カジュアルもビジネスもこなすメンズコートの決定版!旬のロング丈は素材で選ぶ!着こなしを徹底解説

Pocket
LINEで送る

冬のスタイルと言えば、コートは欠かせませんよね。
ダッフルコート、トレンチコート、ステンカラーコート、Pコート、モッズコートなどなどコートと言ってもたくさんの種類があります。
今回は、ハーフ丈~ロング丈のコートの万能性、使い勝手をご紹介させていただこうと思います。

なぜ、ロングのコートがいいのか?

  • カジュアルもビジネスもこなせて経済的
  • 何気ないカジュアルスタイルに羽織るだけでエレガントに決めてくれる

大きくはこの2つの理由があります。文字だけでは説得力がないので、後でたくさんのスナップをご用意しているので、そちらと合わせて解説させていただこうと思います。

まずご説明しなくてはいけないのはこちらですよね。


ロングコートに対する懸念点

よく聞くのがこの2つ。

  • ロング丈は合わせるのが難しい…
  • 低身長では似合わない…

実際私もよく聞きますし、私もこのように思っておりました。
でも、今回お伝えすることさえ守っていただければ、今年はロングコートでお洒落に冬を過ごしていただけるはずです。

2つを解決する答えがこちら。

「スリムなボトムスと合わせること」

え?それだけ?と思われますよね。

それだけなのです。

ロングコートは、合わせるのが難しいと言われておりますが、着こなしのほとんどを隠しますよね。ですので、色合わせも簡単ですし、体型も隠すことができるのです。
ぽっこりお腹やウエスト位置も隠すことができて、着こなしもあまり見えない。
むしろあまりファッションに自信がない人こそ、このロング丈を選んでほしいのです。
そして、低身長ではみっともないというお悩みですが、確かに長すぎるコートはみっともないかもしれません。セミロングやハーフ丈をお選びいただければ、おそらく問題ないかと思います。
そして、初めにお伝えしたルールを必ず守ってください。
体型、着こなしを隠すロングコートですが、ボトムスだけはばっちり見えます。
コートとボトムスのバランスですべてが決まると言っても過言ではないでしょう。
ボリュームのあるロング丈コートには、必ず細みのスリムパンツを合わせること。
コーディネートの基本であるYライン(トップス太くて、ボトムス細い)を作ってあげることで、バランスがよくなるのです。

さて、ではここまでで、長々とお伝えしてきてしまいましたが、次からはスナップ写真と一緒に解説していきます。簡単におすすめのコートブランドについても触れておりますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

軽くて着やすい!ナイロン生地のロングコート

軽くて、丈夫で、使いやすいコートの定番であるナイロン素材。
昨今の冬用コートはダウンが入ってかつスリムに着ることができるコートをご紹介します。

最もコートの中でも合わせ易いステンカラーコート。
トレンチコートのように、ウエストにベルトがあり、着こなしによって、ベルトを使い分けていただければ、着こなしの幅が広がります。
ステンカラーコートと言えば、値段もピンからキリまであると思いますが、ずっと定番で使えるものなら、一生使えたほうがいい。
ナイロン素材は、タフなので、そんな想いも実現してくれるかと思います。
更に、着用のモデルは、よりそんな想いを実現に近づけてくれるのです。
アウターブランドとして有名なヘルノからの一着なのですが、機能面だけを語ればおそらく右に出るものはないと言っても過言ではありません。
まず使っているナイロンは、GORE-TEX社製の完全防水クロスを採用。防水に加えて、透湿性、保温性を合わせ持ち、汚れ加工も施す徹底ぶり。
カジュアルになりがちなシャカシャカとした柔らかい生地感ではなく、あくまでドレスもこなせるようにマッドにカラーも素材も仕上げました。
インナーのダウンも取り外し可能でして、春秋冬の3シーズンの着用を実現しました。

その他 ヘルノ のラインナップはこちらから

タトラス×ルチオヴァノッティ コラボシリーズ
TATARAS × LUCIO VANOTTI シャツ型ダウンコート

定番カラーのベージュで、ビジネススタイルを品よく底上げ。
ただのコートでは飽きちゃったという方には、いかがでしょうか?
シルエットは、肩が少し落ち、ウエスト部分に絞りのないワイドシルエット。上記のルール通り、スリムパンツを合わせると意外にコーディネートも簡単なシルエットとなります。
シャツ型というだけあって、後ろの丈が長く、裏地のストライプ柄がお披露目され、個性を演出。

