シャツ一枚でここまで変わる!?秋のシャツスタイル特集

Pocket
LINEで送る

出典:Men’s FashionSnap Freak

10月は衣替えの季節ですよね。まだ暑い日もありますが、ファッション的には長袖が中心となります。ベースとしてTシャツはまだまだ活躍する余地があるのですが、それに軽く羽織れるシャツがあるととても便利ですよね。更に、羽織るだけでなくトップスとしても大活躍間違いなしであり、今こそシャツをしっかりと選んでコーディネートに取り入れたいですね!

シャツは実に不思議なアイテムであり、一枚羽織るだけで印象をぐっと変化させることができます。また、素材や色、柄も数多くの種類があり、カジュアルに着こなすことができるものから、フォーマルに決め込む事も可能なデザインも多数あります。シャツを上手くコーディネートできれば、必ずや秋ファッションを制することができるはずです!

そこで今回は、ぐっと印象が変わる秋ファッションの主役になり得る、シャツスタイルを徹底解説していきます。今シーズンのトレンドも余すところなく紹介しますので、是非参考にしていただきたいですね!

秋のシャツスタイルはこれで臨め!おすすめシャツを紹介

寒くてもシャツ一枚で着こなしたくなる!ドレッシーなシャツ

寒くてもシャツ一枚で着こなしたくなる!ドレッシーなシャツ

出典:Jedia

秋のファッションでは、流石にシャツ一枚で出歩くのは寒い日が多いです。でも、おしゃれなシャツを着ていると、自慢したくなりますよね!特に、イタリアのブランドにおいて、おしゃれなシャツが多く見受けられます。その中でも、Finamore(フィナモレ)のシャツは別格と表されるほど高い人気を誇っています。
(フィナモレの詳しい解説はこちら)

このシャツは、ジオメトリー柄を採用することで、サイエンティックな印象を受けますね。少し短めの着丈とすることで、タックアウトしてコーデすることを想定しているのが伺えます。タックインしてもおしゃれなシャツが多いFinamore(フィナモレ)ですが、このシャツもまた違った趣を感じますね。もちろん、このアイテムはハンドメイドで製造されていて、個性を強く感じられます。

コーディネート方法としては、ダークトーンのボトムスに合わせると手軽におしゃれに見せることができます。ブラックデニムとの相性は抜群でしょうね!


普通のデニムシャツはもう古い?深みのあるデニムで差をつける

普通のデニムシャツはもう古い?深みのあるデニムで差をつける

出典:Octet Nagoya

デニムシャツのブームの流れは、今シーズンも間違いなく継続します。ただ、あまりに定着しすぎて、ありきたり感が出ているのも事実です。如何に、他の人と違うデザインやカラーリングのデニムシャツを選ぶことができるかが、ファッショニスタとしての腕の見せどころとなるでしょう!その中で、あえてノンスウォッシュなデニムシャツを選ぶと、人と差を付けることができるはずです。

ジャンネットのこのコットンシャツは、正確にはデニムと異なりシャンブレー生地を使用しているので平織りとなっています。独自の霜降りが入っているので、ノンスウォッシュでありながら個性的に見えるのが特徴的です。また、縫い目が殆ど見えない製法を採用することで、ベースカラーであるインディゴをより強調するものになっています。細身のフォルムを採用することで、エレガントな着こなしが可能ですよ!
(ジャンネットの詳しい解説はこちら)

このコーディネートでは、ボトムスにゆったり目なボトムスとレザーシューズをコーデしていますが、シャツが上手く堅苦しさを取り除いてカジュアルに着こなしているのが印象的です。カッタウェイの襟となっているので、ノーネクタイでも襟がしっかり立っているのがカッコイイですね!

シンプルな中にも仕立ての良さを感じる!

トレンドなシャツを着こなすのも良いですが、シンプルで何も癖がない大定番シャツを一枚持っておくと、何かと使い回しが効きます。その中でも、Finamore(フィナモレ)のシャツが特におすすめできます。これぞシンプルイズベスト!と言える、どんなアイテムとも高いレベルで融合するシャツが数多いので、秋ファッションでも重宝したいブランドです。
(フィナモレの詳しい解説はこちら)

このシャツは、スイス ALIMO社製コットンブロードを使用しているのが特徴です。素材を生成する段階で頻繁に使用されるホルマリンなどの化学薬品を使用しないこだわりから、高い品質をキープしたテキスタイルメーカーのコットンを使用しているので、ハイセンスかつ高級感を感じさせるシャツに仕上がっています。広い羽根開きを採用することで、カジュアルな中にもキレイ目な印象も与えることができます。

このコーデのように、ライトなカラーリングのスラックスとシンプルに合わせると、よりシャツが輝いて見えますね!

ネルシャツに注目!

ネルシャツに注目!

出典:zozo

カジュアルシャツの定番が、チェック柄のシャツですよね。チェック柄にも幾つか種類がありますが、その中でもネルシャツが今シーズンのトレンドアイテムとなる勢いです。ネルシャツ自体は昔からある古典的なアイテムですが、今シーズンはより素材感を意識した着こなしやすいアイテムが人気となります。

このアイテムは、ALLSAINTS(オールセインツ)というイギリスのブランドです。イーストロンドンをメインに活動しているのですが、古き良き英国のデザインを踏襲しつつ、デジタルマインドなアイテムを次々と生み出す革新的なブランドです。そのALLSAINTS(オールセインツ)が送り出すこのネルシャツも、トラディッショナルなチェックを採用しつつ、ダークトーンなカラーリングで大人の男性でも手軽に着ることができます。

ストレッチ素材でできているので、着用しやすくボディラインを綺麗に見せることが可能です。このコーディネートでは、シンプルなブラックのボトムスと合わせてシックに着こなしていますが、とてもかっこよく見えますね。


あえて秋にボタニカルを取り入れる!

あえて秋にボタニカルを取り入れる!

出典:B.R.ONLINE

今年トレンドアイテムの仲間入りしたのが、ボタニカル柄のシャツです。ボタニカル系のコスメアイテムは以前よりブームとなっていましたが、柄としてシャツに取り入れられているアイテムは、華やかさを手軽に演出できるとあって、落ち着いたカラーリングが増える秋ファッションであえて取り入れるのもおすすめです。

イタリアの高級シャツブランドであるBOLZONELLA (ボルゾネッラ)の自信の一枚がこのボタニカルシャツです。独自のエクスクルーシブボタニカルプリントにより、少しぼやけたような発色ですが、それにより落ち着いたフォーマルなファッションにも取り入れやすいアイテムに仕上がっています。どうしてもトロピカルな感じが出やすい中で、この落ち着いた雰囲気は独特なものがありますね。

カッタウェイカラーとラウンドカラーのいいとこ取りの襟のデザインにも注目です。このコーディネートでは、ホワイトのボトムスをタックインしていますが、基本はアウターではなくインナーとしてコーデするのがおすすめです。また、秋っぽいダークトーンのボトムスとコーデすると、より秋らしいファッションとなります。

最後に

いかがでしたでしょうか?シャツをコーデに加えるだけで、これだけ夏ファッションと違った雰囲気を出すことができるものなのです。また、ボタニカルシャツのように、あえて春や夏に使用したものを上手くコーディネートでカバーできれば、十分使いまわしが可能です。創意工夫を巡らせて、秋を快適かつおしゃれに楽しんでほしいものです。

Pocket
LINEで送る