まるで絵画のようなストールが有名!ピエール・ルイ・マシアが提供する着心地のいいラグジュアリーアイテムをご紹介!

Pocket
LINEで送る

出典:Farfetch

男性でも好んでストールを巻いている方をよく見かけます。ストールは、スタイリッシュさを引き立てるアイテムとして有名で、着用しているだけでも紳士に見えるのは実に不思議です。また、少し色味のあるカラーリングをチョイスすると、ドレッシーなスタイルを容易に演出することができますよね。ストールをうまくコーディネートできれば、ワンランク上のファッションを楽しむことができます。

そんなストールを主に手掛けるブランドとして、ピエール・ルイ・マシアがあります。ピエール・ルイ・マシアは、イラストレーターやアートディレクターとして活躍する、フランス人デザイナーのピエール・ルイ・マシア氏が立ち上げたブランドです。シルクスカーフを中心としたアイテムを中心にデザインし、イメージとしては1960年代の中央ヨーロッパで流行した、文化や華やかなアートをモチーフとしたアイテムを展開しています。アートディレクターらしい配色と、ラグジュアリーなアイテムの数々には、多くの絶賛の声が寄せられています!

では、ピエール・ルイ・マシアの中でもラグジュアリー感の高いアイテムには、どのようなものがあるのでしょうか?今回は、ピエール・ルイ・マシアの魅力的なアイテムを紹介してまいります。

きれい目ファッションには欠かせない!ピエール・ルイ・マシアのラグジュアリーなアイテムを紹介

シルクとカシミアニットの上品な肌触りが良い!

シルクとカシミアニットの上品な肌触りが良い!

出典:Farfetch

ピエール・ルイ・マシアのアイテムは、独創的なデザインに目が行きがちですが、それ以上に上質な素材を使用した肌触りの良さに魅力を感じます。このアイテムは、シルクとカシミアニットの良い点をうまくミックスした、ハイセンスなものとなっています。一度着けたら病み付きになるほどの肌触りの良さがあり、またレーヨン混紡のカシミアニットなので、保温性にも優れています。秋口から朝晩は寒さも感じますので、そのようなスカーフがあると重宝する事間違いなしですね!

シルクと言えば上品な光沢を出すことができる素材ですが、本アイテムに於いてもツルッとした滑らかな生地感と上品な光沢により、ラグジュアリー感をさらに引き立てているのが特徴的です。花柄やラグといった編みコラージュが5種類以上のパターンで形成されていますが、決して派手な印象はなくジャケットスタイルなどに手軽にコーディネートしやすいものとなっています。

このコーディネートでは、ツイード地のジャケットと合わせていますが、ツイードの素材感を生かしつつ、スカーフの上品なデザインもしっかりアピールできています。レザーパンツをチョイスして、より大人の男性のラグジュアリーなファッションを意識したコーデとなっていますね。


巻き方次第で様々な表情を見せる!

巻き方次第で様々な表情を見せる!

出典:B.R.ONLINE

ピエール・ルイ・マシアは、ベースとしてパッチワークのように幾つもの柄を組み合わせてアイテムを作り上げるのが得意なブランドです。もちろん、単に組み合わせるのではなく、一定のコンセプトのもとでデザインしているので、コーディネートする際にもある程度想像しやすいのが特徴です。一方で、スカーフの巻き方ひとつで大きく見せ方を変えることができるのも、ピエール・ルイ・マシアのアイテムの特徴です。

このアイテムは、ベースはブルー系のカラーリングで統一したコンセプトを持たせています。その中で、前面にはクラシカルなチェック柄をメインとしていますが、他にも多くの柄がスカーフ内に散りばめています。よって、巻き方を逆にしたり巻き方自体を違うものにすれば、また違った柄が強調されることにより、まるで違うアイテムをコーディネートしているかのような変化を実感できます。

このコーディネートでは、マフラーでよく見られるワンループ巻きを実践しています。厚めの生地ですが、柔らかさもあるので通常のマフラーのようにループノットや三角ドレープ巻きなどで、おしゃれにコーデするのもお勧めです。

モノクロームなカラーリングもかっこいい!

