毎日を少し特別にするスイスの伝統ブランドBALLY(バリー)特集

出典:BALLY Instagram

Pocket
LINEで送る

普段の生活を送る中で、少しでもスペシャリティを感じることがあれば、ただ過ごしているだけでもどこか楽しくなるものです!例えば、毎日身につけるファッションアイテムにこだわるだけでも、おしゃれをより楽しむことができるものです。ほんの少しのこだわりですが、実はそれの積み重ねができるかできないかが、ファッショニスタになれるかどうかの瀬戸際なのです。

そんな、毎日の生活を少しだけでもゴージャスに見せることができるブランドとして、BALLY(バリー)があります。スイスで誕生したブランドらしく、精密でかつクオリティの高いアイテムを続々と誕生させています。決して派手さはないものの、ちょっとだけ着飾るには最適なアイテムばかりですし、長く使えるという点も重視しているのも特徴です。

そこで今回は、BALLY(バリー)とはどんなブランドなのか、そしてどのようなイケてるアイテムがあるのかについて紹介します。

BALLY(バリー)のアイテムでちょっとだけ毎日の生活をゴージャスに着飾ってみよう!

BALLY(バリー)の歴史を紹介

BALLY(バリー)の歴史を紹介

出典:BALLY Instagram

BALLY(バリー)は、スイスのシエネレベルト地方で、カール・フランツ・バリーが立ち上げたブランドです。すでに150年以上もの実績がある、とても由緒あるブランドなのです!元々は、ゴム製のリボンとサスペンダーの製造を行っていたブランドなのですが、徐々にファッションアイテムのデザインにも携わるようになります。リボンメーカーとして名を馳せていましたが、1870年代に徐々にシューズなどのデザインと製造を始めます。当時のイギリスやアメリカの最新鋭の製法を取り入れた製造工程を構築し、一躍有名ブランドになりました!

当初はまだヨーロッパだけに名を届かせるブランドでしたが、1900年代に入りパンプスが大流行して、世界的に名声を得たブランドに成長します。1907年には株式公開して経営拡大を図ります。二度の世界大戦により経営的にダメージを受けたものの、1950年代にスクリープと呼ばれるドレスシューズが大ブレイクします。1980年代には日本にもバリージャパンを設立して、本格的に商品展開を始めます。

2001年からは、シューズだけでなくトータル的なファッションアイテムの展開を図り、今でも世界に名だたるブランドして君臨しています。


派手なスタッズだけど使い回しが効く!

派手なスタッズだけど使い回しが効く!

出典:BALLY

最初に紹介するアイテムは、ド派手なリュックサックです。BALLY(バリー)のブランドコンセプトは、ヴィヴィッドな色合いやデザインを大胆に採用しつつ、シックにまとめる点があります。このリュックサックも、ヘヴィーメタルコレクションと命名され、全体的にスタッズを散りばめていて、一見派手に見られがちです。

ただ、実際には無加工でナチュラルなテイスト漂うスタッズを所々に散りばめ、ラグジュアリー感すら漂わせるデザインとなっています!ブラックカーフレザーは、非常に上品で美しい光沢を放っているのが特徴で、頑丈さがあるので長い間使い続けることが可能です。外側にはレオパードプリントのポニーヘアを使用したポケットを配しています。このレオパード柄というのも、アクセントを付けることに大きく寄与しています。

派手なデザインだけでなく、バッグとしての基本的な機能である収納力に関しても、見た目以上に収納できます。ちょっとした小旅行などでも、このバッグひとつで十分対応できそうですね!

スウィズ・ビーツとのコラボスニーカー!

スウィズ・ビーツとのコラボスニーカー!

出典:BALLY Instagram

BALLY(バリー)は、他ブランドやアーティストとの積極的なコラボレーションアイテムを次々と誕生させています。このアイテムは、著名なラッパーであるスウィズ・ビーツとのコラボで誕生したスニーカーです。デザイン的には、グラフィックアーティストのリカルド・カヴォロとのコラボアイテムでもあり、ヴィヴィッドなデザインが目を引きます。

スエードとレザーのいいところどりの素材を使用して、落ち着いた大人のスニーカーに仕上げています。ストローベル製法を採用したラバーソールのレースアップスタイルを採用することで、デザイン性だけでなく機能性にも優れた逸品です。BALLY(バリー)は、デザインに傾倒するだけでなく、機能面も両立させたアイテムをデザインするのが得意なのです!

コーディネートとしては、ダークトーンでシックに決め込んだ中に、アクセントとしてこのスニーカーをチョイスすると、キレイめスタイルのハズシとしておしゃれにコーデが可能です。普段使いするには最適なアイテムとして推奨します!

クラシカルだけどモダンさもある!

クラシカルだけどモダンさもある!

出典:zozo

BALLY(バリー)の代名詞とも言えるカーフレザーを存分に使用したバッグですが、ベースはクラシカルで古典的な製法で作られています。ただ、その中でショルダーベルトにホワイトのラインを入れて、モダンさも感じられるアレンジを加えることで、最新のファッションでも違和感なくコーディネートが可能です。非常にコンパクトで、ボディバッグのようなイメージもありますよね。

外側に型押し型のロゴを大胆にあしらって、すぐにBALLY(バリー)のアイテムであることがわかります。上質な光沢を感じる外観だけでなく、このバッグは機能面でも見どころがあります。iPad用ポケットを搭載したりと、ガジェット系のアイテムを持ち運ぶために生まれたと言っても過言でない出来栄えとなっています。

よってビジネスシーンでも十分使えるものとなっています。このコーディネートでは、カジュアルスタイルで使用していますが、スーツスタイルで是非ともコーデしてみてほしいですね。


今シーズンも注目!クラッチバッグもおしゃれに

今シーズンも注目!クラッチバッグもおしゃれに

出典:farfetch

クラッチバッグは、ここ数シーズン再ブレイクしており、今シーズンも間違いなく欠かすことができないアイテムとして推奨できます。クラッチバッグの魅力は、かさばることなくスマートにコーディネートできる点があります。また、手馴染みさせることで、アイテムとしての変化を楽しむことができる点が魅力的です。

このクラッチバッグも、カーフレザーを100%使用したバッグですので、使い込むことで味が出てくる仕様となっています。デザイン的には、センターにホワイトとレッドのラインを入れて、カジュアルライクに使用することができます。ストラップが付いているので、クラッチバッグのウィークポイントである落下させやすい点も回避できます!

さり気なくこのクラッチバッグを持つだけで、ファッショニスタに見られること間違いなしですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、BALLY(バリー)のレザー系アイテムを中心として紹介してまいりましたが、他にも財布やベルト、シューズ系アイテムもラインナップしています。どのアイテムにも、変化球のようにアクセントを付けている物が多いのが特徴です。毎日を少し特別にする、BALLY(バリー)のアイテムで優越感を感じるのも悪くありませんよ。

Pocket
LINEで送る