これ1着で冬を乗り切れる!?オンオフ兼用アウター特集!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

師走になり、本格的に寒い日も増えてきています。雪が降る日も少なくなく、体調管理を行う上でも防寒具にはこだわりたいものです。もちろん、暖かさだけでなくファッション性が高いものをチョイスして、快適さとおしゃれさをキープした冬ファッションを展開したいですね。ただ、使用するシーンもしっかり選びたいのも事実です。

冬向けのアウターは、他のファッションアイテムと比較して高価な物が多いのが事実です。その中で、あまりに使用できるシーンが限定されてしまうと、せっかく購入したものを有効活用できるとはいえません。可能であれば、オンでもオフでも使いまわせる、機転の効くアウターをチョイスすると、とても便利ですよね!

そこで今回は、オンでもオフでも兼用できる、万能なアウターについて紹介します。アウター選びは今からでも間に合いますので、しっかりと吟味して自分好みのアイテムをチョイスしてほしいものです。

オンオフで使いまわせるアイテムが便利!こんなアウターがオススメ

セクシーさもある!ドレッシーなツイルコート

セクシーさもある!ドレッシーなツイルコート

出典:jedia

今シーズンも注目したいのが、ツイルコートです。生地自体の暖かみが魅力的ですが、見た目もラグジュアリーさがありビジネス使いすると一目置かれるのは間違いありません。そんなツイルコートの中でも、このTAGLIATORE(タリアトーレ)のアイテムはオフスタイルでも使用できる工夫がなされているアイテムに仕上がっています。

TAGLIATORE(タリアトーレ)は、イタリア語で「裁断士」を意味します。卓越したカッティング技術により、ドレッシーなフォルムを出すのが得意なブランドです。ただ縫い合わせているだけでフォルムを綺麗に出すことができていますし、更にベルトを付けることで締め方次第で様々な着こなしが可能です。タイトなフォルムにして、よりボディラインを強調するのも悪くありませんね。

丁度膝にかかるかどうかのセミロング丈というのも、今シーズンのトレンドをしっかりと押さえていますね。このコーディネートでは、ジャケットの上に着込んでいますが、着膨れすることなく着こなせるのが良いですね。


すっきりしたデザインが魅力的なチェスターコートも良い!

すっきりしたデザインが魅力的なチェスターコートも良い!

出典:jedia

ボディラインを強調するコートもかっこいいですが、ストレートなフォルムが印象的なチェスターコートもオンオフで使いまわせるアイテムとしておすすめです。特に、スニーカーなどのカジュアルなアイテムとの相性が抜群に良く、多少オンを意識したフォーマルなアイテムを選んでも、十分オフスタイルに対応できます。

こちらのアイテムは、アウターのブランドとして完全に定着したHERNO(ヘルノ)のチェスターコートです。HERNO(ヘルノ)では、ナイロン系の素材をベースとしたアウターに固執していました。最近では、原点回帰してウール素材をベースとしたアイテムをデザインする方針を打ち出していますが、そのフラッグシップとなるのがこのコートです。
(HERNOの詳しい解説はこちら)

もちろん、培ったナイロンのノウハウを捨てることなく、このコートでも毛並みの美しいウール×ナイロンのメルトン生地を採用して、美しさを強調しています。撥水性の高さも魅力的で、冬の悪天候でも活躍することは間違いありません。インナーとしてダウンジャケットのようなスタンドカラーデザインの素材があり、オフスタイルではスタンドカラーにしてカジュアルに着こなしが可能ですよ。

ダウンコートもHERNO(ヘルノ)ならドレッシーに着こなし可能!

ダウンコートもHERNO(ヘルノ)ならドレッシーに着こなし可能!

出典:B.R.ONLINE

ダウンコートというと、カジュアルに着こなすイメージが強いアイテムです。ただ、HERNO(ヘルノ)がデザインすると、高級感あるイケてるダウンに大変身します。このアイテムも、DROPGLIDEカシミアシルクフランネル生地を余すところなく使用しており、見た目からもフォーマルさを感じさせるアイテムになっています。

見た目だけでなく、肌触りもとても良く着心地が抜群です。それでいて、撥水性もしっかりとキープしているのも特徴的です。そこに、発色が素晴らしいブラウンカラーを採用して、更にラグジュアリー感を強調しています!ダウンコートの場合、ボリュームが最も気になるのですが、HERNO(ヘルノ)のアイテムは総じて適度なボリュームを採用して、コーディネートしやすいのが特徴です。

シャープなシルエットが魅力的で、このコーディネートのようにインナーに厚手のニットを着込んでもシルエットの綺麗さをキープできます。カジュアルなパンツにレザーシューズとのコーデにもマッチしていますし、フードも更にカジュアルさを引き立てる効果を発揮していますね。

ポリエステルを使用して撥水性を更に高めた!

ポリエステルを使用して撥水性を更に高めた!

出典:zozo

冬の悪天候時では、傘を使用しても意味が無いことが多々あります。特に、風が強い日は傘をさすことすらままならないこともあります。そんな時に、如何に雨風から体を守ることができるアウターであるかが重要になります。その点で、このPYRENEX×EDIFICEのアウターは抜群の撥水性をキープしたものとなっています。

高密度に織られたコットン×ナイロンのギャバジンを使用しており、ポリウレタン膜を内側に貼る加工を更に施すことで、多少の雨風なら問題なく凌ぐことができます。ジャケットの上から羽織ることをイメージした立体的なデザインを採用し、更に着丈はセミロングレングスでジャケットの裾が収まるように設計しているので、ビジネスシーンでも使いやすいものとなっています。

フード廻りにはラクーンと呼ばれるアライグマの毛皮を使用し、繊細ながらボリューム感が魅力となっています。ビジネスシーンでは少し派手に感じる場合は、取り外して使用することも可能です。


キルティングジャケットをカジュアルに着こなす!

独特なダイヤモンド型のデザインが印象的なのが、キルティングジャケットですよね。シックな中にも、このデザインのおかげでカジュアルさも上手く強調することができるのが魅力です。このアイテムは LAVENHAM(ラベンハム)というブランドのキルティングジャケットです。 LAVENHAM(ラベンハム)は、乗馬用具メーカーでありつつも、おしゃれなファッションアイテムを提供する異色のブランドです。

軽くて丈夫、更に保温性に優れているので、様々なシーンで大活躍します。細身にデザインされていますが、余裕があるのでインナーに着込んでもスッキリしたフォルムを作り出すことができます。フード付きのデザインですが、非常にコンパクトに設計されているのでビジネス使いでも違和感なくコーディネートが可能です。

このコーディネートでは、オフスタイルを意識してインナーにチェックシャツやジレなどを合わせていますが、細身なデザインをキープできていますね。コストパフォーマンスの高さも魅力的で、一着持っておくととても便利ですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?アウターにも様々な種類がありますが、使い回しが効く万能アイテムを今回は紹介しました。いくら高級でイケてるアイテムをチョイスしても、結局着用する機会が少なければ意味がありません。その点で、今回紹介したアイテムは、コストパフォーマンスに優れており、この冬からローテーションに加えてほしいものばかりです!

Pocket
LINEで送る