モノクロームなカラーリングもかっこいい!

出典:GUJI

色鮮やかなカラーリングは華やかさを印象付ける一方で、一歩間違うと奇抜に見えてしまいがちです。ピエール・ルイ・マシアのアイテムに於いても、どんなコーデをしてもおしゃれに見せるか?と言われれば、決してそのようなことはありません。しっかりとコーディネートを考える必要があるわけですが、このアイテムのようなモノクロームなカラーリングのアイテムは、コーデしやすさで言えばトップクラスです。

ホワイトをベースとして、モノクロームなカラーリングで統一されているこのスカーフは、着る人のさわやかさを強調することができるアイテムになっています。その中でも、ピエール・ルイ・マシアらしいビビッドな花柄やツリーのデザインを入れることで、ポップな印象は失っていません。このあたりのバランス感覚は、さすがピエール・ルイ・マシアと言ったところですね!

コーディネート方法としても、この例のように柄物のジャケットと合わせてカジュアルにコーデするもよし、シックなモノトーンカラーのジャケットとコーデしてフォーマルに着こなしてもかっこいいですね。

トップスも手掛ける!

トップスも手掛ける!

出典:wear

ピエール・ルイ・マシアと言えば、もはやスカーフが代表的なアイテムとなっているのでスカーフのブランドという印象が強いです。ただ、実際にはスカーフ以外でもファッションアイテムを手掛けています。その中で、このトップスのようにしっかりとピエール・ルイ・マシアの世界観を感じさせるものに仕立てているのが印象的です。

このブルゾンは、パッと見てもピエール・ルイ・マシアのアイテムであることは一目瞭然ですよね。ビビッドなカラーリングをメインとして、袖や首元に中世ヨーロッパを意識した柄を大胆に配し、インパクトの強いデザインとなっています。その中で、細身にデザインし、さらにフードもカジュアルになり過ぎないようなサイズ感となっていて、ラグジュアリーな印象も与えてくれます。さらに、上質なナイロンを使用していることで、ナイロン特有のシャカシャカという音も楽しめます。

この例では、ボトムスとインナーにブラックのアイテムをチョイスして、シックにまとめています。大人ファッションの中でも、遊び心を入れたいならこんなトップスもアリですね!


ヘルノとのコラボで見せたピエール・ルイ・マシアらしさに感動!

ヘルノとのコラボで見せたピエール・ルイ・マシアらしさに感動!

出典:でらでら

ピエール・ルイ・マシアは、どんな時でもブランドコンセプトを失うことなく独自の路線を歩んでいる印象です。それは、2016年に見せたヘルノとのコラボレーションコートを見ても明らかです!ダブルネームで発表したロングトレンチコートは、ヘルノの持つスタイリッシュなアウターをデザインする技術と、ピエール・ルイ・マシアの持つ独創的なデザインの良いところばかりを集めた至極の逸品です!
(ヘルノとのコラボについてはこちら)

アウターとしては、強度があり保温性の高い麻をブレンドしてあるコットンを使用しています。実は、この素材は裏地が総柄のシルクであるために考慮された生地なのです!裏地には、ピエール・ルイ・マシアの世界観が広がるチェックやドット、アニマル、ニット織りがデザインされていて、パッチワークも高いレベルで行われているのが特徴的です。スカーフをそのままアウターに仕立てた!そんな印象すら受けます。

表地からは、残念ながらピエール・ルイ・マシアを実感できませんが、袖口などでちらっと柄を見せたり前を留めずにコーデすれば、違った印象を与えることができます!

最後に

いかがでしたでしょうか?ピエール・ルイ・マシアの独特な世界観は、単に奇抜というフレーズで表すことができないほど、おしゃれでかっこいいものとなっています。また、複数の柄をうまくミックスさせ、パッチワークする技法は、多くの人から称賛されています。男性がスカーフを巻くのは少し抵抗があるかもしれませんが、ピエール・ルイ・マシアのアイテムなら躊躇なくコーデに加えることができますよ!

Pocket
LINEで送る