世界的ニットメーカー「ZANONE(ザノーネ)」の卓越したニット!糸と製造工程の秘訣を解明!

出典:farfetch

Pocket
LINEで送る

私たちが何気なく着用しているファッションアイテムは、実は多くの人が知恵を集結して、更に研究を重ねて作り上げているのをご存知でしょうか?アプローチ方法も様々で、より安価で仕立てるために新しい素材を研究開発したり、よりおしゃれに見せるために新しい製法を作り出すなど、私たちが知らないところで多くのリソースが割かれて、それが実を結んでいるのです。

ニット界では、ZANONE(ザノーネ)というブランドが多くのテクノロジーを持ち込んで、私たちの生活をより豊にしてくれているのです。糸一本から、強いこだわりを持って製造しています。ただのニット製造ブランドではなく、マテリアルの部分からこだわることにより、世界的なブランドとして認知されているのです。

そこで今回は、ZANONE(ザノーネ)の卓越したニットがどのように生成されているのか、製法や製造工程などの秘密も合わせて紹介します。この記事を読めば、よりZANONE(ザノーネ)のニットが欲しくなること間違いなしです!

糸へのこだわりが半端ない!ZANONE(ザノーネ)の真髄を知ろう

どのような糸があるの?

どのような糸があるの?

出典:B.R.ONLINE

ZANONE(ザノーネ)がこれだけ世界的に有名なのは、やはり糸へのこだわりが強いためでしょう。創業当初から積み重ねられたノウハウを余すところなく注入し、フレックスウール、アイスコットン、カシミアシェードなどでその名を轟かせています。自分の思い描く糸を作り出すことで、更にアイテムをデザインする際に自由度を上げることができます。

こちらのアイテムは、アイスコットンを余すところなく使用したニットジャケットです。手触りがしゃりっとすることからアイスコットンと命名されているのですが、涼しくてシワになりにくいのが特徴です。6ボタン、ナローなラペル、ポケットは腰位置のみという、無駄を排除したデザインを採用し、更に肩幅、スリーブなど全体的にスリムなフィッティングを実現できます。

編み地は12ゲージを採用していますが、ドライタッチでスムーズな肌触りで、更に伸縮性もキープしているのが良いですね。このコーディネートのように、インナーにニットを合わせてもかっこいいですね。


特に人気が高いのがハイゲージニットカーディガン

特に人気が高いのがハイゲージニットカーディガン

出典:ZODIAC

ZANONE(ザノーネ)の中でも、ハイゲージニットカーディガンが特に高い人気を誇っています。CARDIGAN Sweaters V-Neckと呼ばれるこのモデルでは、毛羽立ちが少なく独特な滑らかさがあるヴァージンウールを100%使用しています。ニットのウィークポイントである、チクチク感が少ないので、抜群な着心地を確保しています。

細かく編まれたニット生地については、美しい生地感に高い保温性と伸縮性も高いレベルで実現しています。デザイン的には至ってシンプルなのですが、フロントのネックの広さや袖、裾の細いリブに強いこだわりが見てとれます。全体的に細身のキレイなサイジングに着丈を短めに設定した、今のトレンドを抑えたスタイルを採用している点にも注目です。

オフスタイルだけでなく、ビジネスシーンでも使いたくなるおしゃれな逸品です。このコーディネートのように、無地Tシャツにさらっと羽織るように着てもイケてますね!

独特なデザインのスキッパーポロシャツ

独特なデザインのスキッパーポロシャツ

出典:BEAMS

ZANONE(ザノーネ)では、独特なデザインのアイテムも魅力的に感じます。奇抜というわけではなく、実用的でコーディネートに取り入れやすうものが多いのが良いですね。このアイテムは、スキッパーポロシャツと呼ばれるデザインを採用しています。ポロシャツのような襟のデザインでありつつも、インナーとしても活躍する適用力の高さがあります。

肌触りが良いメリノ100%のヴァージンウールを使用しているので、薄めのインナーを着てもチクチク感を軽減しています。見た目以上に厚みのあるデザインなので、秋冬でも着こなしやすいものとなっています。適度なストレッチ感もあり、ワンサイズ小さめなものをチョイスして、綺麗なボディラインを出すこともできますよ。

コーディネートとしても、この例のようにジャケットのインナーに着込んでも良いですし、コーデュロイやツイード素材のアイテムと合わせても、今風のスタイルを実践できそうです。

存在感のあるタートルネックが良い!

存在感のあるタートルネックが良い!存在感のあるタートルネックが良い!

出典:guji

今シーズンはタートルネックがブームとなっています。ただ、以前のような如何にもタートルネックというような厚みのあるものではなく、スタイリッシュな首元を演出できるアイテムが人気となっています。その中で、ZANONE(ザノーネ)ではあえて昔ながらのタートルネックをラインナップして、存在感を示しています。

このタートルネックは、ZANONE(ザノーネ)の定番タートルネックからヤク混で強めのメランジ発色ローゲージを強調したモデルとなります。適度なボリュームを確保して、暖かさはあるのは当然のことながら、コーディネートしやすさもキープしています。この例では、サラッと一枚で着こなしていますが、アウターにコートなどを羽織ると、また違ったおしゃれを実践できます。

袖に頑丈さを与えることで、長い間愛用できる逸品です。ハイネックにして、更に首元からインナーのシャツを出すという高等テクニックも楽しめますよ。


スウェットにもZANONE(ザノーネ)らしさを!

スウェットにもZANONE(ザノーネ)らしさを!

出典:guji

スウェットというと、ニットとはまた違うジャンルのアイテムと認識されていますよね。その中で、ZANONE(ザノーネ)が手がけるこのアイテムは、エレガントさがあるスウェットという、新しいジャンルを開拓した名作です。スウェットの持つスポーティーさも失うことなく、エレガントなエッセンスを入れているのがすごいですね。

ハイセンスな糸使いや色出しの絶妙さ、タイト過ぎず気持ちゆとりのあるシルエットを出すこのアイテムは、トータルのバランスもしっかり考えたものとなっています。アメカジっぽくワンサイズ大きめのものをゆったり着込んでも良いですし、ジャストサイズでコーディネートしてもかっこいいですね。

イタリア的な上品さや色気をベースにした上質感がひしひしと伝わってくるこのスウェットは、上品なファッションで程よい抜け間を演出するに最適です。このコーディネートのように、シンプルなスラックスなどとコーデして、大人の休日スタイルを実践するのも良いですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?ZANONE(ザノーネ)のこだわりは、素材からもデザインからも色濃く感じられます。ZANONE(ザノーネ)のアイテムは決して安くないのですが、価格以上の満足度を得ることができるのは間違いありません!ニットはチクチクして嫌だ・・・という方でも、ZANONE(ザノーネ)なら満足して着こなすことができるはずです。

Pocket
LINEで送る