秋冬のカジュアルコーデといえばミリタリースタイル!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

冬に近づくにつれてアウターが恋しい季節になってきました。アウターにも当然トレンドがあって、その時代によって流行り廃りが見え隠れします。最近は、比較的トレンドが継続する流れが多いですが、その中でミリタリースタイルは今シーズンも多くのコーデで見られます。ミリタリースタイルの特徴は、何と言っても着飾ることなく日常的なスタイルに落とし込むことが可能な点ですよね。

ミリタリースタイルのアイテムの中でも、特にMA-1やM-65に注目が集まっています。かつては軍服として使用されていて、過酷な環境下を生き抜くための、いわばライフジャケットの意味合いがあったのですが、その中で培われた保温性や頑丈性などは、最近のアイテムでもしっかりと継承されています。また、今のトレンドに合わせた形で進化も見られ、今シーズンも多くのミリタリーアイテムがストリートで見られるでしょう!

今回は、そんなミリタリースタイルについて、改めて解説していきます。

今シーズンもミリタリースタイルに注目しよう!

大定番!MA-1を着こなす

大定番!MA-1を着こなす

出典:jedia

ミリタリーアイテムの中でも、大定番といえるのがMA-1です。戦時中はフライトジャケットとして活用されて、寒い気候でも快適に過ごすことができるアイテムとして大活躍していました。ボリューミーな厚さと適度な着丈が魅力的で、女性人気も高いのが特徴です。そのMA-1のデザインをベースとして、今シーズンの大注目であるレザー素材で仕立てたのがこのアイテムです。

AWESOME LEATHER(オーサムレザー)というブランドのアイテムですが、より大人を意識したドレッシーなレザーを提供してるブランドとしてに有名です。また、日本人でも着やすいデザインとサイズ感を意識しているものが多く、着やすいという点も高く評価できます。コスト面を強く意識しつつ、山羊革を使用することで安っぽさは微塵も感じない、上質な逸品に仕上げています。

ミリタリーテイストを実践すると、若干フォーマルさに欠けてしまうものですが、このコーデでは上品な大人の印象を際立たせています。全身をダークトーンで統一しながら、レザーの上品な光沢が良いアクセントとなっているのが印象的です。
(MA-1の詳しい解説はこちら)


防寒性抜群!真冬に大活躍間違い無しのブルゾン

防寒性抜群!真冬に大活躍間違い無しのブルゾン

出典:jedia

ミリタリー系のアイテム全般的に言えることに、防寒性の高さを挙げることができます。アラスカなどの極寒の地で寒さから命を守るための服として活用されるケースもあるわけですし、その中でも動きやすさも重視しなければなりません。その両者のバランスを上手く取って、ある程度薄手でかつ抜群の防寒性を確保したのが、このアイテムです。

イタリアのアウターブランドであるMOORER(ムーレー)の人気モデルとして君臨するのが、SIRO-KMです。SHAPE MEMORY PESという形状安定ポリエステルを採用して、どんなコンディションでも常に型くずれせずピシッとした着こなしが可能です。また、二重染色により高級感あふれる雰囲気を感じることができます。防寒性に関しても、ラビットファーを付属させることができたり、ウェスト周りにベルトを配置することで、圧倒的な機能性を誇ります!

この例では、ビジネスシーンを想定したジャケットスタイルにアウターとしてコーディネートしています。ビジネス使いをしても、全く違和感なくむしろフォーマル感を引き立てている印象ですね!

M-65も欠かせない!

M65も欠かせない!

出典:zozo

MA-1と双璧をなす人気なのが、M-65です。より薄手にデザインされていて、動きやすさを重視したデザインとなっています。ただ、薄くても保温性抜群で、都心の冬であれば全く問題なく対応することができます。M-65は様々なリメイクをされたデザインが存在しており、ブランドによって特徴的なスタイルを提案しているのです。

こちらは、CDM BY CARPEDIEMという日本のブランドがデザインしたM-65です。モグラの肌をイメージしたモールスキンを採用することで、しなやかさが他と全く異なります。また、肌触りが非常に良いのが特徴で、一度着るとその着心地はやみつきになるほどです。ミリタリー系のジャケットらしく、フラップ付ポケットなど多くのポケットが付いており、機能面でも申し分ありません。

やや細身にデザインされていて、ボディラインを美しく見せることができます。それでいて、スーパーマイクロファイバーボア付きの裏地なので、通気性と保温性を高いバランスでキープできます。このスタイルのように、カジュアルに着こなすもよし、スーツと合わせてもかっこいいですね。
(M-65の詳しい解説はこちら)

着丈の長いアイテムをすらっと着こなす!

着丈の長いアイテムをすらっと着こなす!

出典:zozo

ビッグサイズシルエットではないですが、着丈の長いミリタリーアイテムも、今シーズンは特に重視しておくと、おしゃれに見せる事ができます。M-65の中でも長めな着丈が魅力的なこのアイテムは、フィッシュテールパーカーと命名されています。魚の尾っぽのような、独特な形状がとてもかっこよく見えるのが特徴ですね。

モッズコートと言うと、どうしても着にくいという印象があるのですが、このアイテムはうまくバランスを取って着やすいのが特徴です。ミリタリー感を出すために、微妙にダメージを加えたり色合いも調整しているのが見て取れます。裏地がつかない一重仕立てとなっているので、まだ暑い日もある今の時期にピッタリでもありますし、ゆったり目なシルエットなのでインナーに着込んでレイヤードスタイルも楽しめます。

このようなビッグサイズのアイテムには、ボトスムはスリムなものをコーディネートすると、上手くバランスが取れてかっこよくコーデできます。カーキカラーなので、ボトムスのテイストを問わない点も評価できますね。


洗練された大人のミリタリーアイテム!

洗練された大人のミリタリーアイテム!

出典:Octet Nagoya

レザーのアイテムがブームとなっているけど、少し着るのには勇気がいる・・・という方も多いのではないでしょうか?確かに、流行っていると言っても、皆が着ているわけではなく、かなり目立ってしまいますよね。そこでおすすめしたいのが、MUSHER(マーシャー)のレザーとナイロンをうまくミックスさせた、このMA-1です。
(MUSHERの詳しい解説はこちら)

MA-1とレザーと聞くと、どこか無骨でスタイリッシュさには欠ける印象があるのですが、このアイテムはナイロンをうまくミックスさせることで、エレガントなアイテムに仕上げています。レザー部分にも、より上品さを伺えるラムレザーを使用して、カジュアルライクな感じを上手く演出しています。袖、裾、襟のリブには、厚みがあってアクセントにもなっている素材を採用している点にも注目です!

良い感じでハイブリッドされた素材同士ですので、カジュアルに着こなしてもよし、フォーマルに着こなしてもかっこいい逸品です。上質ナイロンだけに見られる、独特なシャカシャカという擦れる音にも注目したいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?ミリタリーテイストは、まずはトップスから揃えていくと、手軽に実践することができます。また、今シーズンは特にレザー系のアイテムが中心となっていますので、素材選びにも細心の注意を払いたいですね。

Pocket
LINEで送る