タトラス×ルチオヴァノッティ コラボシリーズ
TATARAS × LUCIO VANOTTI シャツ型ダウンコート

先程と同じコラボシリーズですが、先ほどのタイプよりは丈が短く取り入れやすいのではないでしょうか?
落ち着いたグリーンカラー、痩せ効果が期待できるストライプデザインで、スマートに体型をカバーしていただけますよ。

タトラスの中でもワンランク上を意味するRラインからの一着。
丈感としてはジャケットの丈が隠れるハーフ丈。
今回ご紹介しているロング丈と比べれば少し短くなりますが、ON/OFF兼用で使ってもらえるという意味では外せない一着となります。
高級感のあるマッドなブラックナイロンで、中には最高品質のダウン、フェザーを充填。
最近話題になった、GUCCIグッチが動物保護の観点から、毛皮を使わないというように宣言し、ニュースになったように、実は今回のタトラスもフェイクファーを使用しております。
時代の先を行く、ONもOFFも大活躍する一着、カジュアルももちろんですが、ビジネスシーンを少しやんちゃにエレガントに決めてくれるのでお勧めです!

その他 タトラス のコレクションはこちらから

暖かくて上品に魅せる!ウール地ロングコート

ウール素材は高級感があり、暖かい素材となっております。
シンプルで艶のあるウール素材はエレガントに、編み感の凹凸を主張する素材は、クラシカルに演出することが可能です。

上品なウール素材で、ヘリンボーンで仕立てることで、クラシカルな印象を強くする1着。通常のPコートより若干ロング丈となっております。
コットン、ウール、アルパカなどオリジナルブレンドで、暖かさと軽い着心地を実現しました。
ジャケットを得意としているL.B.Mだけあって、サイジングもジャケット上からもばっちりと決まる、さすがイタリアの老舗メーカーと唸る1着となっております。

L.B.M 1911 エルビーエム Pコート

先程のグレーより合わせ易いネイビー系のカラー。
定番的な1着が欲しくて、長く着用されたい方はこちらの1着はおすすめです。

その他 L.B.M 1911 のラインナップはこちらからチェック

これぞロング丈!な1着。
グリーンがかったチャコールグレーは、合わせ易いカラーで、唯一無二な個性を演出。
定番な1着が欲しいという方にはオススメではないでしょうか。
そしてこんなドレッシーな見た目と裏腹に男心をくすぐるギア的要素を合わせもつのがこのモノビ。
実は糸で縫うステッチが一切使われていないステッチレス技術。
接着部分は、テープを貼り付けており、裏から見たときにその全貌が明らかとなることでしょう。
このシームシーリング技術により、水や風の侵入を防ぎます。そしてレーザーカットにてカットされており、滑らかなカッティング技術は見てもらえれば確認していただけると思います。

その他 モノビ のコートはこちらからチェック!


番外編

最後にご紹介は、話題のダッフルコートや変わり種のレザーのロングタイプの着こなし。

MUSHER マーシャー 袖レザー コットンコート

MA-1のロング丈タイプのようななかなか他ではお目にかかれないレアアイテム。
かなりモードな1着となっているので、同じを嫌うファッショニスタにはオススメな1着。
お尻がすっぽり隠れる1着は、ブラックとホワイトだけでコーディネートを組み上げて洗練されたイメージで着こなすことをおすすめします!

数年前にリリースされてから注目を集めているバークのダッフルコート。
イタリア親父的着こなしですと、このダッフルをスーツのアウターとして選ぶことも多々あります。
可愛げな印象の強いダッフルコートをバーク編みという技術で、エレガントに作り変えました。カラバリも豊富なので、お好みのカラーをお選びいただければと思います。

その他 バーク のカラーバリエーションはこちらから

最後に

いかがでしたでしょうか?
今まで敬遠していたロングコートは実は着方さえ間違えければ、カジュアルでもビジネスでも使える万能な一着だったのです。
ぜひ今年の冬はロング丈のコートをチェックしてみてくださいね。

でらマガ編集部 武田

Pocket
LINEで送る