30.40歳代の大人が選ぶべきプレミアムダウン【ヘルノ/Herno】に注目!

出典:HERNO

Pocket
LINEで送る

出典:HERNO

年齢を重ねるごとに、体型はもちろん趣味趣向も変わってきますね。
筆者自身三十路ロードに突入しており、それを身をもって実感しているわけですが、今回はまさにそんな大人としての渋み増す30・40代の男性が選ぶべき冬ダウンにプレミアムなダウンとして名を上げる【ヘルノ/Herno】をご紹介させて下さい。

まずもってヘルノってどんなブランドなんだ?
ということがあると思いますのでそこからご紹介を。
『ヘルノとは?』
ヘルノは1948年にジュゼッペ・マレンツィさんによって創業されました。

出典:LA STAMPA

ヘルノの創業地レーザは、イタリア北部マジョーレ湖畔に広がる街で、その周辺は湿度が高く雨模様が続く地域です。
ジュゼッペはヘルノ創設の前職でレインコートを製造する会社に勤めていたこともあり、この地域柄必要とされる良質なレインコートを作ることに繋がっていったんです。
さらに『ヘルノ/Herno』のブランドネームの由来自体は工房の近くを流れるヘルノ川からきており、ヘルノの創業に水というキーワードはとても密接に関係しているのです。
そしてヘルノは今も変わらず創業当時のレーザの地で生産を続けているわけです。
ヘルノの根本は実に地域に根ざしたところにあったんです。

出典:HERNO

さてその後世界各国へと展開していくヘルノは、その技術力の高さを買われアルマーニ、プラダ、ルイヴィトンラルフローレンやジルサンダーなどの一流ブランドから生産を委ねられるまでに至ります。
そしてそして、次の世代へと息子クラウディオさんへと移り変わり今に至るわけですね。
ちなみにクラウディオさんと言えば、クラシコイタリア協会のPresident、さらにはあのPitti Uomo(ピッティウオモ)のVice Presidentまでも務める、ファッション業界の重鎮です!

出典:Corriere Sociale

さてヘルノのブランドヒストリーはここまでにして、ヘルノがなぜ今人気を集めているのか?
その特徴に目を向けてみましょう。

出典:B.R.SHOP

ヘルノがプレミアムダウンとして名高い理由には、妥協のない素材選びがあります。
カシミアやシルク、さらに自社開発に力を注ぎ高品質な素材選びがダウンという本来のアウトドア感を全く感じさせない大人のアウターへと様変わりさせるのです。

出典:jedia

さらにダウンはどうしてもその防寒性重視のため、ボリューム感が出てしまい着膨れしてしまうのが難点でしたが、ヘルノはそれをただスリムなシルエットにすることで解決するのではなく、中にジャケットを着ても着心地を保ったまま、外見のシルエットの美しさスリムさを実現したのです。
これが他にも細見ダウンはあれど、ONスタイルにもお洒落に着こなすことができるダウンとして名を上げた理由です。
現にONスタイルでスーツ上にでも着れるプレミアムダウンとしてヘルノは絶大な人気を誇っています。
もちろんジャケットを着ていない状態でのカジュアル仕様にも難なくはまります!

ラグジュアリーさと機能性、そしてさらに美しさを兼ね備えるヘルノ。
皆さまにはこれからヘルノを選ぶ上で、ぜひ抑えておきたい人気モデルやヘルノだからこそ実現したコラボモデルなどを最後にご紹介します!

出典:ginlet

『ポーラテック/POLARTEC』
ヘルノの使用するポーラテックの特徴は、「ウォータープルーフによる撥水性」「マイナス20度まで耐える保温性」と撥水&防寒性の高さは折り紙つきです。
さらに「超軽量」「ダウンパックを使わないインジェクションシステム」というのは、本来ダウンジャケットはグースの毛をパックの中に入れてそれを生地の中に入れ込むように作られるものですが、このパック自体を使わない選択をすることで、少しでも軽量さを求めることができ(実際に本当軽いです!)、シルエットとしてもモコッとせずスリムな形を作る事ができるのです。

出典:GLOBER

『ラミナー/Laminar』
コートブランドとして高品質・高機能性を謳うヘルノの真骨頂とも言えるこちらのモデル。
スポーツにも至るアクティブな高機能とタウンユースで使えるスマートさを両方とも最高峰で兼ね備えているのはこのラミナー。
見た目にも伝わる大人顔のマットな素材はゴアテックス(GORE TEX)を使用。
非常に優れた防水・耐水性を長時間保つことができるだけでなく、さらに保温性に優れているのに汗など中からの水蒸気は放出することができる!
この抜群の機能性の高さに加え、ヘルノ特有の無理のないスリムシルエット。
大人が選ぶONスタイルのコートとしては、まさに最高峰の一着と言い切れる逸品です。

出典:Cinq essentiel

『サブ ゼロ/SUB SERO』
防風・撥水機能を備え、さらに外気が-20度まで下がろうが内側を36度で保つという性能も兼ね備えている。まさに防寒性に抜群に優れたモデルです。

出典:B.R.ONLINE

『エクスペディション(EXPEDITION)』
ヘルノの中で最も防寒性に優れたモデルです。
ヘルノのモデルの中で唯一、コヨーテファーと首周りに裏ボアが付けられており、見た目のラグジュアリーさはもちろんのことタウンユースでは十分すぎるほどに防寒性の高いデザインです。
エクスペディション=「探検」「遠征」という意味の通り、そんなシチュエーションに十分に応えてくれる機能性です。
もちろんそんなフルスペックとは裏腹にシャープに仕上がっているのはさすがです。

出典:Octet Nagoya

『7(セッテ)デニール/7denier』
超軽量ダウンとして打ち出された持った瞬間に驚きを感じるほどのモデル。
ナイロン素材の繊維の太さを表す単位であるデニール、従来の20デニールから一気に極細繊維である7デニールまで軽量化に成功した一着。
内側に持ち運びに便利なポケッタブル仕様のポケットが付いており、これなら旅先で脱いでいても邪魔になることもありません!

最後に

ということで代表作のモデルをさらっと紹介させて頂きました。
物のクォリティーの高さは、本当に手にとってもらって着用してもらうと説明要らずで体で感じ取れるほどです。

デザイン性や流行ということだけで着るものを選ぶのではなく、物の本質的な良さやその歴史なども踏まえて充実しているヘルノはまさに30・40歳代の男性が選ぶ大人の一着にぴったりです!

ぜひこの機会に一度ヘルノをお試しになってみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る