すっきり&あったかスタイルにはタートルネックがポイント!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

秋冬のファッションにおいては、如何に暖かさをキープできるかが重要になります。分厚いアウターをチョイスするのも悪くありませんが、着膨れしてスタイリッシュさに欠けることが多いですし、体にフィットしていないと暖かさを確保できないのです。折角保温を目的にしているのに、本末転倒ですよね。また、首元を暖かくすることも、体温をアップさせるために重要なファクターとなります。

マフラーやストールなどを巻くのも悪くありませんが、タートルネックのアイテムを着るだけでも十分高い効果を発揮します。今シーズンの秋冬ファッションでは、タートルネックがトレンドアイテムとなっていて、多くのおしゃれなタートルネックアイテムが販売されています。スッキリしたデザインのものが多く、インナーとして合わせやすいタートルネックが多いのも、今シーズンの特徴です。

そこで今回は、寒いシーズンを快適に過ごすことができる、タートルネックの最新アイテムやコーディネート例を紹介します。

今シーズン大注目!タートルネックを攻略しよう!

時代に流されない定番タートルネック!

時代に流されない定番タートルネック!

出典:jedia

タートルネックは昔からあるセーターの種類で、古典的な印象があります。ただ、時代の流れを感じさせない、何時着てもおしゃれに見せることができるアイテムを持っておくと、長年着続けることができます。ポイントは、過度にタートルネック部分にボリュームを持ったものではなく、シンプルなデザイン性のものが良いのです。

このタートルネックは、ZANONE(ザノーネ)というブランドのアイテムです。ZANONE(ザノーネ)では、数多くのセーターを手がける人気ブランドですが、その中でもこのアイテムは長年愛されているモデルになります。首元がスッキリしたデザインで、着丈もヒップよりも高めでインナーとして合わせやすいのが特徴です。

ミドルゲージを採用しているので、適度なボリューム感があり、アウター無しでも冬まで着こなすことができます。もちろん、インナーとしても大活躍間違いなしですよ!ジャケットとのコーデもおしゃれで今シーズンのトレンドを押さえた演出ができます。


ニットだけでない!コットンのタートルネックも着こなせ!

ニットだけでない!コットンのタートルネックも着こなせ!

出典:jedia

タートルネックというと、ニット系のアイテムを中心に考えてしまいますよね。ただ、今シーズンはニットだけでなく様々な素材を使用したタートルネックを見ることができます。このタートルネックは、SBTRACT(サブトラクト)というブランドの代表モデルである“DUO”シリーズのタートルネックバージョンです。

ベースはカットソーなので、さらっとどんなスタイルにもコーディネートしやすいのが特徴です。表は20%のウール混コットンを採用しており、暖かさは格別なものがあります。裏布には所々に穴が空いた、通気性の良いガーゼコットンを採用しているので、熱が篭ることなく適度に逃げていくので、着ていて暑すぎることなく、快適な温度をキープしてくれます。肌に優しい素材ですので、ニット系素材の弱点であるチクチクした肌触りがなく、首元も快適なのです。

シルエットはタイトにデザインされているので、少しボリュームのあるアウターとコーデすると良いですね。

肌触りが抜群なタートルネック!

先も紹介しましたが、ニットはどうしても肌触りに難がある素材です。それを解消しようと各ブランドで様々な工夫を施しているのですが、CIRCOLO 1901(チルコロ1901)は今までの常識を覆すアイテムを続々と世に排出しています。特に、ジャージクロスを使用したアイテムが多く、肌触りが抜群なのです!
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)

このタートルネックも、CIRCOLO 1901(チルコロ1901)らしさが垣間見えるアイテムになっています。筒首や二つ折りのデザインで、一見するとニットのタートルネックと見間違えるほどのクオリティを誇っています。ネックの高さは12cmとなっていますが、二つ折りのデザインにすると6cmのハイネックカットソーとしても楽しめます。

ストレッチ感もあるので、多少サイズを小さめのものをチョイスしてタイトに着こなすのがカッコイイですね。肩や脇とステッチで補強しているので、過度に伸び過ぎないようにカバーしている点にも注目です。

適度な網目にセンスを感じる!

適度な網目にセンスを感じる!

出典:でらでら

世界には、編み物を中心としたアイテムを主に展開しているブランドも数多くあります。他とは違い、機能的な製法を採用して、差別化を図っている印象があります。そんなブランドのひとつに、roberto collina(ロベルトコリーナ)があります。どのアイテムでも、roberto collina(ロベルトコリーナ)らしさを感じることができるのが特徴です。
(Roberto Collinaの詳しい解説はこちら)

2016年秋冬シーズンでは、スウェーデン人フォトグラファーであるヨハン・サンドバーグを迎えて、ナチュラルさが感じられるアイテムが数多く見られるのですが、このタートルネックでもミドルゲージのメリヤス編みを採用しています。毛糸自体がふっくらと太く厚手なデザインとなっていることもあり、見た目からも暖かみが感じられます!

ピタッとした首元ではなく、多少余裕があるデザインなので、インナーにシャツをコーディネートするのもアリですね。メリノウールを使用することで、抜群の肌触りもキープしています!


様々な編地をミックスさせたタートルネック!

様々な編地をミックスさせたタートルネック!

出典:zozo

Cruciani(クルチアーニ)は、ニット系のアイテムを作らせたら天下一品のブランドです。世界中のトレンドをつぶさにチェックして、常に新しいことにチャレンジする姿勢が評価されています。また、全てのアイテムが職人によって生み出されているのが特徴で、クオリティの高さが魅力的です。

このCruciani(クルチアーニ)のタートルネックは、身頃部分とネック、袖で異なる編地を採用している、ユニークな逸品です。シンプルではあるのですが、この変化により他のアイテムと違う存在感を示すことができます。タートルネック部は厚みがあり、ボリューム感があって暖かさは格別なものがあります。

細身のシルエットですので、スタイルの良い方がコーディネートすると、よりそのフォルムの綺麗さを強調することができます。また、シンプルにデニムパンツとコーデしても、ナチュラルなスタイルを実践できます。秋冬っぽいネイビーのカラーリングを採用している点も、人気の所以です。

最後に

いかがでしたでしょうか?タートルネックと言えばニットを容易に想像しますが、様々な素材を採用したものが増えています。多様化するのはユーザーにとっては大歓迎ですよね!もちろん、ニットのタートルネックに感しても、ドレッシーなフォルムを採用したものや、新しいマテリアルを使用して機能性を高めたものも登場しています。インナーに着ても良し、トップスとしてもおしゃれなタートルネックを購入して、この秋冬ファッションを楽しく乗り切ってほしいですね。

Pocket
LINEで送る