大人のダウン使い!ダウンをうまく合わせて冬を暖かく過ごそう

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

秋冬にはボリュームのあるアウターで暖かく過ごしたいですよね。特に、真冬は防寒性の高いアウターを着ないと、厳しい寒さを凌ぐことができません。単に寒いだけであれば良いのですが、体調を崩す要因にもなるので、アウターには特にこだわっておきたいものです。そんな中で、秋冬に大活躍するアウターとしてダウンがあります。

ダウンについて改めて解説すると、羽毛を使用したジャンパースタイルの防寒着のことを言います。ベースの製法として、ナイロン素材の生地を使い、キルティング加工を施し生地の内部に羽毛を詰める方法を採用しています。とても暖かく、ファッションシーンだけでなくアルピニストからも重宝されており、ライフジャケットと言っても過言ではありません!

完全に定番アイテムになっているダウンですが、今シーズンはどのようなコーディネートが流行しそうなのでしょうか?今回は、大人向けのダウンの着こなしテクニックについて紹介します。

グッと大人っぽい!こんなダウンの着こなしを実践しよう

ラグジュアリー感が強く大人を強く印象付ける!

ラグジュアリー感が強く大人を強く印象付ける!

出典:STRADA EST

素材感ひとつとっても、大人っぽい印象をもたせることが可能です。もちろん、それだけでなく様々なギミックを使いながら、よりフォーマルに着こなすことができるアイテムをデザインしているのですが、素材というファクターはやはり重要になります。素材感とデザイン性を上手くミックスしたダウンを販売しているブランドとして、TATRAS(タトラス)があります。
(TATRASの詳しい解説はこちら)

もう大定番ブランドとして君臨しているTATRAS(タトラス)ですが、このモデルはセレクトショップが別注をかけたモデルになります。ベースとなるのがEXCLUSIVE ANTICOというモデルですが、20Dナイロンハイマルチ糸のタフタを使用することで、より柔らかさを感じられ、気品あふれる光沢も見てとれます。フードにはファーが付いていますが、カラーリング的にも大人っぽさを演出しています。

このスタイルのように、ちょいワルおやじ系のファッションにぴったりなアイテムになります。ダークトーンで統一して、シックに着こなすのが良いでしょう。他にも、インナーに明るめのニットを合わせてもカッコイイですよ。


休日スタイルにはこんなダウンを!

休日スタイルにはこんなダウンを!

出典:でらでら

大人向けのダウンを続々とデザインしているブランドに、MONCLER(モンクレール)があります。元はテントや登山家のための装備を手掛ける企業であったため、防寒性という観点で言えばダントツに機能が高いアイテムを続々と誕生させています。また、単に機能性を重視させるだけでなく、おしゃれさを忘れていない点も評価できます。

このアイテムは、クールモダンなナイロン地を使用しています。カラーリング的にも、グレーで落ち着いた大人っぽい印象を醸し出しています。ボーダーステッチなどと言った、一般的なダウンで使用しているキルティング型を使用していないので、他では無いようなプレミアム感も感じられる逸品に仕上がっています。ポリエステルクロスを使用して、高い撥水性もキープしていますよ。

フォーマルに着こなすことも可能ですが、このコーデのようにカジュアルなチェックシャツとフォルムがきれいなボトムスをチョイスするのがおすすめです。インナーは軽装に見えますが、ダントツの防寒性で十分凌ぐことができますよ。

ダウンボールを使用して柔軟性が高い!

ダウンジャケットの内部は、基本的に羽毛を使用しています。これは、軽さと保温性が高いために使用しているのですが、羽毛と言っても多くの種類があります。TATRAS(タトラス)では、水鳥の胸元のダウンボールと呼ばれる部位を使用しているモデルがあるのですが、圧倒的な柔らかさをキープしています。これにより、より体にフィットして大人っぽい着こなしが可能となります。

このダウンは、秋冬のトレンドカラーであるネイビーを使い、落ち着いた大人の印象を与えてくれます。その中で、キルティングにおいて良質ダウンを充填しているので、濃密で寒い外気もしっかりとシャットアウトしてくれます。短丈でどんなアイテムにも合わせやすいのが特徴的ですし、絶妙なバランスでポケットを配置しており、使い勝手も抜群です。

これだけ大人っぽいアイテムは、少しボトムスで明るめのカラーリングを入れてコーデすると、おしゃれに見せやすいです。このコーデのように、ホワイト系の少し攻めたパンツをチョイスしても、かっこよく着こなしが可能です。

スーツにもダウンがよく似合う!

スーツにもダウンがよく似合う!

出典:jedia

フォーマルシーンでは、なかなかダウンジャケットはコーディネートしにくいですよね。カジュアルなデザインであるが故なのですが、ちょっとコーデを意識すれば全く違和感なく着こなしが可能です。このコーディネートでは、HERNO(ヘルノ)のロング丈ダウンをさっそうと着こなしていますが、ダウンっぽくないですよね。
(HERNOの詳しい解説はこちら)

少しミリタリー感も感じられ、今のトレンドをガッチリと押さえていますね。ちょうどヒップが隠れる程度の着丈で、インナーにジャケットをコーデしても裾から出ることはありません。かと言って、過度に長過ぎることもなく、コーディネートしやすいのが魅力的です。

インナーにはスーツを着込んでいますが、ちょっと羽織るようにして着こなすと、ガウンのように颯爽とした感じを演出できます。ラグジュアリーかつミリタリーテイストを入れてオフスタイルでも使える、ヘビーローテーション間違いなしな逸品です。


軽さが魅力的!春モデルながらも秋冬にも着こなし可能!

軽さが魅力的!春モデルながらも秋冬にも着こなし可能!

出典:B.R. ONLINE

秋冬に活躍するイメージの強いダウンですが、春向けのモデルも存在しています。特に、MOORER(ムーレー)というブランドは、秋冬モデルが充実しているのですが、このダウンは春モデルとして登場しました。非常に薄手でスッキリとした着こなしが可能ですが、保温性が高いので秋冬にも十分使いこなすことが可能です。

高級感が感じられるポリエステルやナイロンを存分に使用しており、上品な光沢が楽しめます。その中で、要所要所に特注パーツを使用しているので、他にはないようなデザインとなっています。非常にスッキリしていますが、実は襟にフードを収納しており、雨風も凌げる点も高評価できます。真冬の荒れた天候では流石に厳しいですが、ちょっとした雪でも撥水性が高いので対応できます。

コーディネートとしては、インナーに厚めのニットを着こなすとより保温性をキープできます。また、細身のボトムスと合わせて、綺麗なシルエットを楽しむことができるのも良いですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?ダウンは少し子供っぽい印象もあるのですが、今回紹介したアイテムのように大人も楽しめるデザインが増えています。特に、TATRAS(タトラス)を筆頭とした、ラグジュアリーダウンを提唱するブランドがあり、今後も魅力的なアイテムをデザインしてくれることでしょう!

Pocket
LINEで送る