デニムのコーデをワンランクアップ!オールシーズン活躍するデニムをうまく着こなそう!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

デニムほど、生活に根付いているマテリアルってなかなか無いですよね!あらゆるシーンで活用されており、年齢や性別も全く関係ないというのがすごいですよね。かつては作業着という側面が強くあったものの、いつの間にか生活に根付いただけでなく、フォーマルシーンでも活用できるアイテムも誕生して、私たちにとって欠かせないものとなっています。

デニムアイテムの場合、オールシーズン活用できるという点も魅力的です。季節に関係なく、様々な形でファッションコーディネートに取り入れることができるのがすごいですね。夏も蒸れにくく、冬も暖かに着用できる夢のような素材です!更に、デニムの最大の魅力としては頑丈性が高い点です。これもあって、作業着に活用されていたという側面もありますよね。

今回は、オールシーズン活用できるデニム素材のアイテムの中で、コーディネートをよりレベルアップできるものを厳選して紹介します。

これぞデニムの真髄!イケてるデニムアイテムを紹介

無垢のデニムで人と差を付ける!

無垢のデニムで人と差を付ける!

出典:jedia

ここ数シーズンのトレンドアイテムとして、デニムシャツがあります。適度に色落ちして、カジュアルに着こなすことができるのが魅力的です。ただ、あくまでもアウターとして着用することを目的としており、インナーとして着こなせるデニムシャツがあると更にコーディネートに幅をもたせることができます。そこでオススメなのが、このBagutta(バグッタ)のデニムシャツです。

Bagutta(バグッタ)は、Cit(チット)社が手がけるシャツブランドです。ハイクオリティなシャツ作りには定評があり、多くのファンを獲得しています。そのBagutta(バグッタ)が自信を持って提供しているのがこのデニムシャツです。インディゴのダンガリー生地に、前立てを付けてカジュアルなテイストを入れて、とてもかっこいい逸品に仕上げています。

日本人の体型に合うようなデザインで、スリムフィットなのでボディラインを綺麗に見せることも可能です。セミワイドカラーの採用により、ドレッシーな着こなしも可能です!秋冬はインナーとして、初夏はこれ一枚で着こなしても良いですよ!


パッチワークのGジャンもオススメ!

パッチワークのGジャンもオススメ!

出典:zozo

デニムシャツも良いですが、Gジャンにも改めて注目したいですよね。もちろん、各ブランドでもデニムシャツの流行とともにGジャンも多くラインナップさせています。かつてのGジャンは、大きめのボタンを付けたりして、デニムパンツのテイストをそのままジャケットに仕立てたものが多く見られましたが、最近ではシャツに近いジャケットスタイルが流行しています。このVANQUISHのGジャンは、パッチワーク風に仕立てたアイテムであり、カジュアルな着こなしが可能です。

実は、部分的に色落ちさせ、レーザー加工で生地の縫い目かのような切り替えを付けることにより、擬似的にパッチワーク風に仕立てているのです。さらに、ウォッシュ加工により随所にダメージ加工を加えることでヴィンテージ感を際立たせています。一見すると癖が強いイメージがあるのですが、意外とどのようなスタイルにもマッチしやすいアイテムとなっています。

このコーディネートのように、アウターとしてインナーをチラ見せしてレイヤードに着こなしても良いですし、夏場は腕まくりしてサラッと着こなすのも良いでしょう。

ジャケットもカジュアルに!

ジャケットもカジュアルに!

出典:jedia

デニム素材のジャケットも、是非ともコーディネートに取り入れたアイテムのひとつです。ジャケットというと堅苦しくなりがちですが、デニム素材であれば気兼ねなくコーディネートできるのが良いですね。このgiannetto(ジャンネット)のジャケットも、シャツに近いテイストとなっていて、ちょっとしたお出かけにも羽織りたくなりますよね。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)

giannetto(ジャンネット)では、イタリアンサルトの技術をベースに、厳選した素材やハンドメイドの工程を駆使して製造しています。このシャツからも、シャンブレー生地を上手く仕立てているのが見てとれます。全体的にタイトフィットなサイズを採用して、ウェストの位置は高めの位置からスリムにデザインしています。これにより、体に上手くフィットして、綺麗なラインを形成することができます。

美ジーンズがかっこいい!

美ジーンズがかっこいい!

出典:でらでら

デニムパンツは、ジャンルとしてはダメージ加工を適度に入れてラフに着こなすことができるものと、フォーマルに着こなしできるものがあります。その中で、このtramarossa(トラマロッサ)のデニムパンツは丁度中間のテイストを入れたアイテムとなっています。要所要所に様々なギミックを入れて、履いていても楽しくなるアイテムに仕上げています!
(tramarossaの詳しい解説はこちら)

LEONARDO(レオナルド)というモデル名で、サイズ平均23cmとスーパーローライズをボタンフライで留める、スリムテーパードなデザインが魅力的です。特に、膝から下が急激にスリムになるデザインを採用していて、スリムデニムでありがちな履きにくさも解消しています。カラーリングは、3年後をイメージしてハンドメイドで色落ちさせている、手の込んだアイテムでもあります。

このコーディネートのように、カジュアルな着こなしつつもレザーシューズと合わせていますね。どんなアイテムとも融合する、許容力の高さも魅力的です。


ジャケットにコーデできるデニムパンツ!

ジャケットにコーデできるデニムパンツ!

出典:でらでら

ジャケットにもコーディネートできるような、フォーマルなデニムパンツがあると、よりコーディネートを容易に行えます。特に、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)はほとんどのアイテムをジャケットに合わせることを意識してデザインしています。そのJACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)の中でも、ダントツな人気を誇るのが622です。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)

622はローライズのスリムシルエットを採用しています。お尻の包み込みの深さをキープして、渡りでの持ち上がりやポケットの大きさや位置とヒップラインを美しくみせることができます。これだけ考え抜かれたデザインもとても珍しいですよね。マーベルト裏での滑り止めとして、織りタグを多用しているので、シャツをタックインしても綺麗に収納できる点がすごいですね!これも、ジャケットとのコーデを意識してのデザインなのでしょう。

このコーディネートでは、ステンカラーコートとコーデしていますが、まるでスラックスを履いているかのようなフォーマルなコーデとなっていますね。

最後に

いかがでしたでしょうか?デニム系のアイテムは、他にもまだまだあります。それだけ、生活に欠かせないアイテムであるといえます。オールシーズン使い回せるものが多いので、ぜひお気に入りの逸品を見つけて、コーディネートのローテーションに加えてみてほしいですね。

Pocket
LINEで送る