一手間でワンランクアップ!イケてるネクタイとシャツの合わせ方!

出典:Men's FashionSnap Freak 

Pocket
LINEで送る

秋冬のビジネスシーンでは特にネクタイにこだわりたいですよねそもそも、ネクタイをしていると首元がぐっと締まるので、外気をシャットアウトすることができるので、保温という観点でも高い効果を発揮しています。ファッションという意味合いではなく、寒いからネクタイを締めて暖かさをキープするという方も多くいらっしゃいます。

そんなネクタイですが、ネクタイばかりに気を取られてコーディネートするシャツを疎かにしがちな人が多いのが実情です。確かに、シャツはジャケットやアウターを着用していると、一部しか見えないので多少手を抜いてもバレない!という意識の方が多いのです。ただ、これはファッションコーディネートという観点で言えば非常に勿体無いことで、シャツにこだわりを見せればより上質なファッションを楽しめます。

もちろん、シャツとネクタイとのマッチングという点にも最大限考慮したいですね。そこで今回は、一手間加えればよりおしゃれに見せることができる、シャツとネクタイのコーディネート術について紹介します。

ネクタイとシャツのコーデ法を研究しよう!

ストライプシャツに無地ネクタイでシンプルに!

ストライプシャツに無地ネクタイでシンプルに!

出典:jedia

まずはじめに紹介するのは、様々なネクタイにピッタリ合うストライプシャツと無地のネクタイのコーディネートです。お互い癖が無いので、マッチさせやすいのは当たり前と言えますが、その中で、ただの無地ネクタイでは少し面白皆がなくなってしまうので、ゴージャス感があるネクタイをチョイスすると、よりファッショナブルなスタイルを実践できます。

このスタイルでは、ブルー系のストライプシャツにチャコールのネクタイをチョイスしています。これは、色相環で言えば同系色に位置するカラーリングの組み合わせです。同系色で組み合わせればキレイ目なスタイルを実践できるのが特徴です。更に、FRANCO BASSI(フランコバッシ)のこのネクタイは上質なサテンシルクを採用することで、より気品あふれるスタイルを実践できています。

スムーズなタッチが楽しめますし、Vゾーンに端正な佇まいを演出してくれるのが良いですね!ビジネスシーンだけでなく、オフシーンでも大活躍間違い無しの組み合わせとしておすすめできます。


存在感抜群なネクタイをしたいならホワイトのシャツで!

存在感抜群なネクタイをしたいならホワイトのシャツで!

出典:jedia

レコードの場合、ジャケ買いという観点で購入することがありますが、ファッションでもコーディネートを度外視してデザインだけを気に入って購入したくなることがあります。そんな個性的なネクタイを使用したコーディネート方法として、ホワイトのシャツと合わせるという方法があります。ベタすぎるイメージがあるかもしれませんが、お互いの良い点を引き出す実に有効的なコーデなのです。

この例では、無地のシンプルなホワイトシャツに、FRANCO BASSI(フランコバッシ)のソリッドタイをコーディネートしています。柄こそありませんが、このベージュの発色の美しさには惚れ惚れしてしまいます!どうしても秋冬のファッションはカラーリング的に落ち着いたものが多くなる中で、こんなカラーリングのアイテムをチョイスすると映えますよね!

このネクタイはカラーバリエーションが多く、ラベンダーといった個性的なカラーリングもラインナップしています。ホワイトシャツを固定して、色違いでコーディネートを楽しむのも良いですよ。

柄物同士のコーディネートも意外に合う!

柄物同士のコーディネートも意外に合う!

出典:TIE STATION

ファッションの大鉄則として、柄物同士の組み合わせはバッティングするので避けるべし!というものがあります。柄が入っているということは、存在感を持たせる目的があるので、存在感があるもの同士で組み合わせれば喧嘩してしまうのは当たり前とも言えます。ただ、コーディネートの仕方次第では、柄物同士でも上手く共存できるだけでなく、お互いの良さを引き立てることができるのです。

その方法とは、大きな柄のものと小さな柄のものを組み合わせる方法です。この例では、少し幅が広いストライプ柄のシャツに対し、小さなドットのネクタイをコーディネートしています。同系色に近い組み合わせにより、スタイリッシュなスタイルとなっていますね。ドット柄のネクタイは、ビジネスシーンではなるべく小さなものが好まれますので、必然的にシャツは大きめなストライプをチョイスするのが良いでしょう。

クアトロフォールドハンドメイド仕様の採用により、独特なふんわりした手持ち感と生地がいつでもピシッとした状態をキープできる点も良いですね。

ブルーシャツにコントラストカラーのネクタイを!

ブルーシャツにコントラストカラーのネクタイを!

出典:でらでら

ホワイト以外の単色シャツは、どんなネクタイをコーディネートしてよいか悩むところです。単色のシャツの中でも、ブルー系を好む方が多いのですが、そのブルーシャツに是非コーディネートしてほしいのが、濃い色合いのストライプネクタイです。濃淡差を印象付けることにより、より存在感を示すことに成功するのです。

この例では、BONSER (ボンサー)のカジュアル寄りながらもビジネスシーンでも着用できるシャツをチョイスしています。ゆったり目のサイズですが、着丈は短めにしているのでタックインしても良いですし、タックアウトしてもおしゃれに着こなしが可能です。そこに、ULTURALE(ウルトゥラーレ)のボルドーレッドにネイビーのトラッドな色合いが印象的なネクタイが実によく映えています。
(ULTURALEの詳しい解説はこちら)

ULTURALE(ウルトゥラーレ)では、カラーセラピーという発想があり、カラーコーディネートをより意識したアイテムが多いのが特徴です。このコーディネートのような考え抜いた組み合わせをぜひ実践してほしいですね。


カラーリングは3色まで!

カラーリングは3色まで!

出典:zozo

シャツとネクタイをコーディネートする上で、是非覚えておいてほしいのがカラーリングの種類です。基本的に、合わせて3色までに抑えると色同士が喧嘩しあうことなく、上手くコーディネートすることができます。このコーディネートでは、マルチストライプ柄が印象的なCricket(クリケット)のネクタイをメインとしています。

ビジネスシーンに自信と気品を与えるデザインが印象的ですよね、100%日本国内で生産しており、生地はイタリアから厳選したものを仕入れているので、ハイクオリティなアイテムに仕上がっています。そこに、同色のクレリックシャツをチョイスして、少しカジュアルながらもビジネスシーンで使用できるコーデを実践しています。

このコーディネートのような、若さもアピールできるアクティブなスタイルも良いですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?シャツとネクタイの組み合わせは、実に多彩で数多くのスタイルがあります。各々の特徴を活かしつつ、更におしゃれにコーデするのは決して簡単なことではありません。ただ、今回紹介したスタイルを実践できれば、今よりワンランク上のスタイルを目指すことができるのは間違いなしですよ!

Pocket
LINEで送る