!

ジャケパンスタイルに映えるサングラス!

出典:でらでら

手軽に落ち着いた男性のイメージをアップさせることができるのが、ジャケパンスタイルです。ただ、最近ではジャケット×スラックスのスタイルではなく、スポーティーなボトムスをチョイスするのがトレンドです。この例でも、ドレススウェットパンツをチョイスして、スポーティーなイメージを与えることに成功しています。

また、よりカジュアルさを強調するかのように、ピエール・ルイ・マシアのストールをコーデしています。このピエール・ルイ・マシアのストールにマッチさせるかのように、ド派手はブルーカラーが印象的なサングラスが目を引きます。全身は比較的冬っぽいカラーリングでまとめている中で、高い存在感を示していますね。

足元はノーソックスでちょっとくるぶしを見せるちょいワルスタイルも実に魅力的です。ダンディなイタリアンスタイルにあこがれている人は、こんなスタイルがおすすめですよ。


ロックテイスト全開のスタイルにサングラス!

ロックテイスト全開のスタイルにサングラス!

出典:でらでら

幅広い男性に人気のスタイルとして、ロックテイストです。全身をモノトーンで統一して、アウターにはライダースジャケットで決め込んで、ちょい悪オヤジスタイルとはまた違ったラフさを演出することができます。このコーディネートでも、全身をこれでもか!と言わんばかりにブラックで統一して、ぶれないスタンスを見せています。

そこに、TOM FORD(トムフォード)のブルーミラーレンズがぴったりマッチしています。メタルフレームのガンメタリック色と混ざり合うことで、非常にバランスが取れたアイテムであると言えます。機械的なクールな印象があり、色合いの淡さや暖かみとは相反する不思議な魅力のあるサングラスに仕上がっています。

アビエイター(飛行機の操縦士)を意味するモデル名を採用しており、ティアドロップ型で非日常的なスタイルにもピッタリ合います。存在感抜群で、サングラスをベースにコーディネートを組み立てたくなるほどの魅力を感じます。

最後に

いかがでしたでしょうか?冬もサングラススタイルが映えるというのが、今回ご理解いただけたかと思います。サングラスをするのはちょっと・・・と躊躇されている方は、是非勇気を持って一歩踏み出し、サングラスでドレッシーなファッションにチャレンジしてほしいですね!また、紫外線をシャットアウトする意味でも、より機能的なアイテムをチョイスすることをおすすめします。

Pocket
LINEで送る