大人のモテ男はジャケットスタイルで秋をキメる

Pocket
LINEで送る

出典:Men’s FashionSnap Freak

朝晩が寒い日も増えていて、そろそろ衣替えの季節でもあります。よって、ファッション的には長袖が恋しくなる季節を迎えました。そこで、タンスに眠らせておいたジャケットをコーデに加えたくなります。もちろん、夏にもジャケットをコーデする事も無いわけではないですが、夏向けのジャケットは涼しさを重視したものとなっており、秋冬向けではオシャレかつ保温性の高さも1つのポイントになってきます。その点で、寒くなるこれからの季節は、ジャケットスタイルを如何に極めるかがファッショニスタとしての資質に関わると言っても過言ではありません。

ジャケットは、着ているだけで大人の雰囲気を与える事ができますし、上手くコーディネートできれば女性受けも抜群に良いスタイルを実践できます。女性から見ても、ジャケットはデートに着てほしいファッションアイテムとして上位にランクインしています。ただジャケットを着ればおしゃれかと言われればそれも考えもので、トレンドカラーやスタイルを考えてコーデするのが重要です。

そこで今回は、大人のモテ男がこぞって用いるジャケットスタイルについて、最新トレンドを交えて紹介します。

これを押さえればモテ男に変身できる!秋にオススメのジャケットスタイル

グリーン系のアイテムがオススメ!

グリーン系のアイテムがオススメ!

出典:zozo

昨シーズンの秋冬はカーキグリーンのカラーリングが流行しましたが、今シーズンも継続してカーキやグリーンのジャケットが流行する見込みです。カーキ系のアイテムで多いのがミリタリーテイストのアイテムですが、同時にミリタリージャケットもブームが継続しています。その流れをがっちり組んだジャケットが、この鹿の子ジャケットです。
(ミリタリーアイテムの詳しい解説はこちら)

この鹿の子ジャケットは、単なる鹿の子ではなく「鬼鹿の子・改」と命名されています。日本で唯一の13ゲージのセミジャガード編み機で織られていて、軽さと通気性を確保したアイテムに仕上がっています。また、これだけでなく度を詰めることで、密度を高めることに成功しています。迷彩柄を採用して、ミリタリー感をより強調しているのが特徴的です。

このコーディネートでは、同色のボトムスにインナーはホワイトのシャツをコーデしています。大人の男性が着てもカジュアル感が過度に出ないので、フォーマルに着こなすことができそうです。

ツイードジャケットに再注目!

ツイードジャケットに再注目!

出典:Jedia

昔から英国紳士がこぞってチョイスしていたジャケットとして、ツイードジャケットがあります。最近の英国クラシックスタイルに再注目を集める中、必然的にツイードジャケットにも再ブームの兆しを見せています。見た目からして暖かみを感じる素材感と、肉厚さから真冬に着用するイメージもありますが、今シーズンは秋っぽさも感じさせるものも続々登場しています。

このジャケットは、スコットランドのアウター・ヘブリディーズ諸島発祥のハリスツイードを使用しており、独特なインパクトを放つ素材感が魅力的です。ハリスツイードは、正直あまり着心地は良いとは言えないのですが、このジャケットは生地の伸縮性が高いので、体に馴染みやすくスタイリッシュなフォルムを出すことができます。ちょうどヒップが隠れる程の着丈というのも、しっかりとトレンドを意識している証拠です!

ツイードジャケットの今シーズンらしい着こなし術として、デニムパンツと合わせる方法があります。スラックスとコーデすると、少し堅苦しさを感じさせますので、デニムパンツのようにカジュアルなボトムスと合わせるとバランスよくコーデできます。また、このコーデではインナーに柄物のシャツを合わせると、よりカジュアルに着こなすことができます。

ジャケットのインナーにハイネックセーターをチョイス!

ジャケットのインナーにハイネックセーターをチョイス!

出典:zozo

ジャケットはフォーマルに着こなすことができるアイテムですが、時にハズシのテクニックを使用してカジュアルに着こなしたいシーンもありますよね。様々なハズシのテクニックはありますが、その中で今シーズンらしいコーディネート方法として、ハイネックセーターをインナーにチョイスする方法がおすすめです。また、このテクニックがより活きるのがタキシードのようなドレッシーなジャケットです。

このジャケットは、5351 POUR LES HOMMESのタキシードジャケットです。高密度トリコチンクロスを使用して、更にウレタン系の溶剤に漬け込んで独特な風味を出すことに成功しています。まるで和紙のような独特な肌触りが、一度着用すると病みつきになります。特殊染色によって真黒染みされているので、一般的なタキシードよりもよりダークな色合いに仕上がっています。

この例では、通常はフォーマルにコーデするこのジャケットを、ハイネックセーターを合わせるだけでカジュアルに着こなしできていますね!このテクニックはテーラードジャケットにもピッタリ合いますので、ぜひ一度チャレンジしてほしいですね。

テーラードジャケットのインナーにインナーダウンベストをチョイス!

テーラードジャケットのインナーにインナーダウンベストをチョイス!

出典:wear

ここ2年ばかりで完全に定着したアイテムに、インナーダウンベストがあります。それまでのダウンベストと言えば、ボリュームがありアウターとしてコーデするのが一般的でしたが、ボリューム感を抑えてジャケットなどのインナーに使えるインナーダウンベストが一気に流行しました。そのインナーダウンベストと相性抜群なのが、テーラードジャケットです。

JUNRedのツイルジャージーを使用したテーラードジャケットは、シワになりにくく伸縮性も確保した名作です。見た目もカジュアルですので、同素材のボトムスに合わせたりフォーマルなスラックスとコーデしても絶対に合いますね。このコーディネートでは、コーデュロイ素材のワイドパンツを合わせて、クラシカルなファッションを楽しんでいます。

そこに、カジュアルさをアップさせるインナーダウンをチョイスして、また違った趣を感じさせるファッションとなっています。更に、インナーにはハイネックのニットをチョイスしているのが印象的です。一見ラフに見えますが、引き締まった印象を感じさせる良コーデですね!

軽さのあるジャケットにジレをコーデ!

軽さのあるジャケットにジレをコーデ!

出典:Octet Nagoya

今シーズンも、ジレをうまくコーデすることができるかが重要なテーマとなります。ジレ単体でもおしゃれなものですが、セットアップ感をうまく出すためにジャケットをうまくコーデしたいですね。クラシック感を出しつつも、軽くてスッキリと着こなすことができるジャケットとして、ソリードのジャケットが特にジレとの相性の良さを示します。
(ソリードの詳しい解説はこちら)

ソリードの代名詞といえば、まるでジャージのような着心地と動き易さをキープしたジャケットで有名ですが、このジャケットもその流れを汲んでいます。度詰め天竺シリーズの最新作で、耐久性を上げたドヅメ手法にて織り上げているのが特徴です。Vゾーンを高く取ることにより、インナーにコーデするアイテムの良さを活かすようにデザインされています。

それにより、このようにジレとコーデすると綺麗なセットアップが成立するのです。また、ソリードらしくいい意味で「ジャケットを着ている」感が出ていない点も魅力的に感じます。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、ジャケット自体の特徴だけでなく、カラーリングやトレンドの組み合わせについて解説しました。大きな流れとしては、ミリタリー系のアイテムとテーラードジャケットは今シーズンも重要なテーマになります。その中で、如何に個性を出すことができるかが重要になります。自分らしいスタイルを見つけて、モテ男を目指してほしいものです。

Pocket
LINEで送る