色褪せない正統派ファッションのジャケパンスタイル特集

Pocket
LINEで送る

出典:Men’s FashionSnap Freak

あまり深く考えずに、おしゃれを楽しみたい!これは、単なる横着ではなく、人間であれば誰もが考えるものです。もちろん、考え抜かれたコーディネートをしている人もカッコイイですが、永遠の定番スタイルをさり気なくおしゃれに見せるのもファッショニスタにとっての資質だと考えます。その中で、昔からの大定番スタイルとして、ジャケパンスタイルがあります。

上下が統一したアイテムで揃えるスーツよりも自由度が高く、それでいて手軽にコーディネートしやすい点がジャケパンスタイルの真骨頂です。ジャケットには仕立ての良いテーラードジャケットを用いて、ボトムスにはある程度自由なスタイルのアイテムをコーデ可能です。絶対に守るべき最低限のルールがありますが、それさえ守れば自由におしゃれを楽しめるのです。

では、今シーズンの秋冬でどのようなジャケパンスタイルが流行りそうなのでしょうか?今回は、女性受けすること間違い無しの、今風のジャケパンスタイルを紹介します。

これが今シーズンのジャケパン!オシャレコーデを紹介

秋のトレンドカラー!ネイビージャケットとグレーのスラックスは大定番

秋のトレンドカラー!ネイビージャケットとグレーのスラックスは大定番

出典:zozo

毎年、秋になるとネイビーカラーのジャケットが多く見られます。秋は、夏と比較して落ち着いたカラーリングが好まれますが、正しくネイビーがそのイメージそのものです。そのネイビーとコーデする上で大定番となっているのが、グレー系のスラックスです。グレーはどんなカラーリングとも融合させやすいですが、特にネイビーとの相性が抜群なのです。

ジャケットは、ポール・スミスのワッフル編みジャケットです。特殊な糸で製法されているので、適度に空気を取り込んでボリュームを持たせています。それにより、厚みをもたせると同時に軽いのが特徴です。アンコン仕立てとなっているので、堅苦しくなく着こなしやすいのが良いですね。そこに、ライトグレーのスラックスをコーデしていますが、一気にカジュアルさが際立ちますよね!

どちらかと言えば、ライトグレーのアイテムは春に好まれるカラーリングですが、そこで注意したいのはジャケットとスラックスの素材感の違いです。一方が冬向きな厚手の生地で一方が夏向きな薄手な生地ですと、ギャップさが生まれすぎてアンマッチに見えてしまいます。その点だけは十分に注意して、テクニックのひとつとして取り入れてほしいものです。

テーパードシルエットのスラックスがジャケパンでも活躍!

テーパードシルエットのスラックスがジャケパンでも活躍!

出典:Jedia

すっかり定着したスタイルとして、テーパードシルエットのスラックスがあります。ただ履くだけでも美脚に見えるのが特徴ですが、人間の体型によりフィットした理に適ったスタイルであるとも言えます。もはやスタンダードになったと言っても過言ではない中で、ジャケパンスタイルでもコーディネートできる点が魅力です。

履きやすいスラックスをデザインさせたら天下一品のブランドである、SOLIDO(ソリード)のスラックスがこちらです。特殊紡績コットンマナードを採用して、ストレッチ感を持たせつつ型くずれしにくいようになっています。表面からは高級肉のような霜降りが見られ、見た目からしてストレスフリーなスラックスには見えない点も、SOLIDO(ソリード)らしいアイテムと言えます。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

このコーディネートでは、同デザインのジャケットとコーデしていますが、素足でレザーシューズを履くなど、ラフに着こなしています。膝下から急激にテーパードが強くなるので、余計に足元のコーデに気をつけたいのですが、そのコーデのように素足を選択するのはアリですね!

タートルネックをコーデするとよりカジュアルに!

タートルネックをコーデするとよりカジュアルに!

出典:zozo

ジャケパンスタイルのインナーとしては、定番はシャツですよね。ちょっとカジュアル寄りなスタイルを望むなら、Tシャツを合わせるのも有効的ですが、今シーズンはタートルネックをチョイスするのが流行りそうです。タートルネックをジャケットとコーディネートするのは古典的な手法ですが、今シーズンは少し様相が異なります。

このコーデでは、カシミヤのような優しい肌触りが特徴的なタートルネックをチョイスしています。ネック部分はドレーブにより様々な表情を持たせることができ、その時に応じて少し折り目を変えることで変化を楽しめます。落ち着いたトーンのジャケットとスラックスをチョイスして、あえてタートルネックにインディゴルーを入れてアクセントを付けています。

実は、従来はジャケットと同系統のカラーリングのタートルネックをコーデするのが鉄則でしたが、少し派手目なカラーリングを入れてアクセントを入れるのが、今っぽい着こなしになります。

デニムパンツには柄物のジャケットがよく似合う!

デニムパンツには柄物のジャケットがよく似合う!

出典:Jedia

デニムパンツの中でも、ドレッシーなデザインを採用したものが数多くあります。その中でも、PT01(ピーティーゼロウーノ)のデニムパンツは、スラックスと何ら変わらないほどのスタイリッシュな印象を与えるものが多く、大人の男性に愛されているブランドです。そのPT01(ピーティーゼロウーノ)の中でも、SWINGがとりわけ高い人気となっています。
(PT01の詳しい解説はこちら)

その理由として、足回りはスーパースリムフィットなシルエットながら、腰回りはゆったりしたデザインを採用しているので、履きやすさが格段に違います。また、適度に色落ちさせてカジュアルさを出しているのも特徴で、ジーンズらしさも感じられる逸品です。そこに、柄物のジャケットをコーデすることで、休日スタイルとしてぴったりなコーデを成立させています!

また、インナーに深いインディゴカラーのジレを着用しています。これにより、ドレッシーさを際立たせると共に、デニムパンツとの相性の良さを引き出しています。ちょい悪オヤジを標榜するなら、これくらい着崩したスタイルにもチャレンジしたいですね。

この秋こそアズーロ エ マローネにチャレンジ!

この秋こそアズーロ エ マローネにチャレンジ!

出典:Octet Blog

イタリア人なら、ファッション好きでなくても知っている定番トレンドにアズーロ エ マローネがあります。アズーロは空色、マローネは栗色の意味で、この2色のアイテムをコーディネートするだけで、おしゃれに見せることができるのです。一般的には、この2つのカラーリングは水と油に近い関係で、コーデしにくいと思われがちなのですが、ラテン系の血を引くイタリア人はあえてコーデしておしゃれに見せることに成功したのです!それが今では鉄板のコーデとして日本でもスタンダードになりつつあります。
(アズーロ・エ・マローネの詳しい解説はこちら)

このコーディネートでは、秋っぽいネイビーのボトムスにチャコールグレーのジャケットを合わせて、これだけでアズーロ エ マローネを成立させています。実は、それだけでなくブルーのチェックシャツに茶色のネクタイ、そしてスニーカーにも茶色を入れて、様々な部位でアズーロ エ マローネが入っているのです。

本当にこの組み合わせは正反対の印象を与える色なのかな?と不思議に思うほど、上手くマッチしておしゃれに見せることができます。秋らしいカラーリングですので、是非チャレンジしてみたいコーデですね!

最後に

いかがでしたでしょうか?ジャケパンスタイルは、定番と言われていますが実に幅広いスタイルがあり、一括りにするのは憚られるほどですね。気候的にもジャケットが恋しくなる季節ですので、単にジャケットをコーデするだけでなく、今回紹介したようなポイントを取り入れておしゃれに秋ファッションを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る